日曜日, 10月 16, 2011

EV-MINI

クラッシックミニのEVコンバージョンがひとまず完了しました。

マリーナホップで開催中のエコカーフェスタに展示してますのでご関心のある方は是非おこし下さい(って今日なんですけど)。

デロリアンは居ませんが私は居ます(笑

火曜日, 10月 11, 2011

天満屋ハピータウンカップ2011 無事完走

体育の日は思いっきり運動。

昨年に引き続き、同じメンバーでサイクル耐久レースに参加しました。

往路、巡査部長が同上するkegくんの159を煽るPanda155号。

それを追いかける190E。後ろ2台は勝手にDTM状態。

出走前のにこやかな集合写真。

こんなところにもイタ車が居ました。

因みに、サイクルジャージにもアニメキャラが。。。やるな。

第一走者はkeg君。

スタート時の団子状態。あまりの人の多さに見分けが付かず、適当にパシャパシャ撮った一枚に偶然映ってましたよ。
戦いすんで陽が落ちて、結果発表。

昨年よりも順位は上がって62位フィニッシュ。

疲れ果ててへとへとになりながらも、走り終えた達成感は何にも変え難いですね。

なのでまた来年も頑張ろうと思うのでした。

ただ、このレベルの大会にミニベロで出る事自体無理があるのがよ~く判ったので、来年出ることが有ればロードですね。

そして練習。これ重要。

日曜日, 10月 02, 2011

ガレージライフ

事業を立ち上げ、五里霧中の中、暗中模索し、試行錯誤を重ね、やっとこさ形になります。

11月1日にオープンするHobbyHouse桜尾






広島初となる、車とバイクの複合型賃貸ガレージタウン。調べ切れてませんが、もしかすると日本初かも知れません。

またこれも恐らくは業界初となると思われる、建築確認対応バイクガレージ。

共有の駐車スペースを設けたり、憩いのスペースを設けたり、手洗い場を設けたりと、「大人の秘密基地」にすべくいろいろな仕掛けを用意してます。

グランドオープンに先立ち、10月29日(土)、30日(日)と内覧会を開催致します。

おじさん世代は涙もののナイトライダーのナイト2000やバックトゥザフューチャーのデロリアン(しかもEVカー)も来るので、お時間のある方は是非おこし下さい。

ひやかし大歓迎!がら~んとしてたら寂しいので来て下さいね。

移動販売Cafeもあるのでプチオフ会も出来ますよ。


と、ガレージライフのひとつのインフラが出来ようとしてます。

次のステップは愛車と一緒に住む家。ガレージハウスです。

土地オーナー様にご依頼を頂き、明日設計事務所に打ち合わせに行って参ります。


金曜日, 9月 30, 2011

デルタ

超久々の更新です。

本日は仕事放ったらかして終日EVミニの製作に没頭してました。

と言っても、次から次へと出てくる難題を解決、若しくは見なかったことに(笑)して千切っては投げ、千切っては投げてましたが、どうしても看過できない問題が出てきて中断。

結局エンジン(モーター)とバッテリーはマウントできず終い。

コントローラー(左側面)とコンタクター(右側面)とアクセルポッド(中央左寄り)を取り付け、電源ケーブルの仮配線して今日の作業終了。

という訳で、久々なのにもう書くことが無くなったので、このプロジェクトメンバーの車を紹介します。

ランチヤ・デルタ・インテグラーレ EVO2(かな?)

このカクカクシカジカぶり、男前ですね~


こういう四角い車、大好きです。

アルファロメオ75がカッコいいと思うくらいですから。


今乗ってる社用車の190Eもだんだんカッコ良く見えてきました。

セダンとして完成された形。機能美ですね。


ところでこのデルタインテグラーレのエンジンと4WDの駆動系は、アルファロメオ155Q4にも搭載されています。

この車もカクカク系。


流麗なボディラインのノスタルジックな車も良いものですが、私はどちらかというとカクカクフェチかな。



ナンバー消し忘れたけどもうイイでしょ。

土曜日, 8月 20, 2011

中止です

という訳で、瀬戸田オーバーヒートBBQは幻となりました。

雨んなか肉焼いて食ってもイマイチ盛り上がりに欠けますし、設営と撤収が大変。

また別の日に企画しますね!

