水曜日, 12月 31, 2008

なんちゃってキャンバー

大掃除が一段落したので今年最後の車弄り。

M3のお手軽?プチモディファイのひとつでフロントネガキャン化計画。

先ずフロントセクションをジャッキアップ。

ストラットタワーバーを取り外し、アッパーマウントの取り付けボルトを外します。





ストラットの落下防止のためにフロントタイヤを何かで支持しておきましょう。








位置決めの六角ボルトを取り外すとフリーになるので、取り付け位置を目一杯内側に寄せてアッパーマウントを固定。
















右側には+ターミナルがあるので、ストラットタワーバーのベースプレートを取り外すにはラバーを持ち上げてターミナルを上にずらさないといけません。















5mm程内側に入りました。

角度にして約1度だそうです。






ストラットタワーバーを取り付けて出来上がり。

近所をぐるりと一回りしたインプレを。






ぜんぜん判りません(爆

皆さん、良いお年を!

月曜日, 12月 29, 2008

ランサーエボリューションⅩ試乗

いまさらながら、試乗してきました。

目的はと。。。

ヤフオクに出てた純正シート(RECARO SR-11のOEM)の座り心地を確かめるためです(三菱さんゴメンナサイ!!!)

車は良いです。文句なし。

SSTの出来も素晴らしいしブレーキの剛性感もハンパね~。

スタイリングもインプレッサよりもこちらの方が好みですね。

シートもさすがRECAROだけあってセミバケなのにホールド感最高!

気になったのはディーラーの営業マン(正確にはウーマン)。

暮れも押し迫った28日の夕方、オレンジのプントに乗ってきたおっさんがいきなりランエボに試乗させて下さいとぬかしたにもかかわらず、平然とどうぞどうぞと勧めて横に乗り込んだまでは良いとしても、試乗中の質問が乗換えをお考えですか?車検か何かですか?の2点だけ。

こちらも、まさかシートの座り心地を確かめに来たとは口が裂けても言えず、まぁそんなとこですと無難な答えで会話終了。

試乗から帰るとショールームに案内され、あれやこれや感想などを聞いてくるのかと思いきや、カタログを渡されただけ。

アンケートも何も無し。

大丈夫?

と他人事ながら心配になってしまいました。

まさかこちらの意図を最初から見透かしてたのか?

無駄な時間と手間を省いたのかも。それはそれで凄腕。

日曜日, 12月 28, 2008

冬支度

11月頃からプントのスターターの勢いが弱ってきてました。

前回交換して2年しか経ってないのに、さすが悪名高きBOSCH。

そろそろやばいかな~と思った矢先、今朝イグニッションキーを捻ったら ククッ・・・ンン。。。

3度目でやっとかかりました。
ハァ良かった。

外出から帰って速攻でフル充電し、AC DELCOを発注。
えぇし○出る娘じゃありません(爆

ついでにスタッドレスに換えとこうとジャッキアップしたところ、2年以上ブレーキフルードを交換していないことを思い出しました。
これまたついでにフルード交換。
プントのリアブレーキはドラム式。

初めて見ましたドラムブレーキの中身。

ブレーキシューが減ってたのでEBCのシューを発注。

自分で交換できるのか若干不安。

ブレーキフルードの交換作業に取り掛かります。

プントのフルード量は450cc。

Clioに使ってたBPのDOT4が500cc程余ってたので、オーバースペックですがこれを使いました。

リアのブリーダーバルブは7mm。

褐色の古いフルードとともにエアも出てきました。

ファミリーカーなのでこの辺はあまり気にしない(^^;





フロントのブリーダーバルブは8mm。

何故サイズが違う?






