土曜日, 7月 31, 2010

BD-1ショートストローク化

リジッド化も過ぎると乗り心地を損ねるばかりじゃなく、フレームへのダメージもあるのかなということで、フロントと共にリアも超ショートストローク加工を施しました。

こちらはフロント。

ウレタンを2cm程残してセットすると1cm程度に圧縮されます。

そこからのストロークは5mm程確保されてます。

こちらはリア。

2種類の大きさの異なる塩ビキャップを重ね合わせ、その間に水道用パッキンゴムを2枚挟んで所定の位置に取り付けだだけ。

1mm程度ストロークします(笑

これで足回りは完成。

BD-1リジッド化

BD-1に標準搭載されているサスは街中をポタリングするにはいい具合に柔らかいのですが、高速化を追求していくと必ず不満が出てきます。

改善するには写真のように強化スプリングに交換するのが一般的ですが、レースに出るとなると柔らかくてフィーリングがイマイチ。

先日のレースでは、登りではリアのスプリングにパワーを食われ、下りの高速コーナーではフロントの剛性感の無さにビビリ気味でガシガシ漕ぐことが出来なかったのが非常に悔しかったんです。

そこでいろいろ調べた結果、リジッド化を進めることにしました。

しかし、軽量化もしたいし、ビンディングペダルも入れたいし、あまりコストを掛ける訳にはいきません。

で、とあるサイトに掲載されていた“ビ”チューンを試してみることにしました。

“ビ”とは、貧乏のビ と 塩ビのビ。

スプリングを塩ビパイプに交換してリジッド化を図るのです。

塩ビと侮る無かれ。極めて丈夫でしかも軽量な素材です。

興味のある方はこちらのサイトをご覧下さい。

すばらしい解説付きです。


さて、リアは同じやり方でリジッド化が完了したけど、フロントはどうしたものか。

このウレタン自体は非常に柔らかく、ほぼ機能してません。

低速走行時はスプリングが伸び縮みしてショックを吸収しますが、高速走行時はふわふわして安定感に欠けます。

そこでウレタンを塩ビに入れ替えました。

ガチガチになり、ニンマリ。

この状態で10km程走ってみました。

リアは理想的。

登りもペダルを踏み込むとグイと前に出ます。


回転数を上げてもお尻がピョコピョコしなくなりました。

一方、フロントは硬過ぎか。

BD-1のアルミ製フォークはどこかしら繊細な造りで、折れたことも報告されてます。

リジッド化によるフロントフォークへの悪影響が予想されるため、ここはフルリジッドではなく、塩ビ:ウレタンの長さを8:2としてスプリング内に収め、ショートストローク化しました。

これはいい感じ。

タイヤカバー

先日のミッドナイトエンデューロでhide'sさんから売りつけられた有難く購入させて頂いたスペシャルタイヤカバーをMiniの12インチスタッドレスタイヤに付けてみました。


ちょっとだけサイズが大きいけれど機能的には問題なし

いまどき10インチや12インチなんて軽でも少ないですからね。

脱着は簡単だし取っ手が付いてるので持ち運びも楽。

しかもリーズナブルなお値段設定でお買い得感高し。

何よりも、カバーを付けるとタイヤむき出しよりもガレージ内がすっきりスマートに見えます。

どうもありがとうございます。

水曜日, 7月 28, 2010

BD-1高速化とTyrell

もっと速く走りたい。

BD-1高速化のための定番チューニングは、ホイールの大径化(18→20インチ)と、ギアの多段化(8→9段)と、ハンドルのドロップ若しくはブルホーン化の3点。

しかし、色々と調べていくと投資に見合う効果が少ないというのが大方の見方ということが判ってきました。

そりゃロードバイク買った方が早いことは分かってますが、フォールディングバイクに変な拘りがあってですね。。。

そこで見つけたのがタイレルFXという純国産バイク。


以下、同社HPから抜粋
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
Tyrell
TYRELL(タイレル)、Philip.K.Dick原作の映画 ブレードランナーに登場するレプリカント製造会社がその由来。

