日曜日, 2月 22, 2009

Birthday


昨日ン十ン歳の誕生日を迎えました。

この歳になると当日の朝まで忘れてたくらいで何の感慨もありませんが、祝ってくれる者がいる事は幸せなものです。

P→P

ご近所のPorsche乗りの方の自宅前を通りがかったら、いつの間にかPeugeotに変わってました。

この方、確か以前Fに乗ってたそうで、

伊→独→仏

MR→RR→FF

V8→Boxer6→直4


ときたら、次は英・FR・V12のアストンしか無いじゃん。

と思ってよ~く考えたら、どんどんダウンサイジングしているんですね。

となると、次は日・直3・4駆のジムニーかな。

日曜日, 2月 08, 2009

いつもの道

湯来温泉まで足を延ばして足湯に浸かりに行ってきました。

4m程の溝にお湯が張ってあり、右端からお湯が出てきて左端の吸い込み口に流れ込む構造なのですが、一番右に座った人は要注意。

最初は43℃くらいのお湯で快適に過してましたが、突然熱い(体感50℃)お湯が出てきて辛抱たまらず右端の僕だけ早々に上がり辺りを散策。

子供たちは暫く浸かってましたが、徐々にぬるくなって快適温度になったそうです。

湯来温泉は世界有数のラドン含有量を誇り、リウマチ、神経痛、ストレス、疲労回復に効能があるそうです。

これのお陰か一日中ぽかぽかした感じが続きました。

帰りにいつも気になってたCafeに立ち寄り遅いランチ。

外観はログハウス風ですが、中に入るとしっかりとした大黒柱と梁がありました。

駐車場には七福神の石像が並び、建物入り口にはシーサーが出迎え。

壁に鹿の首もあるし。。。不思議なCafeです。

なんにせよ木で囲まれた空間は何とも言えず落ち着くものです。


更にその帰り道に気になった店。

ケーキ屋さんかと思いきや、どら焼き屋さんでした。

中のあんにひと工夫があり、ラムレーズンやミルクにチーズといった変わりダネどら焼きと、生キャラメル風のミルクジャムを販売してます。


いずれもいつも山に行くときに通る道沿いにある店ですが、M3で行くときは走りに没頭してるので立ち寄らないポイント。

おなじ道でもスタッドレスを履いたプントで家族を乗せてのんびり走ると、ちょこまかと寄り道をして新たな発見がありました。

車も人生も、もう少しスピードを落としてゆっくり行こう。

土曜日, 2月 07, 2009

ポルシェ911 PDK試乗

久々に家に帰ると、以前964カレ2を試乗させて頂いたときからお付き合いのある(と言っても何も買ってませんが)ディーラーから911試乗会のDMが届いてたので早速予約を取って試乗してきました。

買えないことは重々承知してるので今まで見てみぬフリしてましたが、PDK(7速ポルシェ・ドッペルクップルング)とDFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)、要するに2ペダルMTと直噴が搭載された事に興味をソソられたので勇気を出して(^^乗ってみました。


964試乗以来の最新の911は別モンでした。

フロントのカエル目玉とサイドミラーに映るリアブリスターフェンダーを見ない限り、フツーの乗用車と何も変わりません。

フツーに発進し、フツーに加速し、フツーに停まります。

ぜんぜん癖が無いんですよね(不満)


印象的だったのはPDKの出来栄え。VWのDSGとタメを張れるくらいの完成度でした。

いや、シフトスピードはそれ以上かもしれません。

流す程度だといつ変速したか判りませんし、ポンポン上のギアに入って50km/hなのに6速で走ってました。

スポーツカーと言えども環境を意識して燃費を向上させないとならない時代。

直噴ときめ細かな変速プログラムで燃費は大幅に向上しているとの事です。

但しスポーツモードを選択するとそれなりの走りをし、加減速共に変速スピードが極めて速いため峠に持ち込んだら楽しそう。

ケイマンSにPDKの組み合わせなら欲しいかも。

この不況の折、高級スポーツカーの売れ行きはどうなのか興味があったので聞いてみましたが、ぜんぜん売れてない様です。

なんか暗い話ばかりですね。

ロール

昨年末のETCCの写真がアップされてました。

うちの車のロールっぷりと車高が突出してました(笑

こんなにロールしてたんですね。運転している本人はさほど感じてませんでしけど。。。

もう少しシュアな挙動になるように詰めていきたい所ですが、車高を落とすとガレージの入り口を加工しなければならず。

スプリングを固めるだけじゃ普段の乗り心地が悪化するだけだし。

やっぱり強化スタビを個人輸入しようかな。円高だし。


ところで、今年最初のETCC岡山第1戦ですが、
諸事情により見送りします(T T/~~~

月曜日, 2月 02, 2009

違反者講習

はい、今回も受けて参りました120分の違反運転者講習。

千数百円も払って2時間のしょ~~~~~~~もない話に付き合わないといけない極めて無駄な時間でした。

その中で、ひとつだけ有益だったのは事故時の応急処置の方法とAED(Automated External Defibrillator=自動体外式除細動器)の使い方について勉強できたこと。

講師はテキストの何ページに書いてあるので各自読んでおいて下さいと軽く触れただけでしたが、事故に遭った時に何をすべきかということこそをきちんと講習して欲しいものですね。

日曜日, 2月 01, 2009

免許証

免許の更新に行って来ました。

新たに配布された免許証には新設された中型(8t未満の中型車が運転できる)と記載されてました。

8tの中型車って結構大きいですよ。簡単に運転できるもんじゃありません。

そんな輩に無条件で中型免許渡して良いのか警視庁。

中型車枠新設の目的はというと(警視庁HPより抜粋)。。。

○最近の交通事故を車両別で見ると、車両総重量5トン以上の大きな車による死亡事故が顕著に高く、それを防止する必要がある。

○年々車両が大きくなっていることもあり、現状の自動車事情に対応して免許制度の見直しを図る。

と訳の判らんことを書いてますね。


それと、ICカード化に伴い免許証の厚みが増しました。

また、プライバシー保護のため本籍の記載がなくなりました(つか本籍欄がブランクになっただけ)。

ICチップを埋め込んだ理由は偽造防止の為だそうです。

そのコストは我々が負担(450円)しなければなりません。


無意味な事はやめて欲しいです。

コーティング

僕は洗車は基本的に嫌いなので余程汚れない限り水洗いはしません。

基本はフクピカでササッと拭いてお終い。

ガレージの外に停めてるプントは2回/シーズンくらいは洗車するかな。

うちの近所に必ず毎週末に路上で洗車する洗車大好きおじさんが住んでます。

暑い日も寒い日も、雨が降らない限り必ず愛車を手洗い洗車。

その息子さんも同じ行動パターンで、週末毎に繰り返される洗車風景。

現代の塗装品質、環境問題、水道代、時間のことを考えると、そんなに頻繁に洗車しなくてもなんて思いますが、まぁこのファミリーの趣味なんでしょうね。

ところで、うちのM3は納車時にサービスでチタンコーティングなる怪しげなコーティングを施してもらってますが、このコーティングってコンパウンドなんかで磨いたりするとどうなるんでしょう?

サーキット走行後はボディのあちこちに付いた黒いタイヤカスの跡をコンパウンドで落としてますが、やっぱり擦ったところは剥げるんでしょうか?

なんてことを思いながら特になんもしてません。

だって飛び石や砂遊びの跡の方がひどくてコーティング云々のレベルじゃ無いんですよね~

ボディ下部を保護するフィルムって無いのかなとググって見たら、あるんですね。これなんかずばりそのもの。