純正ホイールにヤフオクで落札したスタッドレスを履いて冬支度完了。

土曜日, 12月 27, 2008

直線番長

ところで、こんな車ともバトルできました。

TVR T350c

全長4mに満たない車重1,180kgの軽量コンパクトボディに350ps/40.1kgmを発生する直6エンジンを詰め込んだ怪物くん。

ストレートはそらもう速いのなんの。

コーナリングは苦手なご様子です。Sタイヤ履いてるんですけどね。

タイトルは自戒の意を込めて(爆

自己ベスト更新するも・・・

ETCC決勝1ヒートで出した1'54.19が自己ベストタイムとなりました。

2ヒート目は最後尾からのスタートだったので、混雑するコースを掻き分け掻き分けての走り。

ストレートで車の性能を利用してゴボウ抜きするものの、インフィールドでは318isと良いバトルというか、はっきり言って遅いくらいです。

相手はがんがんブロックするし、脇からぐいぐい頭をねじ込んできます。

こちらはぶつけられたくないのですんなり譲ってしまうんです。

どうせストレートで抜けるんだからという思い上がりもありました。

これじゃダメなんですよね。反省。


また、タイトコーナーは、やはり車重が気になります。

うちのM3は並行輸入車なのでディーラー物より30kg軽い1,530kg。

それでもクリオと比べると500kg以上重く、物理の法則には逆らえないのは事実。

取り敢えず1.5tは切りたいです。

前席2脚ともフルバケにすると30kg程度は軽くなるはず。

さらに、まだまだ乗りこなせてないので果敢に攻めることが出来ないのです。

この車で岡国を走ったのは今回を合わせても7本目。全くの練習不足です。

各コーナーでコンマ2秒ずつ詰めることが出来れば2秒短縮できるはず。

コンマ4秒詰めると50秒切りも見えてきます。

軽量化と練習と攻める意識の3点セットで目指せ40秒台!

サスペンション、ブレーキはノーマル。それもラジアルで達成することが来年の目標です。

木曜日, 12月 25, 2008

ETCC衝撃のフィナーレ

仕事の合間を縫って23日に岡山国際で開催されたETCCに参戦しました。

取り敢えずの目標は完走です(^^;

ちょうど2年ぶりのレース形式の走行会とあって、わくわくと不安が入り混じっての予選開始。

大渋滞でクリアラップは当然取れません。

6ラップ中かろうじて5ラップでベストが出、36台中11番グリッドに。

クラス4位の位置です。

表彰台はというと、クラス3位のデルタが52秒台。僕の自己ベストが54秒台。

んん。。。

決勝は一旦車検場前に整列し、1位から順にピットレーンに入場していくのですが、ちょうど1位のエキシージ(VTECエンジン搭載!)と11位の僕の車が横並びになりました。

並んでみるとミニバンと乗用車くらいの着座位置の違いがよ~く判りました。

でも自宅ガレージへのエントリーの関係でこれ以上車高を落とせないんですよね。

せめてフルバケ+4点式に早くしないと走りに集中できません。

決勝1ヒート目はシグナルスタートのタイミングがイマイチ掴めず、1コーナーで12番グリッドのE36M3にパスされて1コ順位を落としました。

2周目の1コーナーで順位を回復し、3週目に前の147GTAをパス。

4週目以降は前のデルタには離されるし後ろのGTAとの差も開き一人旅状態。

2~5周は安定して54秒台前半を刻むことが出来、概ね満足。

最終ラップは順位確保で流して10位でフィニッシュ。

今回のETCCは1位から7位のグリッドをリバースして第2ヒートを迎えるルール。

まかり間違えて7位でフィニッシュしたらどないしょ

という心配は全く不要でした。わはは(汗

午後の2ヒート目は15:30分スタート。20分前には整列しないといけないのですが・・・

ちょっといろいろありまして、なんやかんやで気付いたら10分前。

急いで車検場前に向かったところ、皆きれいに整列済み・・・

またしてもやってもうた~

お約束の最後尾スタートですわ。

ま、第1ヒートであまりバトルが出来ずちょっとだけ欲求不満だったので、これはこれで楽しかったです。

最終的に真ん中当たりでフィニッシュ(クリスマスなのに出張先で書いてるので順位表が手元にありません)。

いやぁ楽しかった。

loud-aliveさん、annbellさん、Mパパさん、かいまんさん、ともぞうさん、tameさんと多くの方とお会いでき、バトルも楽しめ、仕事のストレスを一気に解消できました。

