土曜日, 4月 17, 2010

APキャリパーのシール交換

先週の作業ですがアップし忘れてたので備忘録として(汗

AP 6ポッドキャリパーのシールを交換しました。

ピストンを抜くにはブレーキホースから圧縮空気を送るのが一般的ですが、コンプレッサーが無い場合は自転車の空気入れで代用できます。



6つのピストンは均等に出てきてくれないので(1つでも抜けると他のピストンが押し出せなくなる)このように間に何かを挟んで均等に出しましょう。

ピストンを抜き、シールを取り出しました。







溝にシールをはめ込みます。薄くブレーキフルードを塗っておきます。


ピストンに擦り傷等が無いか確認し、ブレーキフルードを軽く塗ってセットします。

完了。

それにしても、このゴムの輪ってめちゃめちゃ高いですね。
1個千円て。。。

2 件のコメント:

  1. 確かに1個1,000円とは恐ろしく高いですね。
    ところで嫁ぎ先は決まりましたか?

    返信削除
  2. 》annbellさん
    そうなんですよ。
    シールキットって言うくらいなので左右一式だと思って注文したら、届いたのは片側だけ。
    という訳でオーバーホールに時間がかかってしまったのは内緒です。

    嫁ぎ先、おかげさまで何とか決まりました!

    返信削除