月曜日, 7月 27, 2009

Kangooオイル交換

今回のオイルは珍しく量販店で買った特価販売品のこれ。

通常の値段の半値以下で、4ℓ 2,480円也。

Kangooの指定オイルは10W-40ですが、省燃費で行こうということで5w-30にしました。

が、よくよく考えてみるとうちのKangooは10万kmオーバーな訳で、クリアランスも開き気味じゃないかと。

もう買っちゃったので時既に遅し。しょうがないので余っていたA.S.HのFSE 10W-50をブレンド。

Kangooには勿体無いスペックのオイルですが、もう使うこともないので有効活用しましょう。

オイル&エレメント交換するには、ルノー車のお約束事ですがエンジン前方の「鎧」を外さないとオイルエレメントにアクセスできません。

更にKangooの場合、オイルレベルゲージにすら手が届きません。

やろうと思えば出来るんでしょうが、外したほうが間違いなく作業性が良いです。

更に更にKangooの場合、エンジンルームが狭い上に前ヒンジのボンネットも作業性の悪化に拍車をかけます。

着座位置は普通の車とさほど変わらないのにエンジンが高い位置にマウントされているために、ブレーキマスターバックは相対的にエンジンルームの奥まった位置にあり、ブレーキフルード交換も気を使います。

総じて整備性はイマイチ。

因みに、オイルレベルを確認するにはエンジンスタート直後にメーターコンソール内のマルチファンクションメーターに表示されるOil OKの後にリセット/切り替えボタンを押すと、「〇〇〇〇   」(丸の数でオイルレベルを表現)という風に表示されます。

商用車ベースのくせして妙なところがハイテクやな。

ラテン系車のセンサーほど信用ならんものは無いので自分の眼で確かめたいものです。

さて、まずは化粧カバーを外してみてびっくり。

熱の影響でダイレクトイグニッションのコードを保護するフレキシブルホースがボロボロになっていたので全て撤去。

オイル&エレメント交換後、新しいホースに取り替えて「鎧」を付けて出来上がり。

エンジンヘッドカバー手前の黒い箱の正体をご存知の方、教えて下さい<(_ _)>

因みにエアクリーナーボックスはエンジンの後方にあります。

インテークパイプの途中にこれがあるのですが、中を開けることが出来ないんです。

パイプの端っこからライトで照らすと反対側から光が確認できたので、筒抜けになってるみたいです。

CDA的な渦巻き発生装置?んな訳ないか。

4 件のコメント:

  1. BMW用にGULFのGT40か50はいかが?
    僕が今、サポートしてもらってGT40をヴィータに使っているけどなかなか良いよ~

    ネットだと20Lが22800円くらいで売ってるしね。

    返信削除
  2. 》hide'sさん
    あぁ~
    ちょこっと遅かったです(T_T)
    カストロのFORMURA RSをペール缶で買ったばかりでして。
    http://raccoonscafe.blogspot.com/2009/06/blog-post_20.html

    これが空いたら使ってみますね(いつやねん)

    返信削除
  3. カングーは整備性悪いですよね。
    僕も初めてオイル交換する時、フィルターにもゲージにも手が届かなくて「なんじゃこりゃ!?」って思いました。
    後から「鎧」を外せば簡単ってわかったんですけど、いろいろ学ぶことが多いクルマです。

    ボクのカングーは取説にも整備書にも指定オイル粘度の記載がなかったです。
    で、ディーラーに確認したら5W-30だって教えてもらったんですけど、raccoonさんのは10w-40なんですか?

    あ、あと、
    ジャッキアップポイントにジャッキを当ててるにも関わらず、車体側が変形しました…。
    恐るべしルノーって感じです(^_^;)

    返信削除
  4. 》uraさん
    あれ?オイル粘度の件ですが、取説にそう書いてあったようななかったような。。。
    ちゃんと調べておきます(汗

    ジャッキアップポイントにジャッキを当てるとダメなんですね。了解!気をつけます。

    「ルノー恐るべし」は前車のルーテシアでよ~く判ってるつもりでしたが、まだまだ勉強不足です(^^

    いろいろ教えて下さいねm(_ _)m

    返信削除