土曜日, 1月 30, 2010

M3 ブレーキパッドとミッション/デフオイル交換

M3を弄る時間がやっと出来たので朝から作業。

先ずはジャッキアップしてウマを架けタイヤを外します。

フロントブレーキパッドはFERODO DS2500(FRP3076H)。

AP 6ポッド(5575-102/1552)に適合するものは17mm厚。

しかし、国内在庫は18mm厚のものしかないので海外から取り寄せました。

お約束の新旧パッド比較。

まだ7mm程残ってますが、ジャダーが出始めたので早めに交換しました。





取り付け完了。

片持ちキャリパーと違ってめちゃめちゃ簡単ですね。

4輪エア抜きとブレーキフルード全量交換し、ブレーキ系完了。

ちなみにリアはノーマル形状のDIXCEL Z Type。


続いてデフオイル(A.S.H. GEAR OIL FSE 75W-140  1.2ℓ @5,500/ℓ)と、

ミッションオイル(A.S.H. GEAR OIL FSE 75W-90  1.8ℓ @4,800/ℓ)を交換。

冷えてるとき2速へのシフトが渋かったのですが、嘘のように解消しました。

A.S.HはClioにも使ってましたが、ミッションオイルが特にお勧めです。

あぁ走りたくなってきた~

金曜日, 1月 29, 2010

OIRC退会

1月末で更新期限を迎える岡山国際レーシングクラブ(OIRC)を退会することは前々から決めてましたが、ラストランをどうするか悩んでました。

明日土曜日にM3のブレーキパッドとミッションオイルとデフオイルを交換して日曜日に1,3枠を走ろうと思ってましたが、先週も岡国を(脚で)走ったし来週もユーロカップ(の応援)に行くので今週も行ったら3週連続となります。

そうなると金銭的にも家族の目も厳しくなるので(汗 、ここはグッと我慢して自粛する事にしました。

調子乗って壊してもつまらないですしね。

その代わり、日曜は広島輸入車ショウに行く事にしました。

そこである方と落ち合い、ブツを受け取ります♪

火曜日, 1月 26, 2010

FMトランスミッター

車内で音楽やポッドキャストを聴くのに愛用しているトランスミッターを買い換えました。

今まで使ってたモンスターケーブルがiPhone3GSに対応できない(使えるが充電不可)のでバッファロー製の適当なものを選んだのですが、これが大失敗。

イライラする程ノイズが乗るのです。

FMトランスミッターを使ってる時点で音質をどうのこうの言うのもアレですが、モンスターケーブルの高い品質を改めて見直しました。

バッファローは。。。充電器として使うことにします。

日曜日, 1月 24, 2010

F1ロードマラソン~2度目のハーフマラソン

美作市 F1ロードマラソン大会 完走しました!

2度目の挑戦で目標の2時間を切ることができました。

前回の福岡シティマラソンはフラットなコースでしたが、今回はクロスカントリーかよっつーくらいアップダウンの激しいコースだし、一緒に走る仲間も家族の応援も無い中での参加なので、2時間切りはおろか途中で気持ちが切れて歩いてしまうかもしれないと思ってましたが、沿道のおじいちゃんおばあちゃんの応援(と言っても田舎なのでまばらですが)に後押しされ、自己ベストを更新することができました。

しかしこの高低差はなんやねん。

150mもあります。

しかも行きはずっと下りで折り返してから登りの連続。

終盤の17km地点で岡国のゲートの入り口に差し掛かります。

MT車乗りなら(じゃなくても)お判りでしょうが、ここはかなりの勾配。

吐きそうになりました。

18km地点で再度コースインしてからはもうランナーズハイ状態。

アトウッドの登りをへらへら笑いながら駆け上り、バックストレートでiPhone(Nike+で距離と時間をチェックしてました)を取り出して写真撮影。

リボルバーをセオリー通りに攻め、ダブルヘアピンで何人かパス。

最後は猛ダッシュしてゴールイン。

キツかったけど楽しかった~


でも来年はもう出んぞ。

ガスチャージ

帰り道。

MTは、はっきり言って辛いデス。

限界

サスペンションが悲鳴を上げてます

帰ってからオーバーホールやな

ラストスパート

バックストレートを200km/日で疾走中!

アホなことしてる間に2人にパスされちった。

ヘアピンの突っ込みでインを差しちゃる!

