土曜日, 10月 21, 2017

浜田ツーリング

鉄は熱いうちに打て=ブログは熱いうちに書け

数ヶ月前の事なので若干あやふやなところもありますが、備忘録として。

8月27日はtetu24さんと浜田までツーリングに行ってきました。

目的は、、、何でしょうね。とにかく走る事です。

強いて言うなら美しい景色を眺めて美味しいもの食って温泉につかる事でしょうか。

大抵の方は後者が目的なんでしょうが、初心者の我々は走って遠くに行く事自体が楽しいので。

とは言えただ無目的に走るのも芸が無いので一応目的地を幾つか決めて出発。

中国山脈を越えるとはいえまだまだ夏の真っ盛り。そんなに寒くは無いでしょと甘い考えでフルメッシュのジャケットを着て行ったのですが、もう寒いのなんの。

震えながら走ってたのですが、目指す目的地へのルートは、がけ崩れによる通行止めばかりで迂回させられまくり。何処走ってるか判んない状態。

辛抱たまらず日向ぼっこをするオヤジふたり。ほんま寒かったわ。


何とか最初の目的地 石見畳ヶ浦に到着。



うん綺麗な景色。


この時間になると流石に暑くなりますね。バイクウェアの選択って悩ましいですね。


そこら辺をぶらぶらして次なる目的地を目指します。


浜田に来たらケンボローのトンカツでしょ。



折角なので奮発して上ロースカツを注文しました。外はサクサク中はジューシー、脂身すら旨くてボリューム満点。正に絶品でした。

ライスをお代わりして満腹満腹。

観光して飯食ったら温泉でひと休み。


途中絵になる田園風景に出会いパチリ。


味のある神社を見付けてパチリ&お参り。


朝の寒修業はもう懲り懲りという訳で早めの帰宅。

tetsu24さんはレンタルバイクだったので、返却した後にSRの後ろに乗っけてご自宅まで送迎。

のつもりが、2ケツは初体験の私はこけちゃいかんという意識が強過ぎてずっとぎくしゃく。

バイク酔いになったのか、もうこの辺でええわって途中で降りて歩いてお帰りになられました(^^;

走る事が目的と嘯いてましたが、結局のところ観光、食事、湯、全て堪能しましたな~。

あぁ楽しかった。

月曜日, 10月 16, 2017

バイク神社ツーリング

8月17日。バイクの大先輩と一緒にバイク神社にお参りツーリング。

ツーリングといえば独りか二人。片や初心者、相方もレンタルバイクという何とも心許無いシーンばかりでしたが、今回は超ベテランライダーが旅のお供。

コーナーでのライン取りやスピードの緩急の付け具合がとっても参考になりました。

走るのに夢中で何処をどう走ったか良く覚えてませんが、取り敢えず1つめのバイク神社に到着。


人っ子一人居ないのは平日だからなのでしょうか。


足湯もありましたが営業しておらず。


お参りを済ませて次の目的地に移動。

お昼はたぬきの里というお店。



なかなかインパクトのある店内。


出てきた食事もインパクトのある量。


腹が膨れたところでふたつ目のバイク神社へ。


展望台からの眺望。


この日は終日良い天気で気持ち良く快走できました。

しっかりお参りしたのでこれからも楽しいバイクライフを過ごせる事でしょう。


高知ソロツー

7月17日。早めの盆休みを頂いて高知に1泊2日で墓参りに行って来ました。

独りで行くのなら気儘にSRでぶらぶらしながら行きましょう。てなことで初のソロツーリングにチャレンジ。

ソロキャンプ用に買いそろえたバッグに着替えを積み込み。いざ出発。

本州から四国に渡るには瀬戸大橋、しまなみ海道、淡路島から大鳴門橋を通る3ルートがあるのですが、広島ならば迷わずしまなみ海道でしょう。通行料は片道3,910円(ETC割引後2,410円)也。

ところが、調べてみると高速に一切乗らない方法をハッケン。それも格安。

呉経由で安芸灘大橋(円)を渡り岡村島まで走って岡村港から今治港までフェリーで渡る方法で、片道1,980円。

ETC付けてたらあまり変わりませんが、SRで高速ガンガン走って遠くまで行くなんて想定してないのでETCは付けないつもり。下道をのんびり走るのがSRにはお似合いです。