来年はフルエントリーしたいな。

もういい加減ノーマルは限界なのでモゴモゴww

土曜日, 12月 20, 2008

ポータブルナビ

プント用に念願のポータブルナビを取り付けました。

SANY○でもなくS○NYでもなくGARMINという米国のメーカー。

GPSナビの機能が優れていると専らの噂です。

実際使ってみたところ、素晴らしい精度です。リルートもびっくりするくらい早いし。

ひょとするとM3に付いてる5年前のHDDナビよりも性能が良いかもしれません。

操作性は100倍良いです。

全ての操作をタッチパネルで行いますが、反応もそこそこ良くなんの不満もありません。

内蔵バッテリーで持ち歩きも出来るし、海外旅行時にレンタカーに付けて使うことも出来そうです。

不満点は次の3つくらいかな。

シガープラグと電源コードが大きく太いのが米国製ならでは。

また、リルートは早いけれどイマイチな道ばかり案内します。

目的地検索は登録されている電話番号が少なく、その近所すら案内してくれません。

実売は4万円を大きく切る価格だったのでこんなもんでしょう。

ファームのアップもPCに繋いで簡単に出来るので車を乗り換えてもずっと使えますね。

金曜日, 12月 19, 2008

ETCC

23日のETCCにエントリーしました。

無謀にもレースクラスに。

ETCCは前回からWTCCを意識して1位~8位までのグリッドを入れ替えての2ヒート制になったそうです。

えぇ~6週×2回も真剣に走らなあかんの~

期待半分不安半分。

昼過ぎに申し込んだのですが、もう掲載されてましたよ。

夕方、どのクラスにします?と携帯に連絡があったので、クープのMパパさんと同じクラスはやめてくれと頼んだのですがその下のクラスも強豪ぞろい。

トミーカイラにエリーゼにデルタ・・・画像で見る限りバリバリのレース仕様やん。

こちとら3点式シートベルトの腰高重量級自前整備車なんですけど。

ま、WTCCばりにぶつけないよう気をつけて楽しんできます。

木曜日, 12月 18, 2008

出張セット

今週のホテル。

ファミリールームのシングルユースです。

1週間まるまる空いてる部屋がたまたまこれしかなかったので。。。

ベッドが4つもありますが、やっぱり壁際が落ち着くので使うベットは1つだけ。

すっかり出張続きなので出張準備も板に付いてきました。

キャリーバックにシャツ、圧縮パックに入れた下着類、ブリーフケース、PC、雑誌を詰め込みコロコロと引っ張って歩くのですが、キャリーバックって意外と不便なことが判ってきました。

