日曜日, 1月 20, 2008

鈴鹿サーキット

2月9日(土)は鈴鹿サーキット遠征。

初鈴鹿なので30分×2本でどれだけ攻められるか未知数ですが、目標タイムとしては1分45秒を切りたいなと。→こちら

もう今からワクワクしっ放しで、インターネットで拾ってきた車載ビデオを見てイメトレ中です。

問題はどっちを連れ出すかなんですが、当然走り慣れたClioの方が安心感が高いものの、鈴鹿のような長いサーキットではパワー不足感は否めません(走ったこと無いのに)。

ホームコースの岡山国際サーキットと比べると、

【岡山国際サーキット】
  総延長:3,700m
  メインストレート:600m
  バックストレート:700m
  



【鈴鹿サーキット】
  総延長:5,800m
  メインストレート:800m
  バックストレート:1,200m

とふた周り大きな印象です。

更に、高低差が岡山29mに対して鈴鹿40m。

パワーのある車が断然有利ですね。

一方のM3は、フルノーマルの上、いきなりぶっつけ本番となります。納車も微妙だし。

おまけに、念のためブレーキパッドだけでも換えておこうとオーダーしたブツは何故かリアパッドがE39用。ったくどないなっとんねん(怒

更に悩ましいことに、2009年からF1再開が決定し、それに向けたコース改修のため当面の間は走れそうにありません。

今回は数少ないチャンスなのです。

もう少し悩みます。。。

日曜日, 1月 13, 2008

annbellさん来広歓迎カートグランプリ

本日、関西から来広されたannbellさんの歓迎オフを兼ねて第二回カートグランプリを開催。

今回は初出走の5名を含む10名が参加。
台数が多いことから2クラスに分けて予選・本選を実施しました。

予選を終わってみると、普段サーキットをガンガン走ってる3名(annbellさん、tetsu24さん、僕)がBクラス。

なんでやぁ~!?

こちらは速いチームのAクラス。

ハイレベルでした。

それに引き換えBクラスの面々は。。。
完熟走行でスピンしてみたり、本選で山登りしてみたりとボロボロ ^^

毎度の事ながら納得行かない&もっと走りたい7名が2回目の本選を走り、大満足の一日でした。

さて、このカートという乗り物ですが、右足でアクセルペダルを、左足でブレーキペダルを操作し、ハンドルの切れ角は90°足らず。ブレーキは左リアのみで、ちょっとでもラフな操作をすると直ぐスピンします。

自分の車でサーキットを走るときに意識しているブレーキ操作の感覚とか荷重移動とかはあんまり通用しません。っつーか挙動が非常にダイレクトに出るので、実は普段キチンと出来ていないのかも知れません>僕

F1レーサーもカート出身者が多数を占めてることより、カートで速い人はサーキットでも速いんでしょうね。

また、同じ車体、同じエンジンなのでイコールコンディションの様に思えますが、実はマシンによっても特性が異なり、前回乗ったマシンはブレーキが非常にピーキーでしたが今回はコントローラブル。

1コーナーエンドや最終手前のシケインなんかはテールスライドしっ放しでめっちゃ面白かったです。

調子こいてカウンター当て過ぎて丘に乗り上げてしまいました。。。(^^;

結果はと、誰が誰やら判らないので今回は無しということでm(_ _)m

次回はチーム対抗耐久レースとか企画しましょう!

水曜日, 1月 09, 2008

プントでサーキット!?

昨年のPOTENZA EXCITING STAGEに出場する為に泣く泣く交換したNEOVAが永い間ガレージで眠ってます。

意外とRE-01Rが減らないのでこのまま眠らせるのも何だし、せっかくなのでプントに履かせることにしました。

たまたまヤフオクでBORBET Type CBの新品が激安で出てたので落札し、近所のオートバックスで組み付けだけしてもらいました。

まだスタッドレスを履いてるのでインプレできませんが、もう少し暖かくなったらNEOVAを履いたスーパー(マーケット)快速仕様プントになります。

あぁまた無駄遣いしてしまった。。。


ところで、このBORBET、ドイツ製でVWなどに純正採用される程ポピュラーなホイールなのですが、ホイールは軽さが命という信念を持つ僕としては重量を計測してみなければ気が済みません。

体重計を引っ張り出して量ってみたところ、タイヤ込みで15.5kg(15inch 6.5JJ)。
純正14inch 6JJが14kgなので順当ですかね。

因みにTE37の場合、12.5kg(15inch 7JJ)です。

火曜日, 1月 08, 2008

二輪でサーキット

走行枠終了後、ピットをご一緒したライダーさんと話す機会がありました。

彼は250ccクラスでオートポリスのレース(何だったか忘れました)に参戦しているそうですが、今日はたまたまシェイクダウンで岡山国際に走りにきたとのこと。

バイクでサーキットを攻めるのってどんな感じなんでしょう?
原付しか乗ったことの無い僕は60km/h以上のスピードは未知の世界です。

観てるとそら恐ろしい角度で車体を傾けてコーナーを抜けて行きます。
裏ストレートでは200km/hくらい出るそうです。
500ccクラスだと240km/hも出るそうです。