木曜日, 8月 11, 2011

瀬戸田オーバーヒートBBQ

8月21日(日)、瀬戸田にて、Alfa(現・元)、Renault(現・元)合同コンパBBQします。

国籍、車種、4輪・2輪の別は問いません。

集合場所:しまなみ海道 大浜PA
集合時間:11:30

直接現地集合も可です。
場所は瀬戸田サンセットビーチの西隣の垂水港の端っこです。
Google mapの検索窓に 34.278159,133.070501 をコピペしてご確認下さい。 


人数を把握したいので参加される方は人数と性別をお知らせ下さいね。

※画像は2年前の様子

暑い盛り、夏バテ防止に肉をガッツリ食ってうだうだしましょう。

参加費は男性1,500~2,000円、女性1,000~1,500円の間。小学生無料。

ビンゴとかはしません(笑

只今の参加予定者は、
masakunさん
ともぞうさん
たかたさん
やまじゅさん
わたし

びゃーる飲みたい方は誰かに積んでってもらって下さい。

アサ会と重なってしまいましたが、アサ会に顔出して昼から参加されてもOKですよ。


ここ、誰も見てないかも知れないので気付いた方は拡散希望(twitterか)。

日曜日, 7月 31, 2011

ナイト2000

別Blogでも同じことを書いてますが、折角の車ネタなのでこちらでも紹介します。

マーティの呼びかけにマイケルが応じ、実現したアメリカンヒーローカーズミーティング。
秘密基地で秘密の会合に参加してきました。

このツーショット。 場所もハマり過ぎ。

はい、ナイト2000です。皆さんご存知ナイトライダーの主役マシン。
 
それに搭載されているコンピュータはK.I.T.T(Knight Industries Two Thousand)。

このマシンもキットのしゃべくり付きでした。但し日本語吹き替え版ね(^^

しかしオーナーの拘りはハンパ無くスゴイものでしたよ。

このコクピット。憧れましたよね!

デロリアンもそうですが、ええ歳こいたおっさんが子供に戻れるマシン。

因みに、広島に同じ仕様のマシンが4台生息しているそうです。

それもスゴイですが、広島にこの2台が生息していることに感動しました。

上手く行けば9月半ばのイベントで再現できるかも知れません。

乞うご期待!!!

水曜日, 7月 27, 2011

リアからのコトコト音に悩む

先週末より左後部座席下辺りからコトコト音が出るようになった190E。

大きなうねりは問題無いのですが、小さなギャップを越える度に固いものがフロアに当たっている様な音がします。

トランクのフロアにドライバーでも転がってるんだろうとカーペットを剥いで隅々までチェックするもそれらしき物体は見当たりません。

トランク内から後部座席座席背もたれ部の内張りを剥いで見ましたが同様。
座面を取り外して見ましたがここも問題無し。


???

フロア下を覗いてみると、丁度音源らしき辺りにプラスティック製のカバーがありました。

取り外して見るとフューエルポンプにストレーナー 一式が4箇所吊ゴムで吊られて収まってました。

内、1箇所のゴムが切れてぐらんぐらんになってるではありませんか。

ビンゴ!