先ず、基本的に段差に弱い。

このキャリーはスケボーメーカー製なのでキャスターはしっかりしたものが付いてるんですが、当然階段はNG。

エスカレーターの無いところでは重いバッグを抱えて上り下りしないとなりません。

そして混雑している電車では超迷惑。

更に、混雑している駅構内等では他の人にとって通行の邪魔以外の何者でもありません。

今までこれに「けつまづいて」転んだ人約2名。

申し訳無いので出来るだけ体に密着して引っ張ってるんですけど。。。

しかし、2泊以上となると手持ちカバンでは体力が落ちつつある身にはキツイのも事実。

という訳で多少の不便を感じつつも総合的な移動の楽さではキャリーバック以外は考えられませんね。

ホテル内で出来るだけ快適にすごせる様に導入した画像下のロジテックSkyLinkは小型で持ち歩けるモバイルブロードバンドルーター。

ホテルの有線LANをこいつに接続すると、プライベートWi-Fi環境の出来上がり。

PCもiPod Touchも快適に使える優れものです。

とまぁ、移動中と滞在中はそれなりに充実してきましたが、やっぱりホントは家に帰りたいです~

日曜日, 12月 14, 2008

M3 ブレーキフルード/デフ・ミッションオイル交換

来週のETCCに向け油脂類を交換しました。

というものの、23日はもしかすると仕事が入るかも知れないので実はまだ申し込んでません。

とっくに締め切りは過ぎてますが、締切日に電話してみたら、なんか全然大丈夫っぽかったのでぎりぎりまで調整してみます。

さて毎度のことですが、輸入車は国産とは異なるサイズのボルト&ナットが多く使われているため事前にチェック。

キャリパーのブリーダープラグが9mm、デフのドレンとフィラープラグが12mmの六角でしたのでホームセンターにて調達。

9mmのメガネってあんまり置いてないんですよね。

続いてデフとミッションのフィラープラグからミッションオイルを注入する適当なツールを探します。

Clioの場合はFFなのでエンジンルームからアクセスできるところにフィラープラグがあったため、こんな感じで注ぎ込むことが出来ましたがFRは無理。

サクションガンがあれば楽勝なんですが、そんなもんホームセンターに置いてません。

だったら通販で購入するという手もありますが、滅多に使わないものに送料込みで4,000円近く払うのもねぇ

で、考え付いたのがこちら。

シャンプー等の詰め替え用容器にシリコンホースを取り付けて、ひたすらシュコシュコする作戦。

名付けてオリジナルサクションポンプ。〆て800円也。

こうやってDIYのための自作ツールを考案するのもまた楽し。

今回入れたオイルはこちら。

ブレーキフルード:WAKO'S SP-4

ギアオイル:WAKO'S WR-G

どちらも初めてですが、レース屋さんの評判も良い様なので一度試してみたくて。

先ず右リアをリフトアップし、デフのドレンプラグを外して古いオイルを排出しつつ、ブレーキフルードを交換。

こういう作業はいっぺんにやった方が楽なので段取りが大事です。

ドレンプラグを締め、フィラープラグにシリコンホースを差し込み、シュコシュコ。
失敗しました。300回くらいシュコシュコしなければなりませんでした。

更にブレーキフルード排出のため右足でブレーキペダルをシュコシュコ。

マスターバックから一番遠い右リアから始め、左リア、右フロント、左フロントと徐々に近付いて行き、1ℓを入れ替えて完了。

続いてミッションオイル交換のため、アンダーカバーを外します。

M3はエンジン下とミッション下の2箇所にアンダーカバーが付いてます。

最初エンジン下のアンダーカバーを外してドレンプラグを一生懸命探してたので大幅に時間ロス。

さらにミッション下のアンダーカバーは知恵の輪状態で取り外しに苦労しますが画像は無し(こちらを参照して下さい)。

やっとのことでミッションが姿を現しました。

赤丸がドレンプラグ。青丸がフィラープラグ。

先にフィラープラグを緩めてドレンプラグを外します。

理由は、先にドレンプラグを外しちゃうと万一フィラープラグが外れなかったら自走できなくなるから(だそうです。なるほどね)。

ここも同じく自作サクションポンプで都合400回くらいシュコシュコ。

腕と足はダルくなるし、床は冷たく狭いし、ギアオイルの独特の硫黄の香りが鼻に残るしで、久々に下にもぐっての整備は結構疲れちゃいました。

夜になったので飯食って風呂入ってお終い。

インプレは次の土曜日。


1万キロ走行後のデフオイル。

ミッションオイルは意外にもきれいでした。


E46 M3を自分でメンテナンスされる方がどれだけ居るか判りませんが、何かの参考になれば。。。

但し、くれぐれも自己責任でお願いしますね。特にブレーキ周りは自信が無ければプロに任せた方が無難です。

日曜日, 12月 07, 2008

プント オイル交換

備忘録。

前回の交換から半年経過。

今回はどういう訳か上抜きで2ℓしか抜けませんでした。

いつもは2.3ℓ。0.3ℓはいずこへ?

また、プントのオイル容量は2.8ℓなので常に0.5ℓ程度は古いオイルが残っていることになります。

やはり下抜きの方が精神衛生上良さそうです。


シェブロン 10w-40を2.2ℓ注入して終了。

時間にして20分。

コストは約700円(除 人件費)。

新型フェアレディZ 試乗

久々に試乗してみたいと思える日本車が発売されました。

ポルシェ ケイマンSとBMW Z4をターゲットに開発したという日本伝統のスポーツカー。

ルノー販売から撤退した広島の某ディーラーにて試乗。

試乗車が来て最初の週末とのことで結構な盛況ぶりです。

試乗車は最高グレードのVersion ST 6MT仕様。

このMTにはシンクロレブコントロールという機構が付いてます。

簡単に言うとシフトダウン時にブリッピングするマニュアルミッションです。

セミオートマではもはや当たり前の機構ですが、手漕ぎのマニュアルミッションにも搭載されたということで興味津々。

概観は前モデルのイメージを踏襲してますが、ヘッドライトとテールランプの形状がブーメラン型と呼ばれる独特の形状。

なかなか良いんじゃないですかね。僕は好きです。

サイドミラーから見えるリアブリスターフェンダーの張り出し具合もヤル気を誘います。

乗り込んでシートポジションを合わせた印象は、意外と着座位置が高くタイト感無し。クラッチも非常に軽くスポーツカーに乗り込んだという感覚は薄いです。

エンジンをスタートさせるとこれまた意外にも静か。さすが最新のGTカーだけあって、NVH対策も一級なんだと思いつつアクセルと踏み込むと。。。うるせ~!