前置きはここまでにしてと。

岡村港でのフェリー待ちのひとコマ。

バイクでフェリーに乗るのは初めて。

旅気分が盛り上がります。


綺麗な砂浜。


昔キャンプに凝ってた頃、こんな海岸に上陸したくてシーカヤックを買おうかと真剣に検討してました。


しまなみ海道の最後の橋をくぐれば今治港はすぐそこ。


昼過ぎに四国上陸。先ずは腹ごしらえ。

昔良く通ってた豚太郎を見付け、入ってみました。

うん懐かしい味。。。なのかな。忘れてしまった。

四国カルスト。


細い細い九十九折りを登り切ったら一気に拡がる大草原。

心が洗われます。


車で来るよりも達成感があるのがバイクの良いところですね。

寄り道してたので高知到着は15時過ぎ。
筆山の墓地より市内を見渡す。


街並みも少しずつ変わっていってます。

近頃は墓参りに来る人もめっきり減っている様子で、8~9割方の墓地が草で覆われてました。

ホテルにチェックインするまで少し時間があったので海岸まで足を延ばしてみました。


免許取りたての頃に良く来た海。眼前に拡がる大海原の遥か先は南米大陸か。

チェックイン後、ひろめ市場という、土産物屋と屋台が一緒になった様な酒場に立ち寄りました。結構遅くに入ったのですが活況を呈してました。こういう業態は広島には無いですね。



翌朝は雨模様。特に行くべき目的地も無かったのでとっとと帰ろうと思って走ってたところ、仁淀川に架かる沈下橋の看板が目に入ったので立ち寄ってみました。


沈下橋と云えば四万十川という先入観を持ってましたが、仁淀川にもあるんですね。

雨が激しくなってきたので道の駅でレインスーツを着込み一路今治へ。

出航1時間前に到着。待合室で遅めの昼食。

往きと同じルートで帰りましたが、帰りは雨が降ったり止んだり。合羽を着たり脱いだりで疲れました。

電車じゃ無く、車でも無く、バイクで行く独り旅は、幾つかの故郷再発見もあり自由気ままで楽しい時間でした。

バイクって良いですね。



日曜日, 10月 15, 2017

雨の日曜日

午前中カルムディモンシュに参加した後に午後から次男のバスケの試合を観戦する予定の一日でしたが、カルムには2度寝してしまったため参加出来ず。

その後急な仕事が入ったのでバスケの観戦も出来ず。おまけに妻が車で行ったので何処にも行けず。

午後から久々に纏まった時間が出来たのでAmazon Primeで映画でも観ようかとも思ったのですが、そう言えばサボってた当ブログに先日行ったソロキャンプツーの記事をアップしようと思い立ち書き始めたのですが。。。

やっぱりブログって時系列で書いた方が良いんじゃないかなと思い直し、3ヶ月前に遡って順次記事をアップします。


火曜日, 7月 04, 2017

三瓶ツーリング

早速SRでツーリングに出かけました。

相棒はいつもご一緒しているtetsu24さん。今回はYZR-R25を調達。

三篠のセブンで待ち合わせ、いざ三瓶へ。

三次を過ぎた辺りでにわか雨に逢います。早くも試練。

雨雲レーダーを見ると通り雨っぽかったので道の駅でしばし雨宿り。


しかし便利な世の中ですね。スマホさえあればナビも情報入手も通話も通信も思うがまま。

気を取り直して再出発し、東の原に到着。

天気は微妙ですが、晴れ間も出てきて気分も回復。

最新の現代的バイクと10年前の化石的バイクの対比が面白い。


腹が減ったので木の香という蕎麦屋さんにて10割そばを注文。


つなぎに小麦粉を使っていない生粋の蕎麦ですね。香りが良い。

続いて西の原に移動。

その手前に絶好の撮影ポイントがあるというので道路を外れて降りて行ったところは。。。


こりゃええわ。最高!

