水曜日, 5月 13, 2009

ユーザー車検 パンダ篇

昨日は登録抹消されてたPandaの新規車検を受けに陸運支局に行ってきました。

5回目の車検ともなると、あちこちに不具合を抱えつつも今は出ないでくれと願いながらラインに入るものです。

今回はサイドスリップ、光軸、スピードメーター、ブレーキがNGになるかどうか微妙な感じ。

一目でトーアウトと判るくらいなのでサイドスリップは先ずダメだろうと思いましたが、錆びで固着していたので自分でやるのは諦め、いつも落とされる光軸共々ダメだったらテスター屋さんにお願いするつもり。

一番最初のサイドスリップは予想通りNG。

光軸は今まで受かったことが無いのに一発で合格。

スピードメーターは標準より一回り小さなタイヤを履いてたので、誤差を考慮してパッシングし合格。

ブレーキは少し効きが弱いみたいです。何度かリトライした末、床が抜けんばかりに踏んづけてようやく合格。サイドブレーキも然り。

サイドスリップをテスター屋さんで調整してもらい、再検査で合格。

新規車検は継続車検と異なり、ボディー形状や車重が変わっていないかを入念にチェックされます。

ここでフロントタイヤがフェンダーからはみ出でると指摘されました。



やれやれ。

一旦自宅に戻ってフロントだけ純正に交換。

こうしてみると、エンジンルームにスペアタイヤが積まれている光景ってなんか違和感ありますね。

なんやかんやで時間を要してしまいましたが、何とか合格。晴れて公道を走れます。

区役所に仮ナンバーを返却し、その足でイタフラ車専門店IGNISさんに向かいました。

一昨日までちゃんと動いていたエアコンが車検を受けるために並んでいるラインで不動に。

検査対象じゃなくてヨカッタ。

ブロア自体がうんともすんとも言わないので、恐らくリレーかヒューズかなと思いましたが、どこにあるのかよく判りません。

IGNISさんに症状を伝えたところ、エアコンのメーカーを確認しただけでこれですねぇと指し示された場所には、見慣れない板状のヒューズが経年劣化で見事に折れてました。

この辺りが経験とノウハウなんでしょうね。流石プロ。




ヒューズを2本頂きお持ち帰り。

その他、細々したパーツの手配をお願いし、窓と屋根全開で帰路に着きました。

これが海岸沿いや新緑の農道なんかだったら最高なんでしょうけど、市内でも結構気持ち良かったです。


交換後、涼しい風が出てきました。

2 件のコメント:

  1. このPANDAでうちの地元でやってる
    ピッコロカップに参戦してください(笑)
    http://www.eurof.com/
    PANDAもイジると結構速いですよ~!

    返信削除
  2. ≫こぶさん
    うちのパンダは4x4なので無理っすww

    返信削除