ドライブトレーン?エンジン?とにかくメカニカルな雑音が容赦なく車内に侵入してきて官能性とは程遠い印象。

しかしながら3,700ccのV6ユニットはE46 M3とほぼ同等のパワー&トルクを発生し、M3よりも50kg軽量なボディーを引っ張るには十分なパフォーマンスを有してます。

高回転型のM3と異なり、低速からも分厚いトルクが湧き出ておりスタートダッシュは明らかにZの方が速いですね。

ただし回すとうるさいので高回転を多用する気にはなりません。

ハンドリングは従来モデルから100mmショートホイール化が図られ、ワイドトレッド化との相乗効果でキビキビ感が増してます。

サスの硬さも街乗りではちょうどいい感じ。フロント245/40R19、リア275/35R19のワイドタイヤを難なく履きこなしてます。

さて注目のシンクロレブコントロールですが、機械としては良く出来てます。

シフトゲートの入り口にセンサーが付いてるんでしょう、ゲートに入れる瞬間にブリッピングしてシフトが吸い込まれます。

5速から4速を飛ばして3速に落としてもちゃんと回転を合わせてくれます。

サーキットを走るときはどうなんでしょうね。フルブレーキング中に踵でアクセルを煽らずにクラッチ操作だけでシフトダウンをするという行為は、ヒール&トゥが染み付いた体には相当な違和感がありそうですが。。。

MTを駆使して車を運転するということは、自らの意思で車をコントロール下に置いて操作してるというダイレクト感や、支配感或いは一体感というものを味わうことが出来るのが最大の悦びだと思うのです。

ダイレクト感を味わいつつもハンドル操作だけに専念して速さを追求するならシーケンシャルミッションが順当だと思われ、減速時の右足の省力化しかできないシステムってどうなんでしょ?

要するに余計なお世話って感じでした。

アルファロメオ164に搭載されたQシステムでしたっけ?オートマなのにH型ゲートが切られてるあれですわ、あれと同じ匂いがしますね。

ま、気に入らなければオフで走れば良い訳だし、車としては良く出来てると思います。

サーキット走らせるときっと速いことでしょう。

カブリオレが出たら欲しいかも・・・

土曜日, 12月 06, 2008

WTCC

念願のWTCC日本ラウンドのDVDをやっと見ることが出来ました。

annbellさん、ありがとう!!!

こらおもろいわ。

短期決戦の超スプリントレースだけあって常に全力疾走。
各コーナーでの壮絶なバトル。
セオリー度外視のライン取り。

などなど、とても新鮮でした。

当日たまたま織戸選手のシボレーのピット脇で待機してたので、ほんの一瞬だけ写ってました。

祝 全世界中継 v(^^

誰も判らないでしょうけどね・・・

リーチャー

ま、簡単に言うとマジックハンドです。

左ハンドル車に乗っててもETCが普及した現代はさして不便を感じることも少なくなりましたが、やはりパーキングチケットを取るときなどは不便ですね。

このリーチャーは介護用と謳ってるだけあって細かいものや床に落ちたレシートなんかも拾い上げることが出来ます。

つかむ部分も縦にも横にも変えることが出来、良く考えれられてます。

以前、購入したリーチャーは車内での取り回しを考えた45cmサイズ(画像下)。

Clioに乗ってたころは何とか届いたのですがM3では全く届きません。

そこで70cmサイズ(画像上)を買い増しました。

ちょっとの違いですが、いちいち降りなくて良いのはやはり楽ですね。

玄米

少し前に、ともぞうさんちで取れた新米を玄米のまま頂きました。

本日精米して食しました。

新米はモチモチして美味いですね。

月曜日, 12月 01, 2008

BMW M3

書店でふと見つけた雑誌の付録DVDが気になって衝動買い。

歴代M3のサーキットフルテストが収められているとの事。

但し初代E30は戦歴の紹介だけ。

家に帰って観たところ、E92、E46、E36の順にサーキットインプレとラップタイム、0-100km/hを計測して比較してました。

簡単に纏めると、E92が最も運動性能が高いが走らせて最も楽しいのは軽量なE36。

要するにE46は中途半端っちゅうことですか?

くやしいっすッ!!!

という訳で、12/23のETCCに参加しようかと調整中(画策中)です。

まともな走行会は超久々♪

日曜日, 11月 30, 2008

自己BEST

開店と同時に速攻でタイヤ組み換えをお願いしましたが、仕上がったのが11時半。

しかも15インチだと6,000円程度だった組み換え料が、18インチだと12,000円。


3インチの差で値段2倍とはこれいかに。

大急ぎで荷物を積んで高速に乗ったのが12時。

13:55の8枠までに着けるのか?  