こんなところでキャンプ出来たら尚良し。


だって。

西の原に到着。


一番売れてた酒粕アイスを頂きます。


なんとなく酒粕風味で濃厚。

更に北上して北の原。


草原と山をバックにした写真ばかりなので基本おんなじですよね。

撮影している時は夢中ですが、書きながら気付きました(^^;

ここまできたら名物の三瓶バーガーでも。



混んでたら止めようと決めて入ったらガラ隙き。

我々が注文した2個で売り切れた様子で、昼の部は終了(13時半)。

次は14時半から販売みたいなことを言ってましたが、ハンバーガーなんて仕込みがいるもんじゃないしずっと売ったら良いのにね。


はぁ食った食った。

そして帰りも雨(T_T)

山の天気はかくも変わりやすい。



そんな訳で、おっさん二人で往復300km走ってずぶ濡れになり、変わり映えのない山の写真を撮って食ってばっかりのショートトリップ。

何が楽しいの?

それが楽しいんです。

子育て終わった親父や、子供が中学生になって部活や友達付き合いが忙しくなってもう付いて来なくなった親父はバイクに乗るべし。

非日常で不便な乗り物だからこそ味わえる愉しさがあります。

バイクに乗る度に若返る気がします。

いいねぇバイク。こんなに好きになるとは思ってませんでした。

もっと早く知ってればと後悔。失った青春を取り戻してやる。

備忘録:燃費32.4km。優秀優秀。


車両総入替

はいまた半年ぶりのブランクですね。
書きたい事は沢山あるんですよ。書く時間が無い訳でも無いんですよ。面倒臭いだけ。

さてそんな事はさておき、車が変わりました。日本名ルノールーテシア、現地名Renault Clioの3代目です。


Clioは2代目RS、V6、RXEに続いて自身4台目。Renaultとしては2代目カングーが仲間入りします。

結構好きなんですよ。Renault。

そしてバイクも変わりました。


2007年式 ヤマハSR400 所謂3型。
キャブの最終年式に近いモデルですね。

SRは免許を取った時からずっと気になってたモデルですが、店頭でこの色(ベリーダークレッドメタリック2)を見て即決。

シブイ。シブ過ぎる。

代わりにハスクバーナはドナドナ。

良いバイクでした。細身で軽量でどこでも走れるし、よく回るエンジンでパワーも十分。

ツーリングに行ったのは4回程ですが、初心者の私にとっては丁度いいバイクでした。

ただね、125cc 原付2種の宿命で自動車専用道路を走れないんですよ。

西広島バイパスのすぐ下に住んでる私にとってこれ致命的。

どこに行くにも開かずの踏切を渡って宮島街道に出なければいけないのは非常に不便。

また、シート形状上しかたないのですが1時間も座ってたら必ずケツが痛くなるのもどうもね。 

という訳で、市街地をちょこちょこ目的で購入したのですが、バイパス乗れないんじゃあまり意味無し。長距離も苦手ときたらいくら維持費が格安な原付2種と雖も、もう乗らなくなるなということで売却。

一括査定で複数の業者が来ましたが、最終的にはここに引き取って頂きました。



最初の提示額は希望価格の40%。

なんじゃそらもう売らん。足元見やがって。とお引き取り願おうとしたところ、いやいや本部と交渉しますんでと粘り腰に。

そんなんで価格が上がったら会社としての姿勢を疑うよと言ってあげましたが、ホンマに倍に上がってしまい複雑な気分。

それでも希望価格に達して無かった(バイク屋さんの下取り価格並み)ので、希望価格じゃないと売らんと伝えたところ、またまた本部と交渉とか言って時間稼ぎ。

最終的に希望通りの価格で引き取って頂いたのですが結構疲れましたよ。

買い取りノルマは件数だそうで、価格では評価されないとの事。だったら最初からズバリ出して気持ちよく買い取ってくださいな。

買い取り当日には日本で1台しか流通して無かった車両なので値付けが難しかったのでしょうけどね。

まぁここは自賠責の解約手続きについても説明があやふやでその後ひと悶着ありまして、もう関わりたくないところですね。