と思って近所のヤナセに吊ゴムを発注。

2,000円チョイで治ったぜぃ



の筈でしたが、相変わらずコトコト聞こえます。つかだんだん大きくなってゴトゴトいうようになりました。

さてどうしたもんか。

ググってみるとショックの可能性が大。前オーナーに聞いてみるとリアショック交換前は確かにゴトゴト音が出ててだんだん大きくなってたとの事。

ショックの取り付け部の緩みも無いし、まさかヘタってゴトゴト云うもんなのかと半信半疑でヤフオクでポチったショックはスポーツラインのそれ。

うちの190Eはノーマルですが、フロントはザックスに交換されており、リアは前オーナーが交換したW124の中古品(共通部品です)。

まぁ問題無いでしょということで本日夕方に交換しました。

フューエルポンプの取り付け方法も然ることながら、リアサス下部の空力処理の図。

めんどくさ。

しかし190Eのショック交換の楽な事。

フロントもリアもスプリングと別体なので簡単でした。

今までショック交換した車の中で一番楽だったんじゃないかな。

因みに、調達したショックはフロントが1本抜け気味。

中古ですからこのくらいのリスクは承知の上。現行ザックスの活きの良い方を再利用したので左右でアンバランスになるかもね。

さて肝心の音はと言うと、見事に解消されました。

取り外したショックは一見良品のように見えますが、内部で何か良からぬことが起こってたのでしょうかね。

とりあえず一件落着。

久々に電動インパクトを出してみましたが、予備も含めてバッテリーが上がって使えず充電しただけ。

道具は使ってなんぼですね。

火曜日, 6月 21, 2011

断念

え~と、全く更新できていないこちらのブログ(汗)、やはり新ネタはございませんが、諸般の事情によりTipo オーバーヒート・ミーティングとミッドナイト・エンデューロの参加を断念した事を報告致します(泣

今年は7月のミッドナイトと、11月のフルマラソンの初参加が2大目標でしたが、早くもその一角が崩れ、ランニングもなかなか時間が取れない状況。

とりあえず6月は40km程走り込んでますが、目標の僅か4割。

なかなか思うように遊べないなぁ

日曜日, 6月 05, 2011

無塗装バンパー

最近の車は塗装仕上げが殆どだと思いますがちょっと前までの欧州車は無塗装バンパーが主流でした。

柔軟性に富む素材なので多少の接触では修復するまでもなく、元々塗装していないので塗装剥げなんてしないのがメリット。

イタリアやフランスなんかじゃバンパーで前後の車を押して縦列駐車スペースをつくるっちゅうくらいの文化なので実用的な装備なんでしょうね。

ところが、経年でシボ部にワックス成分や汚れが入って白っぽくなると一気にポンコツに見えてしまうのが玉に傷。
さらにさらにガリ傷なんて付いた日にゃ目も当てられません。何せ修復できないんですから。

塗装仕上げのバンパーなら、ささくれをペーパーで削ってパテ盛ってプライマー拭いてカラースプレー吹いてクリア吹いたら殆ど判らないくらいに修復できますが、この素材はペーパー掛けしたらツルツルになるので周りから浮いちゃうんですよ。