DESIGN
Pure。そこから始まった。ただ走るためだけに生まれた車、ルノースポール・スピダ-(RENAULT SPORT SPIDER)。
エアコンはもちろん、ルーフ、フロントスクリーンさえも無い。アルミフレーム、FRP塗装、優れた高速スタビリティ。そこには走る事のみを目的とする車し か持つことのできない、純粋で妥協のない意思が込められている。
走り出してみよう。風を感じ、自然と対話する喜びを感じよう。パノラマに広がる光景が連射して目の間を過ぎ去る瞬間、そして意識と自我は自然の中にとけ込 む。私たちが操ることから解き放たれた瞬間である。
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
Renaultな人はこりゃ買わなあかんでしょう(笑

しかも相当速いらしい。

このハンドルバーをブルホーンに変えて参戦したいぞ

SKAGEN

というデンマーク製の掛け時計を購入しました。

実は1ヶ月程前に届いた品が傷モノだったのでショップに相談したところ、交換可だが在庫なしで本国取り寄せ、又はキャンセル可とのことでした。


物は気に入ってたので交換をお願いし、本日やっと届いた次第。

クロノグラフみたいでカッコイイ!

と自己満足。

火曜日, 7月 27, 2010

Clio V6 エンジンオイル交換

久々に車ネタです。


190E 2.5-16エボ。日本正規輸入台数3台。本物なのか。。。
は、さておいて、Clio V6のオイル交換をしました。

今回は自分で交換するのが面倒だったのと、オイルエレメントがどこにあるのかさっぱりわからなかったのでコンプレットさんにお願いしました。

オイルはいつものA.S.H. FSE E-Spec。

少し前に値上げされ、定価4,300円/ℓ。通販最安値でも税込3,500円/ℓ。

今まで使った中で最も自分のフィールに合ったオイルなんですが、高いのが玉に傷。

最近注目のNEWESTも評価が高くて気になってるのですが、100%エステルベースのモノは高くて手が出ません。

因みにコンプレットさんはどちらも扱ってます。さすが。

アンダーカバーを外して左からの図。

このサブフレームを後期型のPh2モノに換えると多少走りがシャキッとするそうです。





こちらは右から。

画像右上にエレメントが写ってますね。

左上には社外トルクダンパーが付いてます。

このダンパーはエンジン上部にも付いてまして、クラッチミートとシフトが非常にソリッドになります(前オーナー談)。

でもノーマル知らないんですけど(汗

感覚的にはRSに強化エンジンマウントを入れたような感じかな。

さて、後はK-Tec待ちなんですが、相変わらずアンソニー仕事が遅ぇ~(怒


帰りに広島東 福田から終点の吉島まで広島高速に初めて乗りました。

福田~温品までの下りは結構スリリングですね。

RX-7とランデブーを楽しみました。


仁保辺りから吉島までは正に都市高速と云った感じで、いよいよ広島にも市内に高速が開通したんだなと実感。

しかし、広島高速ってタダじゃなかったん?

後で調べてみると無料化実験を行ってる路線は仁保~呉間の「広島呉道路」の間違いでした  orz

月曜日, 7月 26, 2010

ミッドナイトエンデューロ 2010 結果報告

ノリで参加表明したミッドナイトエンデューロですが、その日が近付くにつれてチームメンバーの士気も上がり(やばいんじゃね?とのプレッシャーかも)、各々の練習法で本番に向けてトレーニングを積んできました。