実際にはタコメーターしか付いてないので正確な速度は判らないそうですが。。。

それでもすげー!こぇー!
絶対ムリ。尊敬します。

日曜日, 1月 06, 2008

自己ベスト更新するも。。。

今日は岡山国際サーキットにて初走り。

ここ数日の押し付け家族サービスが功を奏してお許しが出ました。
恐らく不憫に思ってくれたのでしょうけど。。。

10日ぶりにClioのエンジンを掛けましたがクランキングが重い重い。危ねー。
そろそろこのドライバッテリーも寿命かな。

いつもの如くギリギリで到着したところ、既にクリオクープのMパパさんがスタンバってました。

もう少し余裕を持って準備しなければダメです。今日も1本目はショックの減衰力調整をすっかり忘れてました。

今回のテーマは、New Sタイヤ(DIREZZA 03G)導入によるタイムアップと、Mパパさんに勝手にコース攻略押し掛けレクチャーを受けること。

1本目は皮むきのために4週程ゆっくり走ってタイムアタックに突入するも、2コーナーでスピン。
初滑りでした(←パクリ)。

LAP SHOTが機能していなかったので、ピットインしてセンサー角度を調整。

再度タイムアタックしましたがなかなかクリアが取れず、結局今日のベストタイムはこれ。

Sタイヤ履いてコンマ4秒しか更新できませんでした(T T)

原因は、ブレーキングがイマイチで全然乗れてなかったため。

ストレートエンドでフルブレーキをかけると以前と同じような症状(激しくケツ振り)+右に巻き込む動きが出ます。

相当手前からじんわりブレーキを踏まないと恐いのなんのって(多分後続の車にも迷惑をお掛けしたことと思います)。

どうもアライメントが狂った様子。
スピンした際に縁石を横向きに乗り越えたからか?

課題と言うとシフトアップポイントですが、今回はMパパさんのレクチャー通りアトウッドで3速、リボルバー前で3速を実践してみました。

2本目、Mパパさんに付いて必死で後を追います。

アトウッドは何となくいい感じになりつつありますが、リボルバー前は2速の方がしっくりきます。
ここはもう少し練習しないといけません。

しかしMパパクープ、速いです。
ラインを見せてもらう為にゆっくり走って頂いてるのですが、コーナーを抜ける度に離されます。

走行後に指摘されたのがコーナリング中のアクセルワーク。
最初オーバーで途中からアンダーになってるとのこと。

確かにクリップを取っていきなりアクセルを開けてます。
で、アンダー出るとアクセルを抜いてタックイン。
とっちらかってますね。

今日は特に右コーナーが全然ダメでした。左はクイッと曲がってくれるのですが、右はアンダー出まくり。

家に帰ってキャンバー角をチェックしてみると目視で判るほど左が立ってました。
サスをバラすとマジックキャンバーの偏心ボルトが意味を成さない状態で付いてました。

やはりマジックキャンバーを使ってのなんちゃってキャンバーじゃダメですね。
ピロアッパーにしてキャンバー調整できるようにしないと。

次の課題が幾つか明確になったのが今日の収穫です。

Mパパさん、今日はありがとうございました。

木曜日, 1月 03, 2008

ボディカラー

車の色の選択って結構迷いますよね。

最近最も多く見る色は、無難で汚れの目立たない明るめのシルバー系。

Clioも明るめの少し青みがかったシルバー。
その前の車はガンメタ。
その前の車はシルバー。

実は僕もシルバー系の所有率が高いです。

これは中古車を選ぶに当たっては、やはり流通量が多い色が見つけやすいからだと思います。
逆に好みの色を選ぼうとすると仕様が合わなかったり、価格が高めだったりしてなかなか思い通りに行かないのが中古車選び。

今回選んだM3のボディカラーはスチールグレーというガンメタに近い濃いグレーメタリックです。

M3はイメージカラーのフェニックスイエローが一番好きなのですが、僕の探した限りではチタンシルバーという普通のシルバーが最も多く、その次にアルビンホワイト、カーボンブラック、フェニックスイエロー、トパーズブルーと続きます。

こういうスペシャルな車はド派手なカラーの方が合うと思うのですが(そうしないとサーキットやオフ会で全然目立ちません)、逆に敢えて箱車を選ぶ心理からすると『ワタシ脱いだらすごいんです』的な秘められたポテンシャルをいざという時に発揮できる優越感を味わうためにあまり目立たないカラーをチョイスするのかな。

かく言う僕は当然フェニックスイエローとカーボンブラックを中心に探してたのですが、何故かサンルーフ付き又はオートマ率が異常に高いのです。

スチールグレーはこれまで見たことが無かったのですが(実際に希少らしいです)、964を見に行ったショップにたまたま展示されてて衝撃を受けたのでした。

それは地味ですが精悍であり、色自体は目立たないのにデザインが自己主張しているといった印象。


ガンメタのR32 GT-Rを初めて見たときの衝撃が蘇ってきました。
デザインとカラーとスペックから、それは正に走る戦闘機とも思えるものでした。

でも実際こうして比べてみるとかなり違いますね。M3っておデブな感じ。。。

水曜日, 1月 02, 2008

走りに行きたい

このところ家の用事で全然走りに行けません。

今日も岡国に行く予定でしたが、いろいろと用事が入って身動きできず。
ひと月以上空くと禁断症状が出てくるようになりました。
せっかくSタイヤ新調したのに。。。

取り敢えず今日初詣と厄払いに行って参りました。
早速引いたおみくじは大吉。
これでひと安心。

今年も良い年になりますように。

宜しくお願い致します。