コース案内

アップダウンがキツそう

今日の岡国

Cパドックに1台だけ場違いな車が。。。

到着

岡山国際サーキットに到着

土曜日, 1月 23, 2010

156 V6が嫁いで行きました

別れは突然に。

156 V6は次のオーナーの元に嫁いで行きました。

実は156を買ったことを友人に話したところ非常に興味を示し、是非譲ってほしいとの展開になりました。

彼はずっと国産車を乗り継いでいたので意外に思いましたが、ラテン車乗りが増えるのは大歓迎なので快く譲ることにしました。

念のため2.0 TSはどうかと聞いてみたのですが、アルファ乗るならV6だと。

という訳で、本日IGNISさんにてLLCの交換とエアコンガスの補充、下回りの点検をして頂いて整備完了。

LLCの交換自体は大した作業じゃありませんが、後処理が大変(毒物なので適当に処分しちゃだめです)なのでいつもプロにお任せ。

V6はエアが抜け難く、一度冷やしてからエンジンを掛けて温め、再度冷やしてを繰り返し、都合4~5時間程かかるそうです。

久々に代車というものを借りました。判ります?

日本車にしては希少な5速マニュアルでしたが、アルファロメオのV6を転がした直後に乗り換えると無味乾燥で全然楽しくなかったぞ。


整備の終わった156を受け取り、幹線道路に出てV6を歌わせるとそれはもう とろけるような甘美な世界。

6発のシリンダー内でのガソリンの爆発を、トルクと音と振動で感じられるエンジンなんてそうそうありません。

BMWのシルキーシックス代表M54が『フォーン』なら、アルファセイ(6)は『ロロロロロ~』。

機会があれば一度乗って見て下さい。ホントにイイですよ~♪



さて、次の車両はもう決まってまして、来週末に嫁いできます。

一部の方にはネタばれしてますが、もう完全にアフォですわ(^^;

金曜日, 1月 22, 2010

156 V6 ブレーキローター&パッド交換

今更ながら先週末に交換した156 V6のブレーキローターとパッド交換日誌を書きます。

ローターはフロントがMEYLE、リアがDIXCEL。パッドは前後ともFERODO DS Performanceというストリートスポーツスペックのもの。


156はもともとブレーキのタッチがイマイチ。

特にV6はフロントヘビー(66:34)でノーマルだとヒヤッとする場面に遭遇したこともあり、ストリートユースといえどもスポーツパッドへの交換をお勧めします。

ジャッキアップしてウマをかけ、4輪を外して作業開始。


ローターは4輪とも磨耗限界に近い状態でした。

キャリパーとナックルを留めているボルト2本を外し、キャリパーをインシュロック(結束バンド)でスプリングに吊るしておきます。

ローターを固定しているピン(1本)を外し、プラハンマーでガツンと叩くとあっさりと外れました。

クリオはハブとローターの固着がひどくて玄翁でガッツンガッツン叩かないと外れなかったので覚悟してはいましたが、案外良い子なのね。

新しいローターとパッドをセットし、元通り。超簡単。

リアもこの調子でやっつけちゃいましょう。

なんて甘い考えでした。

キャリパーを外し、ローターを外し、ローターを交換し、後はピストンを引っ込めてと。。。

引っ込めてと。。。

引っ込まないねぇ

普通(かどうかはこの時点では判りませんでした)、リアのピストンは十字状の溝にドライバーのシャフトをあてがって時計回りにクルクル回しすと簡単に引っ込んで行くもんです。

アルファの場合は、この溝が無く、凹みが2箇所にあるだけ。

ははぁん。ラジオペンチで回せばイイじゃん。

が、全っ然回らん。ピクリともしないし。

こういうときは先輩諸氏の整備日誌をインターネットで調査。すると、どうも専用のSSTが要るらしい。

そのSSTでピストンを引っ込める方向に思いっきり押しつつ、思いっきり右回りに力を入れるとちょっとずつ回り始める。

とにかく大変。押す力が半端なく必要。ラジオペンチで回そうなんて考えは絶対に止めたほうが良い。

とまぁざっくり言うとこんな感じでした。

しかし、今回はあまり時間が無くてアストロプロダクトまで行く余裕がありません。

取り敢えずラジオペンチで再チャレンジ。

ローターを外した状態でキャリパーをセットし、アウト側から押してもスライドしないようにイン側をめがねレンチとダンボールの詰め物で固定し、思いっきり押しつつ回すと少しずつ回り始めました。

しかし1/4回転するだけでへとへとになる始末。手の平も痛いのなんの。こんなもんでええのんか???

