日曜日, 2月 08, 2009

いつもの道

湯来温泉まで足を延ばして足湯に浸かりに行ってきました。

4m程の溝にお湯が張ってあり、右端からお湯が出てきて左端の吸い込み口に流れ込む構造なのですが、一番右に座った人は要注意。

最初は43℃くらいのお湯で快適に過してましたが、突然熱い(体感50℃)お湯が出てきて辛抱たまらず右端の僕だけ早々に上がり辺りを散策。

子供たちは暫く浸かってましたが、徐々にぬるくなって快適温度になったそうです。

湯来温泉は世界有数のラドン含有量を誇り、リウマチ、神経痛、ストレス、疲労回復に効能があるそうです。

これのお陰か一日中ぽかぽかした感じが続きました。

帰りにいつも気になってたCafeに立ち寄り遅いランチ。

外観はログハウス風ですが、中に入るとしっかりとした大黒柱と梁がありました。

駐車場には七福神の石像が並び、建物入り口にはシーサーが出迎え。

壁に鹿の首もあるし。。。不思議なCafeです。

なんにせよ木で囲まれた空間は何とも言えず落ち着くものです。


更にその帰り道に気になった店。

ケーキ屋さんかと思いきや、どら焼き屋さんでした。

中のあんにひと工夫があり、ラムレーズンやミルクにチーズといった変わりダネどら焼きと、生キャラメル風のミルクジャムを販売してます。


いずれもいつも山に行くときに通る道沿いにある店ですが、M3で行くときは走りに没頭してるので立ち寄らないポイント。

おなじ道でもスタッドレスを履いたプントで家族を乗せてのんびり走ると、ちょこまかと寄り道をして新たな発見がありました。

車も人生も、もう少しスピードを落としてゆっくり行こう。

2 件のコメント:

  1. 実は湯来線沿いはけっこう名店(?)揃いですよ。
    メシ(ランチ・定食)のうまい喫茶店がとても多いです。

    返信削除
  2. 》tetsu24さん
    そ、そーなんですか?ぜんぜん知らんかった。
    今度教えてくださいm(_ _)m

    返信削除