我々がエントリーしたカテゴリーは10時間耐久 チーム オープンB(ロードバイク以外は何でも可)というクラス。

配布されたパンフレットを見ると16チームのエントリー。

もしかしたら鈴鹿のトランスポンダーリレー耐久に続き、ビギナーズラックで上位入賞もあるかも・・・

という淡い期待を誰もが抱いたはず。。。

因みに、10時間耐久 チーム オープンAという本気クラスは90チーム。
因みに、10時間耐久 ソロという超人は63名。


さて、岡山国際サーキットに集合したサイクリストは総勢1,700名あまり。

大混雑が予想されましたが、意外にも皆整然と並んで場所の取り合いになることも無く極めて紳士的な方々の集まる大会でした。

車のレースとはちょっと違いますね(^^;

唯一ギラギラした瞬間がピットの場所取り。

OIRC枠で走ってたMパパさんにピットの一角を確保して頂いたのですが、Bパドックの柵にはピット確保を狙うハイエナ集団がバーゲンセール会場の開店待ちかという状態で虎視眈々と獲物を狙ってます。ものすごく居心地が悪かったそうです。

Mパパさん、どうもありがとうございます。

翌日はくたくたになって早々に引き揚げました。ご挨拶もせずに失礼しました。

腹が減っては戦は勝てぬということで、場所を確保したら早速BBQの準備。

が、急に雲行きが怪しくなり突然のスコール。

これが幸いして、一気に路面温度が下がって過ごしやすくなりました。

雨が上がると焼いて食って腹八分目でレースに挑みます。

出走順はいつものじゃんけん。

また負けてしまって第一走者になりました。

しかしものすごい台数です。

数もさることながら、なんかバイクの造りやら服装やらが違いますよ。

混乱も無く流れに任せて無事にスタートを切りましたが、最終コーナー(自転車は逆回りなので実質第一コーナー)に差し掛かった瞬間から速いバイクにハンパないスピードでパスされます。

下り~平地は何となくスピード差は縮まりますが、登りのスピードが全然違いますね。

作戦通り(?)3周してピットインしてバトンタッチ。

約2時間半休憩して出番が来たら思いっきり漕いでへろへろになって帰還。  を4回繰り返し、一人あたま延べ100分、周回にして12周を走りきりました。


結果は見事8位。ちょうど真ん中です。








7時間経過時に10位につけてたのですが、残り時間を計算して全員が4回出走できるように2週交代としてペースが上がったのと、最終走者のkegくんが別のカウントダウンをゴールの時間と勘違いして思いっきりラストスパートをかけてくれた(笑)おかげで2つ順位が上がりました。


真夏のくそ暑いさなかに夜通し10時間自転車で走って何が面白いの?

とお考えの方、是非参加してみて下さい。

個人として大会に合わせてモチベーションを維持しつつフィジカル面を最高の状態に調整し、チームとして戦略・戦術を練り、当日は臨機応変な駆け引きを交えた総力戦を展開する。

戦い終えると全員が達成感と大きなイベントを共有した一体感に満ち溢れ、お互いの健闘を称え合い再開を誓う。

めっちゃ楽しいっスよ。

今年は行き当たりばったりでしたが、来年は、焼肉食ってビール飲みまくって寝に来た(だけの)hide'sさんがチーム総監督を務めてくれることでしょう(笑

冗談です。応援ありがとうございました。

土曜日, 7月 24, 2010

行ってきます

ジャンケンで負けたのでトップバッターです。

金曜日, 7月 23, 2010

ミッドナイトエンデューロへ

いよいよですね。

明日土曜から日曜早朝にかけて開催されるミッドナイトエンデューロ。

バイク2台とBBQセットにクーラー、ジャグ、テーブルウェア、イス3脚、テーブル他諸々積み込んで準備完了です。

コンディションはまあまあですが、徹夜に耐えられるかな?

明日午前中に食材を調達して岡国へGO。

みなさん頑張りましょ!