結構寒い日でしたが、汗だくになって格闘すること小一時間。

やっとのことでパッドをはめてローターをセット完了。

反対側はコツを掴んだので20分くらいでできました。

SSTがあればずっと簡単なのですが、アストロプロダクトなんかで売ってるキューブ状のツールは押す力を加え難いと思われ、使い勝手が良くなさそうですね。

次回から何か考えないと。

その後ブレーキフルードを全量交換し作業完了。

バイパスで慣らしをして納得のいくフィーリングになりました。

水曜日, 1月 20, 2010

個人輸入


AP Racing 6Pod用 FERODO DS2500が届きました。

発注してから2週間ちょい。

円高の恩恵に与り送料込みでも日本で買うより1.5万円は安いので、時間に余裕がある時は積極的に利用してみます。

GOD BURGER

横川駅前にハンバーガーショップらしからぬ佇まいのバーガーショップが あります。

その名はゴッドバーガー。

注文して出てくるまで約10分。
しかも結構高い。

ファーストフードならぬスローフード。

んん、ゴッドな理由が解りません。。。

火曜日, 1月 19, 2010

Yakiniku

アサ会の新年会に続いてまたまた焼肉。

おぢさんはちょっと食傷気味。

木曜日, 1月 14, 2010

AVATAR

やっと観ることが出来ました。3Dシネマ。

もっと飛び出す感じかと思ってましたが、こけ脅し的なものでは無くて臨場感を高めるものでした。

いわゆるドッカンターボじゃなくてリニアな低圧ターボの様なもの。

例えが悪いか。。。

何れにしてもこれからが楽みです。

水曜日, 1月 13, 2010

ユーザー車検 156篇

今月2回目のユーザー車検。

右フロントブレーキの効きと光軸が再検査となりましたが、エア抜きと光軸調整で無事合格。

晴れて我が家の一員となりました。

が・・・つづく

月曜日, 1月 11, 2010

156初期化

土曜に引き取り、日曜に内外装をきれいにして、月曜日に油脂類を交換。

取り敢えず車検を受けられる状態になりました。

しかし、土曜は引渡し直後にグズッてエンジンがかからなくなり(バッテリーターミナルが外れてただけでした)、日曜は塗装面の下地造りににどえらい苦労し、そして本日はオイルエレメント交換に手こずったのでした。