いっそのことボディ同色でペイントするという手もありますが、結構なコストが掛かります。

そこで考えたのが、塗装では無く染色。

染めQで染めたところ。

ブラックだとそこだけ黒々してしまうので、ブラックグレーという色で染めてみました。

なかなか良い感じに仕上がりました。

木曜日, 5月 26, 2011

190E初期化ひとまず完了

190Eはステアリングの皮がヒビ割れ、センターパネルもクラックが入り、パワーウィンドウスイッチが1個死んでてもう1個は死にかけ。

ホイールは4本とも見事にガリ傷が付いた状態。

そこで、これらの中古品をヤフオクで落札。

落札代金〆て32,000円也。全く競合なし。

センターパネルはスイッチ付き。ホイールは2008年製の7部山のタイヤ付きでした。

ヤフオクってホント助かりますね。

本日これらの交換と、ブレーキのタッチがイマイチだったのでフルードを交換しました。

これでひとまずお客様を乗せられる程度には仕上がりました。


が、ステアリングはセンターが微妙にずれちゃったのでやり直しです(笑




水曜日, 5月 18, 2011

7月のイベント

7月はイベントが目白押し。

TOHM、Midnight Enduro、Woodman Clubと3つのうちどれに参加しようかな。

一昨年はTOHM。
去年はMidnight Enduroに参加。

今年のスケジュールは、

7月17日(日) TOHM
7月30日(土)~31日(日) Midnight Enduro
7月30日(土)~31日(日) Woodman Club

TOHMは走る車がないな~ 格安バルケッタを買ってお遊びで走ろうかな。

Midnight Enduroは山関係のイベントと重なってるんで正直悩み中。

今回は持ち回り制の当番だし今年は会の副会長なので抜けにくいんです。日を変えてもらうという手もあるな。


さてさて、そんなに遊んでいられるかどうかが最大の問題なんですけどね。。。

190Eのすごいところ

内気循環のスイッチです。

不動になってたので分解して清浄して接点復活剤を塗ったら復活しました。

しかしこれ何だかわからないけどスゴイ造り。

画像はケースから取り出した中身です。

ケースのスイッチ(画像の下側)を押下するとケース側に付いてるプラスティック製のツメが真ん中の金属製のパーツを左に押し、そこに付いてる接点がコイルと接触。

コイルは電磁石の役割を担っててそのままホールド。

そうすると右の切り替えスイッチが左に倒れたままになります。

下部の円筒形状のパーツには3本のパイプが接続されており、スイッチを切り替えると内部で圧縮空気の流れる経路が変わり内気循環用フラップを動かすという仕組み。

かな?

なんちゅう手の込んだ・・・

月曜日, 5月 16, 2011

190E初期化

中古車買ったら初期化するのが癖になってしまい、仕事そっちのけで190Eの油脂類を交換したり磨いたりしてました。

先ずはエンジンオイル交換とデフオイル交換。

エンジンオイルはシェブロンSupreme 10W-40を4本と20W-50を2本ブレンド。エレメントも交換です。

エレメントはカップ型のレンチでないと回せない位置。いつも使ってるゴムベルトのレンチはスペース的に無理。

しょうがないのでアストロに行って買ってきました。

んが、サイズが合わない。ノギスで現物を測って買いに行ったのに。。。

という訳で、思いっきり手掴みで回して外しました。無駄な出費だった。

次にデフオイルですが、フィラ―プラグは14mmヘックス。これまた滅多にないサイズなのでアストロでソケットを仕入れましたよ。準備万端。楽勝でしょう。

と思いきや、排気管が邪魔してソケットレンチが入らないぞ。

しょうがないのでソケットとヘックスを解体。ソケットの裏に金属棒をあてがってハンマーでガッツンガッツンして分離させました。

これを14mmのメガネで回し、やっとこさフィラ―プラグ制覇。

ところがドレンプラグが外れない。押しても引いても足で蹴っても回りません。ナメそうになったので外すのはあきらめ、フィラ―プラグ部からオイルチェンジャーのチューブを差し込んで吸い出しました。

カタログ値では700ccの筈ですが、何故か1リットル以上抜けましたよ。?

サクションガンで注入して終了。

デフオイルはM3用に買った100%化学合成のレーシングスペック。その余りを投入しました。

エンジンオイルのショボさとの対照をお楽しみ下さい。

気になってた唸り音が減少してイイ感じ。
外装は先ずは洗車から。

ネンドクリーナーで鉄粉やピッチを取り除き、コンパウンド掛けしてワックス塗り。

鱗状になってる金属モール部は周囲をマスキングしてひたすらペーパー掛け。1500番で磨くときれいになりました。

室内は掃除機をかけて水拭きiPad用マウントを移植。

マウントパッドは白でしたが室内色に合わせてネイビーブルーに塗装しました。違和感ないでしょ。

後は、ホイールが4本ともガリ傷が入ってるので、ヤフオクで格安タイヤ付きホイールを落札しました。交換時にブレーキフルードも入れ替えましょう。

それと、樹脂バンパーの擦り傷を上手く隠せばシャキッとしそうです。


ただのセダンなのに車弄りは楽しいですね♪

明日からバリバリ働いてもらいまっせ。

水曜日, 5月 11, 2011

三代目社用車

突然ですが、ご縁があってメルセデスベンツ190E 2.6最終モデルを入手しました。

これからリフレッシュして三代目社用車として活躍してもらいます。

因みに二代目社用車のPOLO GTIですが、あまりにもベッピン過ぎてコキ使うには惜しい。。。てことで引退です(早っ)。

昨日大雨の中引き取ってきましたが、金庫か戦車を運転しているかの如し(イタフラのペナペナ比)。

M3やポルシェのボディも相当固いですが、厚みが違うという感じですね。

W124、W201は最後の(オーバークォリティ)メルセデスと呼ばれてますが、これからその本物ぶりを幾つ発見できるかな。

日曜日, 5月 01, 2011

久々のカート

投稿順が逆になりましたが、29日はスポーツランドタマダにて くるま家Kozoさん主催のイベントに参加してました。

初めて行きましたが結構まともなサーキットで、午前中はシビックやNSXやインプレッサ等がジムカーナを楽しんでました。

我々は午後からサーキットを貸し切っての1.5時間チーム対抗カート耐久レース。

久しぶりのカートを楽しみました。

カートは柳井スポーツランドのそれと違い、とてもコントローラブル。柳井のはちょっと強めのブレーキングで即スピンするトリッキーなセッティング(セッティングというのか?)。