カングー エンスト その後

あれから2度エンストに見舞われたので、堪りかねて土曜にDに持って行きました。

暫く経って電話があり、テスター診断してみたがTDCセンサー不良の疑いが強いとの事。

念のため、センサー交換とハーネス交換、スロットルボディー洗浄、コンピュータ初期化を行って様子見することを提案頂きました。

恐らくはコネクターの接触不良でしょうから交換は必要無いと思ったのですが、12万kmを走ってるので交換しておいたほう良いとの見解でした。

ハーネスは交換せずにリード線はんだ付けで対応をお願いしましたが、それでも52,400円也。

部品は13,200円ですが工賃がやたらと高いね。

自分で出来なくも無かったのですが、これでまた停まっちゃったら嫁に「ほらもう(怒」ってしかられるし・・・

リスクヘッジ代です(笑

火曜日, 7月 20, 2010

業務連絡その5

ミッドナイトエンデューロ事務局に電話してみました。

今年は総勢1700名が参加(去年は1600名)するそうですが、例年みなさんBパドックにテントを張ってBBQを楽しまれてますよ~

とのこと。



ええ?1700名も居るてことは1000台くらいちゃりんこもあるということですよね。

ぎゅうぎゅう詰めで夜は危なくないですか?との問いにも、はぁ全然大丈夫ですよ~

とのこと。


まぁ大丈夫なんでしょう。

と云うことで、BBQしながら楽しみましょう!



ただ、Cパドックからの荷物の運搬は徒歩でブリッジを渡らなければならないので必要最小限の荷物になります。
自転車はCパドックから自走でぐるりと回ってトンネルをくぐってBパドックに行っても良いそうです。

そこで幾つかお願いがあります。

・各自イスをお持ち寄り下さい。持ってないかたは申告して頂ければこちらで用意します。

・食材(ワリカンね)や食器はこちらで用意しますが、ドリンク類は各自でご準備下さい。現地にも自販機はありますが、売り切れになる可能性大です。
大型のクーラーを持って行くのでご利用下さい。

・ テントとテント内に敷くフロアマットはこちらで用意します。仮眠を取る場合はピット上の仮眠室かテントを利用して頂いて結構ですが、寝具は各自で用意願います。
タオルケットで十分だと思いますが、抱き枕が無いと寝られない方は忘れないように(^^

因みに、選手だけですよね?ご家族や応援団が来られる方はいらっしゃいますか~?

日曜日, 7月 18, 2010

追い込み

ミッドナイトエンデューロに向けて体を追い込んでます。

2日連続で中央森林公園のサイクリングコースを走りました。

昨日はtetsu24さんと健脚コース1周+ファミリーコースB 1周。

その後、Kangooの調子が悪いので長楽寺のDに預けてバイクで帰宅。


今日はkegさんとそのお友達と僕の息子とで健脚コース1周+ファミリーコースC 1周。

Kangooが無いのでAlfa156が出動。バイクが乗るかどうか心配でしたが何とかなりました。

今日は健脚コース3周するつもりで臨んだのですが、1周でバテバテ。

昨日登れた展望台手前の急坂を登ることが出来ず、早々に下りて押して上がりました。


2日で都合45km程走った事になります。

ロードバイクに乗る本格派レーサーにとっては何てことない距離でしょうが、今の僕にはこれが限界。

自分なりに追い込みが出来たので、今週一杯は十分休息して炭水化物を体に貯め込んでおきま~す。

金曜日, 7月 16, 2010

業務連絡その4

ミッドナイトエンデューロの参加受理書が届きました。

・入場:7月24日(土)15:00~(ピット使用は17時から)
・受付:15:00~
・耐久レース:20:00スタート
※受付から耐久レーススタートまでの間はタイムトライアルやキッズレースが開催されます。
その間にウォームアップや食事を採って準備しましょう。
・準備するもの:グローブ、ヘルメット、ライト(前後)、健康保険証
・駐車場:Cパドック
※Bパドックへは車の乗り入れはできません。自転車及び荷物はCパドックからブリッジを渡って搬入することになりますので、必要最小限に纏めましょう。
・仮眠室:14番ピット上の212,214号室を利用可能。寝具は各自持参。

