月曜日, 8月 11, 2008

ブレーキシステム

M3のキャリパーはフローティングタイプです。
いわゆる片持ち(1ポッド)。

これは歴代M3はもとより、M5も同じシステムなんですね。

5ℓV10エンジンで507psを叩き出す1.88tの重量級サルーンのM5。
0-100km/h加速が4.7秒であるのに対し、
100-0km/hまでわずか2.6秒。

キャリパーは片持ちですが、コンパクトに設計できる分ローターを大径化することで制動力を稼いでいます。

ローターもベルハウジング別体のフローティングタイプで、コンパクトなキャリパーはローターの放熱性UPにも寄与します。

走行風を利用したブレーキ系統の冷却もよく考えられており、確かに片持ちで十分と思わせます。

ポルシェのブレーキは宇宙一とよく表現されますが、BMWのそれは箱車ではNo1ではないでしょうか。
決してガツンと効くタイプではありませんが、真綿で締め付けるような感じ。あそこに停めようと思ったところに停車できます。

絶対的な効きよりもコントロール性重視といったところですね。
これはMモデルだけでなく、全モデルに共通する感覚です。

しかしサーキットをハードに攻め込んでるとやはり役不足。
それと見かけがイマイチ。

で、ヤフオクで出物を発見したのでウォッチリストに登録してたんですが、あっちゅうまに予算オーバーであえなくリタイヤ。

Bremboより評判の良いAP。前後セットで欲しかったなぁ~

一方でショックは意外と安く落札されてました。

オーリンズは好きなメーカーですが、前車と同じなので今度は別のをつけてみたいな。

ACシュニッツァーの車高長が評判が宜しいようで。

いずれにしても、Clioを弄るようには行きませんね。
予算が相当掛かりそうなので貯蓄に励みます。

そういえばツリーハウスも計画段階で頓挫してますし、今年は中途半端な一年になりそうな予感です。

4 件のコメント:

  1. へぇ~、Mって片持ち1ポッドなんですか!?
    意外です。
    ま、形式が何であれ、性能・効きがよければ何の問題もないですけどね!!

    しかしそうなるとあの135iの6ポッドってのはエライ気合が入ってますね!!

    返信削除
  2. 》tetsu24さん
    そーなんですよ。135iを試乗したとき、あの6ポッドだけ欲しい、何とか流用できないものかと真剣に考えてました^^

    週末、気をつけていってらっしゃい(^^/~~~

    返信削除
  3. 鈴鹿、私の参加者用パスとは別に、サポートカー用のパドック入場パスが一緒に送られてきました。適当な時間に入場できるのではっ!?!?
    ご家族連れで来ますぅ????? 遊園地入場券ももらえるみたいっすよ! (^_-)-☆

    返信削除
  4. 》てつさん
    今週は家族サービスに専念するので大阪、山陰とあちこち行くんですよ。
    さすがに山陰行った後に鈴鹿はねぇ・・・
    おとうちゃんが倒れます(^^

    ホンマにコルベットで走るんですか?
    くれぐれもお気をつけて!

    返信削除