土曜日, 7月 31, 2010

BD-1リジッド化

BD-1に標準搭載されているサスは街中をポタリングするにはいい具合に柔らかいのですが、高速化を追求していくと必ず不満が出てきます。

改善するには写真のように強化スプリングに交換するのが一般的ですが、レースに出るとなると柔らかくてフィーリングがイマイチ。

先日のレースでは、登りではリアのスプリングにパワーを食われ、下りの高速コーナーではフロントの剛性感の無さにビビリ気味でガシガシ漕ぐことが出来なかったのが非常に悔しかったんです。

そこでいろいろ調べた結果、リジッド化を進めることにしました。

しかし、軽量化もしたいし、ビンディングペダルも入れたいし、あまりコストを掛ける訳にはいきません。

で、とあるサイトに掲載されていた“ビ”チューンを試してみることにしました。

“ビ”とは、貧乏のビ と 塩ビのビ。

スプリングを塩ビパイプに交換してリジッド化を図るのです。

塩ビと侮る無かれ。極めて丈夫でしかも軽量な素材です。

興味のある方はこちらのサイトをご覧下さい。

すばらしい解説付きです。


さて、リアは同じやり方でリジッド化が完了したけど、フロントはどうしたものか。

このウレタン自体は非常に柔らかく、ほぼ機能してません。

低速走行時はスプリングが伸び縮みしてショックを吸収しますが、高速走行時はふわふわして安定感に欠けます。

そこでウレタンを塩ビに入れ替えました。

ガチガチになり、ニンマリ。

この状態で10km程走ってみました。

リアは理想的。

登りもペダルを踏み込むとグイと前に出ます。


回転数を上げてもお尻がピョコピョコしなくなりました。

一方、フロントは硬過ぎか。

BD-1のアルミ製フォークはどこかしら繊細な造りで、折れたことも報告されてます。

リジッド化によるフロントフォークへの悪影響が予想されるため、ここはフルリジッドではなく、塩ビ:ウレタンの長さを8:2としてスプリング内に収め、ショートストローク化しました。

これはいい感じ。

4 件のコメント:

  1. てつ242010/07/31 22:58

    巧いこと考える人がいるもんですね!

    つーかBD-1ってそんな有名なチャリなんですか?
    マニアが多いんですね?

    返信削除
  2. 》てつ24さん
    よく思い付くもんですわ。ほんまに。

    BD-1はミニベロなのにやけに速いんですが、追求していくと物足りなくなり改造しまくり、結局ロードに行くってパターンの人が多いような気がします。

    ↑自分の将来を占ってるような気が。。。

    返信削除
  3. リンク先でフロントサスのハード化も追記されていました。

    返信削除
  4. >匿名さん
    情報提供ありがとうございます。
    あまりにも乗り心地が悪化したので今はレースの時以外は元に戻して乗ってます。

    返信削除