以上を踏まえ、

■集合時間:16時ごろ
■集合場所:Bパドックで適当に連絡を取り合いましょう。
■ベースキャンプ:Bパドックにテントを張り、荷物置き場&仮眠室とします。
早めに行って張っておきます。
■食事:出店があるそうですが、Yakinikuレーシングが母体なので焼肉します。 ご飯も炊きます。
それ以外の栄養ドリンク、栄養食品、おやつ等は各自ご準備下さい。
キレがあってコクのある栄養ドリンクはNGです。
■持ち物:着替え、タオル、小銭他、(と、もちろん自転車、ライト、ヘルメット、グローブ、ウェア、健康保険証)
テント、テーブル、チェア6脚、ベンチ、ランタン、 クーラー、ジャグ、BBQコンロ、食器類は僕が準備しますので現地で運ぶのを手伝って下さい。
■参加費:6名で41,000円なのでひとり6,800円です。

そんなとこですかね。

また思いついたら書きます。

Clio V6の足

意外にも乗り心地のイイClio V6。

MBコンプレットさんにてフロントタイヤの組換えをして頂いた際に覗いてみました。





スプリングはアイバッハにショックはコニの組み合わせ。

なるほど。こりゃ良いはずですね。

しかし、帰りに高速でちょびっとだけ飛ばしてみましたが、フロントの接地感が薄い!

RSはステアリングの手応えをしっかり残しつつ矢の様に突き進みますが、V6は相対的にフロントが軽いせいか速度を上げるに従ってステアリングからの情報が頼りなくなってきます。

これはどげんかせんといかん。

チンスポはすぐ擦っちゃうし、カナードでも付けるか?

一方、ミッドシップの特性上リアのトラクションの掛かり具合は抜群です。

エンジン自体はラグナ等のファミリーカーに乗っかる3リッターと同じパワーソース(チューニングは異なるらしい)なので際立つ特徴はありませんが、ドライブトレーンがコンパクトに纏められてるのでアクセルへの入力からタイヤへの出力、所謂レスポンスが秀逸。

ブレーキもフロントに奢られてる4ポッドのAPと、ブレーキングに理想的な重量配分によりグッと四肢が踏ん張って車を止めようとする感じが良く判ります。

RRのポルシェに似た感覚かな。

なかなか面白い車です。



帰り際にブレーキランプが切れてることが判りました。

家に帰ってストックしてた球に入れ替えようとリアの内装を剥いだところ、鉄板がアツアツで火傷しそうになりました。

良く考えるとこのスペースはエンジンの直後でマフラーの直上なので熱害甚だしい場所なんです。

フロントのトランクらしきスペース(笑 もアツアツになるし、エンジンをリアシート上に積んで運んでるので室内も暑い。

なかなかおもろい車です。

木曜日, 7月 15, 2010

カングーの懐

新しいバイクが届いたのでカングーに乗っけてみました。

前輪を外さずに余裕で乗ります。

床のフックを利用してきちんとタイダウンすれば3人+3台は大丈夫かな。

ただ、テーブル、イス、BBQセット、テント、クーラーを積み込むとなるとちょっと微妙ですね。

ということで、業務連絡。

土曜に乗せ方を考えましょう>てつ24さん

日曜は走りに行きましょう>kegさん

水曜日, 7月 14, 2010

エアリセッシュ

videoなの画伯作品

日曜日, 7月 11, 2010

バイクを買いました

バイクトレーニングに行きたし、と思ったら、雨が降り始めるし。

雨でもランニングしてる人は居ます。

軟弱と云えばその通りなのですが、さすがに自転車は雨粒が顔に当たると痛いし泥水を跳ね上げて背中が茶色くなるし(泥除けは当然無し)、で自粛して選挙に行きました。

Clioを弄ろうにもパーツが揃ってないので、ETCの配線をきれいに引き直したり、ガラスコーティングするくらいでやること無いのよね。

今週中に全部揃えば山に走りに行こうっと。


走りにと云えば、実は息子用にクロスバイクを買ったので、試乗がてら土日のどっちかで中央森林公園にて仕上げをします(気が向かないとトレーニングしないのに何が仕上げやと突っ込まない)。

