月曜日, 4月 25, 2011

カングー パワーステアリングフルード交換

POLOが社用車となり、クリオが自家用車となったのでカングーはお役御免。

どんがらにしてサーキット専用車という訳には参りませんので売却する事にしました。

家族全員で出掛けることがめっきり減ったし、キャンプもどうせソロキャンしか行けないし(笑


小さいお子さんがいる家庭なら、使えない3列シートのミニバンよりもカングーですよ。

ゆっくり走っても、少しだけ右足に力入れても楽しいハンドリング。

クリオと同じ1,600ccとは思えないほどの回りっぷりのエンジン。

あきれるほど積み込める「使える」荷台。

ちゃんと3人座れる後部座席。

なのに全長僅か4mで5ナンバーサイズの「使える」ボディ。

後方視界は悪いけれど、走り去る後姿を見るとそこはもうフランスの街角になっちゃうダブルバックドア。


そういう訳で、消耗品を交換してあげました。

ATFは2年前にA.S.H.のPSEを奢ってやったので今回は未交換。エンジンオイルも2カ月前に替えたばかり。

今回はパワステフルードとブレーキフルード、それとフラットワイパーのブレードを交換しました。

先ずはブレーキフルード交換の為にフロントをジャッキアップしウマを掛けます。因みにリアはタイヤを外さなくてもフルードを抜くことが出来ます。

ブレーキフルードの交換が終了したら、そのままパワーステアリングフルード交換作業に移ります。

パワステのリザーバータンクのフルードを吸い出し、新しいATFを注ぎ、エンジンを掛けてロック・トゥ・ロックを繰り返し、ライン内のオイルを循環させます。

エンジンを切り、新しいATFを注ぎ・・・とこの作業を2回ほど繰り返します。

完全に全量を交換することはできませんが、大部分は入れ替わったんじゃないかな。

最後に、コンパウンドで手磨き後にワックス掛け。

つるっつるなお肌になりました。


暫く倉庫で眠りにつきます。

おつかれさん。

7 件のコメント:

  1. ともぞう2011/04/25 1:27

    クリオ残して、カングー手放すのって勿体無い気が・・・。

    返信削除
  2. >ともぞうさん
    ライフスタイルの変化が表向きの理由。
    クリオは売れないけれどカングーは売れる。これがホントの理由。

    返信削除
  3. 手放すんですか!?
    乗り換えもうちょっと待っておけば良かったかな。
    まぁカングーまでの予算は無いのが本音ですが(汗

    返信削除
  4. >annbellさん
    もともと10万キロ超の中古なので安かったんですよ。
    それを2年弱乗って車検直前で手放すわけなので格安にするつもりです。

    僕ももう少し早くポロと出会ってたらカングーとの2台体制で行けたのにとも思いますが。。。これもご縁なのでしょう。

    返信削除
  5. 格安・・・ですか?ってもう嫁ぎ先決まってます?
    後学のため教えて頂きたいことがありまして、よろしければご確認ください。

    返信削除
  6. すいません書き忘れました・・・↑ご質問の件、私信しております。

    返信削除
  7. >annbellさん
    未だ決まってませんよ。只今出品準備中です。
    メール送りましたのでご確認下さい!

    返信削除