金曜日, 12月 28, 2007

ALPINE A610ターボ

A610ターボに試乗しました。

と言っても、ペダル周りが思ったより狭くて革靴ではちょっと危なっかしかったのと、不慣れな土地を運転するのも気が進まなかったのでショップのオーナーの運転で助手席に乗っけてもらったのです。

まず感じたのは片手でドアを開けるのが難しいし着座位置が低いので乗り降りもし難いです。
スポーツカーなのでしょうがないんでしょうが、普段乗ってるフルバケ並み。

ところが、一旦座ってしまうと外観から想像出来ないほどルーミーです。
頭上空間も十分あるし、足元も広々。
後部座席もポルシェよりはるかに実用的です。

更に意外と静か。加速時に後方からエンジン音が室内に入ってきますが、パーティションボードやガラスで仕切られているわけでもない(蓋はあります)のに全く騒々しく感じませんでした。

乗り心地も良いです。固過ぎず柔らか過ぎず丁度良いスポーティー加減(なんじゃそりゃ)です。

そして、使い古された表現ですが、「ジェット機が離陸するような」加速感。

ジェット機と言っても普通の人は戦闘機なんか乗れる訳もなく、所謂旅客機なんでしょうけど、それでも強烈な加速Gを十分味わうことが出来ました。
ターボのアシストを得て息の長い加速が続きますが、都内では100mそこらしか味わえず。

ブレーキもしっかり効きますね。RRなのでポルシェ同様車体全体がググッと沈み込む感じ。

外装はパールホワイトにオールペンしており非常に綺麗ですが、何故かドアの内側はオリジナルのまま。

内装は。。。それなりにヘタってます。そりゃ15年選手ですから。

整備記録を見ると、ハーネスの引き直しとコンプレッサー交換以外はごく普通の整備内容でした。

概ね良い状態ではないかと(この年式にしてはね)。

一説によると国内に30台そこそこしか入ってないそうですね。
思うに生存しているのは数える程度じゃないかと思います。
すごい希少性。

ただ、ショップオーナーがFBMにこいつで乗りつけたそうですが、全く相手にしてもらえず非常に寂しい思いをしたとか。

やはりA110のオーラには勝てないようですね。

相場(というものは無いのかも知れませんが)よりはリーズナブルで、あの加速感が楽しめるのでこれは買いかも!

と考えていたら衝撃のクライマックスが。。。続く

11 件のコメント:

  1. 衝撃のクライマックス!?

    返信削除
  2. 》こぶさん
    そう。衝撃のクライマックス!

    返信削除
  3. 調子に乗ってたら切符きられた~とか(笑

    こいつじゃなくても‘なにか’にハンコ押しちゃったの!?
    うひゃ~気になる~!

    返信削除
  4. 「加速感」の酔いしれるならこんなんもアリですよ!!
    http://autos.yahoo.co.jp/ucar/search/detail.html?arid=U071221CU0001648889&car_cd=CHS010&clid=080078040

    返信削除
  5. 》こぶさん
    それはね

    明日のお楽しみ!

    返信削除
  6. 》tetsu24さん
    コーベット!(徳大寺風に)
    そう言えばPOTENZA EXCITING STAGEでも結構速かったです。

    tetsu24さんも一度これで走ってみたら?

    返信削除
  7. あれ? おかしい?
    コメント入らない

    返信削除
  8. 》tetsu24さん
    入ってますよ~
    てかはよ寝て下さい。明日もあるので^^

    返信削除
  9. ラニョ兄2007/12/29 7:12

    ホワイトがいいですね。

    気になるな〜。
    クライマックス!

    返信削除
  10. どんなクライマックスだろう!?ドキドキ・・・

    返信削除
  11. 》ラニョ兄さん
    》annbellさん

    いやその大した内容じゃないのでそんなに期待しないで下さい。

    と言いつつまだネタ引っ張ってます^^

    返信削除