もともと、息子は僕のお下がりの十数年落ちパナソニック製マウンテンキャットというMTBで出走する予定だったのですが、タイヤとフロントフォークくらいは交換したろと思って自転車屋さんで診てもらったところ4万円近くするんですよ。たけっ

しかも、アルミフレームは10年も経つと金属疲労が起きてるかも知れないので、ハードな走りをするとポキリと逝くケースもあるとの事。

商売根性丸出しという人物じゃなかったので、素直にそうなんだと信じて買い替えることにしました(安もんですけどね)。

皆さんご一緒しませんか?

土曜日, 7月 10, 2010

塗装職人

ルーテシアのRS系(Renault Sportというスポーティバージョン)の内装にはアルミ風パネルに透明なラバーをコーティングして高級感を出そうとしてる(このフランス人のセンスが理解できません)パーツが使われてますが、漏れなく経年劣化でラバーがネバネバベタベタしてきます。


これはもうお約束で防ぎようが無いですね。


対策としてはラバーをそぎ落とすか、ケミカルで丁寧にネバネバを取り除く方法がありますが、大多数の方は放置プレーだと思います。

今回は抜本的な対策として剥離&塗装してみました。


色を悩みましたが、シルバーじゃ変わり映えしないので内装に使用されている深いブルーにしてみます。

まず、ラバーをそぎ落とし、ベタベタが無くなったところで耐水ペーパーで表面を研磨します。

この過程をきちんとやっておかないと後でえらい目にあいます。

塗装も化粧も家もビジネスも土台が大事ということですね。



これは悪い例。

プラサフ代わりに艶消しブラックでベース色を塗装しましたが、きちんと剥離できていない部分が残ってたため、再度耐水ペーパー掛けした後です。

この上に更にブラックで塗装してベースとします。

この黒色が肝でして、この上にネイビーブルーの染めQを被せると・・・

見事に深い青に染まりました。




 



実際はちょっと多く吹きすぎて青みが強く出てしまいました。








そこで、周辺のパーツとのバランスをとるため、ドアノブの枠とスピーカーカバーを同じ色に染色しました。

我が家の塗装ブース。



どうですか。一体感が出たでしょ♪


トレーニング方法

普段雨が降らない限り八丁堀まで(仕事関係で頻繁に役所に出入りしてます)10kmの距離を自転車で往復してますが、激しく走ると滝汗が出るのでスピードは控えめ。

これじゃトレーニングにはならないのでそろそろ本格的に始めないと。

ということで、今朝はいつもの10kmのコースを走りましたが、今回のテーマはぺダリングと引き足を意識したトレーニング。

出来るだけ高い回転数を保ったまま一定速度で漕いでみる。いわゆるシャカシャカ走法です。

こうすると、いかに体幹がブレているかが判ります。

更に回転を上げると上下にぴょこぴょこ跳ねるような動きになります。

フラットな姿勢を保ちながら体幹を意識してスゥーーーと走られるようになればスピードも疲れ方も違ってくると思います。


引き足についてはフラットペダルなので大したサポートにはなりませんが、下死点から9時位置まで後ろに蹴りだす感じを意識してトレーニングしてみました。

太腿裏の筋肉を鍛える感じで。

結果、おしりとふとももが筋肉痛です(爆

金曜日, 7月 09, 2010

化粧直し

気持ち良く走らせてあげるにはちょいと手を加えたいところがちらほら。

先ずフロントタイヤが終わってるので、Neovaを発注。

リアはRE-11を履いてるので同銘柄にしたかったのですが、サイズが無い!