こちらのはブレーキが甘めにセッティングされているのか減速感があまりありません。というか、我がチームの4号車はブレーキが殆ど効きませんでした。極低速でも停止線を超えてオーバーランするほど。。。

ま、スロットルも絞り気味のセッティングだったので、常にアクセル全開でしたからあまり関係なかったかも。

ブレーキが効かないのでタイトコーナーはドリフト気味に走ってましたが、これは面白い半面車速が落ちてしまってタイム的には良く無かったですね。

という訳で、縦Gは殆ど無いに等しいものの、久々の横Gはやっぱ最高。

tetsu24さんの切れた走りで8チーム中3位入賞。

tetsu24さん、写真ありがとうございます!

土曜日, 4月 30, 2011

PROXES T1R

NEWタイヤが届いたので早速組み付けてもらいました。

なかなか挑発的なトレッドパターンとショルダーのブロックの大きさに期待するも、トレッド面、ケース共に結構柔らかいですよこれ。

実際に走ってみたら、ものすごく乗り心地がイイ。ロードノイズも少な目。

裏腹にステアした際の初期応答性がイマイチ。

あら? ツッパッてる風で根はやさしい子なのね。

水曜日, 4月 27, 2011

テスラロードスター試乗記


テスラロードスターに試乗する機会があり、のこのこと行ってきました。

もうね。異次元の加速でしたよ。

三菱アイミーブや日産リーフと同じカテゴリーのEVですが、全然違うモノです。

ブラウン管と有機EL。
白熱灯とLED。
ハンディ掃除機とルンバ。

それくらいの違いがあります。

かつてそれについて書いた時にはまだまだ現実感が無かったものですが、こんなに早く運転できるなんて。

並みのスポーツカーどころか、数千万円の高級FやPとも一線を画すゼロスタート加速を味わいました。

体内の血液がスゥーっと背中に移動し、視界が白くなり、意識が飛びそうになる程のGです。

0rpmから最大トルクを発生するモーターの特性を最大活用すれば、0-100mまでならフェラーリ458よりも速いそうです。

そこから先はさすがに570psにモノを言わせてジリジリと引き離される訳ですが、かたやV8 4.5リッターのガソリンエンジン。かたやノートPC用バッテリーを数珠つなぎにした電気モーター。深夜電力を利用すれば600円で満タンとなり後続距離は400kmほど。

当然ながら音は静かなので、フォンフォンいわせてコーナーを曲がって目立ちたい人には不向きですが、どっちがクール? 


もう一つ面白かったのは、強力な回生ブレーキ。

ずっと2速のまま走ってるかのような感覚で、アクセルペダルを離すと間髪を入れず相当な減速Gが発生。

アクセルペダルを介して右足の裏とモーターが直結しているかのような錯覚に陥ります。

軽量な車重と相まってブレーキシステムも最小で済むとのことで、確かに控えめなローターと控えめなキャリパー(フロント2ポッド/リア片持ち)が目立たずにホイール内に収まってました。


僕は80~90年代のプリミティブな自動車が好きなのですが、それは電子制御による介入がまだ少ない時代であったが故に、人間のアウトプットに対して車からダイレクトなフィードバックを得て車を操る、所謂人馬一体感を味わえるから。

この車は電子制御の申し子のくせして、ダイレクト感の塊。

エリーゼのプラットフォームをベースにしたのは正解ですね。

日本での販売価格は1,200万円~1,800万円(フルオプション)。
限定2,500台で在庫あり。納期は1ヶ月。

あぁセレブだったらすぐハンコ押すのに。