先導車が優秀だったので何とか間に合いました(^^;








それでも受付したのが13:50。

テーピングにエア圧調整にラップショット取り付けで15分ほどかかり、結局15分くらいしか走れませんでした。

これから5分で準備できるように手順を考えとかないとね。<それよりも早く家を出ましょう。

ま、一本目はNewタイヤの皮むきですよ。

なんて言い訳しつつもやっぱNEOVAだし1サイズ幅広だし気温も低いから2秒はタイムアップするはずと期待してましたが、何の変化も無し。

あれぇ?

9枠まで少し時間があったので、温間で2.3にエア圧を調整し、レーシングスーツに着替え(これ重要!)、今日お会いできるかなと期待していたかいまんさんを探します。

隣の隣のピットで発見。

E36M3 3台で走りに来られてましたが、9枠は走らないとのこと。残念。

色々と興味深いお話を聞かせて頂きました。

またご一緒しましょう!


さて2本目は、かいまんさんのご指導もありDSC OFFで走ってみることにしました。

M3でサーキットを走る人はドライなら当然OFFですよね。

僕の場合、1月のM3デビュー戦でOFFで走ってハーフスピンしまくったのでビビッて封印してました。

あの時のタイヤは2003年製造のミシュランPS。

今回は2008年製造のNEOVA。

しかも少しは乗り慣れているはず。


で、

出ました。自己ベスト。

ONだとアトウッド、裏ストレートエンド、ダブルヘアピンの立ち上がりはDSCが効いて安定してますが眠いこと眠いこと。


OFFにすると265/35のNEOVAでも暴れるのですが、とってもコントローラブル。

慣れてくるとアクセルコントロールでクルっと向きを変え、ムズムズするケツを軽くカウンター当てて押さえ込みつつ、落ち着くとドンと立ち上がる。
この車、オモシレー!!!

今まで散々重い、鈍重と文句(言い訳ともいう)を言ってたのですが、きちんと走らせるときちんと応えてくれるんですね。

少しモチベーションが下がってたのですが、また火が点きました。

次はシートを何とかしないと。

annbellさんのTYPE Rからの視点。低いですね。

うちのはボンネットが丸見えです。

帰りはannbellさんのお友達と、とんかつ屋で晩飯をご一緒させて頂きました。

とても充実した一日♪

土曜日, 11月 29, 2008

NEOVA

届きました。

今さらAD07です。

だって安いから(^^

明日(今日)朝イチでスーパーオートバックスで交換してもらったらOIRC8枠に何とか間に合うかな。

という訳で7枠はキャンセルしました。



太いのでトランクに積めません。

月曜日, 11月 24, 2008

TSタカタサーキット

久々に行ってきました僕らのTAKATA。

4千円で午前中又は午後走り放題というリーズナブルな料金設定はオサイフにも優しいし、いつでも好きなときに走れるのでセッティングには丁度良いコースなんです。

今日はtetsu24さんがBPSを入れたというのでシェイクダウンにお付き合い。

Audi TTクーペのお二方も初TAKATAということでTAKATA常連組みとして迎え撃ちます。

んが、朝から雨。昨日の天気予報じゃ曇り時々雨だったのに本降りです。

到着したら皆さん走る気満々。大雨の中しっかり準備されてます。

・・・さてとこういう日はですね、取り敢えず小降りになるまでじっくり待って判断しましょう。ということで、僕は暫く様子見を決め込みました。

この前までの僕なら、えぇい行っちゃえと走ってたことでしょう。

この日は大人の冷静な判断でリスクマネージメントをきっちりとしました。

っつーかメットとグローブ持ってくるの忘れたんですけどー  orz =333

でも工具類とオイル類とジャッキは前の晩にしっかり積んでたんで、ただのサポートカー&カメラマンとして寒い中一人さびしく観戦してました。

出番無しのM3。

実はちょっぴり走りたかったです(泣


こんなコンディションなのに意外にも多くの車が走ってましたが、ダントツでtetsu24さんがこの日のチャンプ。

TypeRをぶち抜くお宝動画です。
ま、僕が走らなかったからさ(悔


トイカメラ調で。