Neova安い(AD07)し、まいっか。

お約束のステアリングの表皮もボロボロなので、モモステ発注。

そしてモモボスとサイドマーカーをK-Tecに発注。

航空便で送ってねアンソニー。

更にお約束のドアトリム?のベタベタは剥離あんど塗装を時間のあるときにやります。

サイドのエアインテークにカーボンシートを貼ってみたいけれどやり過ぎですかね。


それにしてもこの車って室内熱いです。暑いじゃなくて熱いんです。

そりゃ後部座席にエンジン様が座ってらっしゃるから当然ちゃ当然ですがね。


それと、車検証を見ると前後重量配分は4:6。ケツ重っっ

乗りこなせるかな。。。

木曜日, 7月 08, 2010

デジャヴュ

さてと。。。

水曜日, 7月 07, 2010

カングー エンスト

今日は久々の休み。

あれしてこれしてと考えてたら、嫁から携帯に着信アリ。

通勤途中の信号待ちでカングーが止まったそうです。

とりあえず嫁が運転できるAlfa156で駆けつけてバトンタッチ。

嫁はセレ初体験なので、セレのおバカなところを一通りレクチャーして送り出したのですが、多分ずっとCITYモードで走っているだろうからストレス溜まるんじゃないかな~

残されたカングーですが、とりあえずニュートラルに入れて邪魔にならないように路肩に寄せてトラブルシュート。

セルモーターは元気に回ります。燃料もひと目盛有り。ワーニングランプ点灯無し。オイルも入ってる。

点火系か燃料ポンプリレーか燃料フィルターの目詰まりか。

レッカーを呼ぶ前に、エンジンルームのあちこちをコンコン叩き、一旦キーを抜いて再度スターターを回すと、何事も無くエンジンスタート。

さすがルノー。ブラウン管テレビ並みにアナログじゃん。


以前にも一度エンジン始動直後にエンストした事があり、結局原因不明のまま今に至る訳ですが、いろいろと調べてみると定番中の定番、TDCセン サー(クランクの上死点を検知するセンサーらしい)のコネクタ接触不良みたいです。

カングーに限らず1.6リッター 16V系のルノーエンジンの持病だそうですね。

そのセンサーの場所を調べてるんですが、よく判りません(爆

日曜日, 7月 04, 2010

バイク

僕の愛車はBD-1という18インチの小径タイヤを履いた折りたたみ自転車で、現行モデルのひと世代前のストレートフレームモデル。

小径ながら8段変速付きでそこそこスピードが出ます。

今日は久しぶりに天気になったので、いつものランニング10kmコースをこのバイクで走ってみました。

廿日市大橋を往復するのがキツイ。登りはみるみる乳酸が溜まって脚が動かなくなってしまいます。

こういうときにビンディングペダルが付いてれば引き足が使えるのでもう少し楽なのかな。

結局25分かかってしまいました。

平均時速24km/h。これが今の限界。


ググッてみると、ロードバイクの初心者は先ずは30km/hを目指すようですね。

30km/hというと、あの10kmコースを20分か。。。  きつ


それと、ちょっと気になったのが上着のバタつき。

ランニングの際に着る吸水性の高いスポーツウェアを着てましたが、スピードが出るとバタついて空気抵抗となってる気がします。

ここはやはり、ぴちT じゃ無くて コンプレッションタイプのシャツかな~

尚、ケツはサイクルパンツ(下着)のお陰で快適でしたv(^^

木曜日, 7月 01, 2010

本日より

新しい仕事に就きました。

暫くはバタバタで、しかも土日は基本的に仕事です。

が、ミッドナイトエンデューロはちゃんと出走しますのでご心配なく!

サーキット遊びはこれまでにも増して控えないといけなくなるし、ツーリングもなかなか時間が取れなくなりますが、機会があればこれまで通り遊んで下さいね。

今後とも宜しくお願い致します。