日曜は朝から洗車。年式の割には程度の良い塗装面でしたが、そこはやはり12年選手。よく見ると至る所にスクラッチ傷が。

その後トラップ粘土で表面を整え電動ポリッシャーでコンパウンド掛けしましたが、なかなか納得のいく艶がでません。

再度手でひたすらコンパウンド掛け。

外装が終わったら内装をクリーニング。



皮シートをクリーナーで磨き上げ、ダッシュボード、ドアトリムを拭き上げ、シフトブーツを取り付けてこの日は終了。

次の日はエンジンオイルとミッションオイル交換。





実はブレーキパッドとローター、ブレーキフルードも交換するつもりでしたが、銀行振込をクレジット払いと勘違いしてて支払いが遅れ、間に合いませんでした。

LLCとブレーキフルードは車検後に交換します。

さて、このAlfaRomeo 156 V6ほどオイルエレメント交換に手間取った車はありません。

ドライブシャフトと排気管とパワステポンプのパイプに挟まれた奥に見えるのがエレメント。

上からも横からも手が入りません。下からどうやって。。。

苦労してゴムベルト状のエレメントレンチを掛けるも、スペースが無くて回らない。。。

苦しい体制で左手を突っ込み、思いっきり力を込めて何とか手動で外しました。

が、外れたエレメントを取り出す隙間が全く無いのです。

エレメント内のオイルでギトギトになりながら格闘すること小一時間。

外せるところは外してみるも、パワステのパイプが邪魔でどないしようもありまへん。なんじゃこのくるまわ~(怒

一旦休憩を取り、webで先輩諸氏の整備日誌をチェックしても、やはり下からパイプを避けつつ取り出す模様。

そこでパイプを止めてるステーを全部外して見ると結構自由に動くようになりました。

で、ここからが知恵の輪状態なのですが、説明するのが面倒なので割愛。

どうにかこうにか取り出せ、逆の手順でエレメントを取り付け、ステーを元に戻して一息つきました。

次にミッションオイルですが、156 V6はミッションケース下部にドレンプラグが2個あり、さらにケース上面にミッションオイルレベルゲージがあります。

2個のドレンプラグはそれぞれミッションとデフ用に分かれているらしいのですが、普通1個ですよね。

しかもミッションオイル用のレベルゲージも初めて見たし。

ミッションオイルは横穴から圧入してあふれ出てきたらOKってのが普通ですが、レベルゲージが付いてるってことは減ることが前提なのか?

なんだか意図がよく判らない構造なのですが、取り敢えず2個のドレンプラグを外して出てきた廃油を見ると、汚いのなんの。

ドレンプラグを戻し、レベルゲージ穴にチューブを差し込み、漏斗を使ってミッションオイルを流し込みます。

本日使ったオイル

・エンジンオイル:以前ペール缶で購入していたCastrol Fomura RS 10W-50
・ミッションオイル:以前M3用に購入した余りのWAKO's WR7590G 75W-90


本日の教訓

156 V6のオイル交換はプロに任せよう

体中が痛いです。




最後にフロントエンブレムを新品に交換して作業完了。

水曜日, 1月 06, 2010

工場萌え〜

↑の気持ちは判らんでもないな

仕事柄一部上場企業の工場に出入りすることもありますが、新幹線の車窓から見えるここの景色は特に美しく感じます。

いつも通過するのは夜。

それはそれで未来都市風の夜景に目を奪われるものですが、今日はたまたま夕方に通過。

iPhoneでなんとか撮影できました。

美しい

火曜日, 1月 05, 2010

ユーザー車検 M3篇

僕が所有して初の車検をユーザー車検で通すことにしました。

車検に先立ち、ミッション&デフオイルはA.S.H. FSE(エステル系最高級オイルでClioで一番感触の良かったオイル)を発注し、フロントブレーキパッドが残り5mmだったので個人輸入でFERODO DS2500を発注してましたが、年末年始を挟んだため間に合わず車検後に交換することになります。

ブレーキフルードもパッド交換と同時に全量入替え予定。

LLCは自分では処分できないので、BMWのプロショップに依頼するつもりです。

で、その他の箇所を昨日一通り点検しましたが不具合は一切なし。

さて、本日朝イチで車検場に到着。正月明けの車検場はご覧の通りガラガラ。

必要書類(以下)を整えて検査ラインに進入。

・自動車検査証
・継続検査申請書(OCRシート。検査場で35円で購入)
・自動車重量税納付書(窓口で交付。50,400円の印紙を貼付)
・自動車検査票(窓口で交付。検査登録印紙400円、審査証紙1,400円を貼付)
・自動車税納税証明書(継続検査用)
・自動車損害賠償責任保険証明書(新旧必要。新しい自賠責は検査場で加入可。21,750円也)
・点検整備記録簿(自分で整備する場合は24ヶ月点検内容に沿って作成。検査後の点検も可)

締めて73,985円也。

検査ラインも当然ガラガラなので、検査員にめちゃめちゃしっかり検査されました(^^;

光軸と排ガスが何故か×になりましたが、再検査で合格。

毎度のことながら、輸入車はエンジンブロックの車台番号の刻印位置が判り難く、一旦ラインを出てから別の場所で確認。

E46 M3(並行輸入)はエンジンブロックの右側面下部に刻印があるので、ハンドルを左に目一杯切ってホイールアーチ内から確認。

以上、約1.5時間ですべて終了。

走行距離25,000km
車検24年1月31まで
油脂類全交換
フロントブレーキパッド(DS2500)新品

2年間安心して乗れる2003年式E46 M3 要りませんか~?

土曜日, 1月 02, 2010

初走り

正月三箇日くらいはゆっくり過ごそうと思ってましたが、なんと年賀状にこんなものが混じってて・・・

やばいぞ・・・全然走りこんでない。

しょうがないので早起きしてひとっ走りしてきました。

お尻に火が付かないと動かないタイプなのでちょうど良かったかも。




いつものコースの途中にある廿日市大橋のてっぺん(海抜21m)から見る僕にとっての初日の出。


今年もよろしくお願い致します。