火曜日, 7月 31, 2007

ブレーキローター交換 2度目

昨日、K-Tec Racingに注文していたブツが届きました。

早速共同購入者のたかたさん、ともぞうさんと近所のファミレスで分配オフ。

今回僕が発注したのは、BremboのMAXローターとSAMCOのインダクションパイプです。

前回のサーキット走行でブレーキパッドがほぼ無くなってたので、ローターとパッドを一式交換してリフレッシュしました。

さて、ローター交換が終わりキャリパーと新品パッドを取り付けたところ何か変です。

上が純正で下がBrembo。

よく見るとローターの径が違うことが判りますか?
Bremboの方が小さいため、パッドが少しはみ出してます。

ブレーキチューンの定番のひとつにローターの大径化がありますが、今回は小径化になってしまいました(汗;

ま、見方を変えると軽量化したとも言えるしぃ(爆


高速道路の空いているところで各種スピード域でフルブレーキングを試してみました(やっちゃいけんよホンマは)が、特に問題無さそうなので良しとします。

ローターの状態
BREMBO MAX / Wilwood / Gradの組み合わせのインプレですが、純正ローターは強烈なカックンブレーキであったのに対し、非常にコントローラブルで気に入りました。

よく「真綿で締め付ける様な」といった表現がありますが、それとはちょっと違ってて、「路面に敷かれた粘着シートに貼り付く様な」感じ(どないやねん)。

上手く表現できませんが、コントロール域が広がったことでコーナー進入時の荷重移動がスムースに行えるような“気”がします^^

昨晩23時から作業を始めたのでSAMCOは後日作業となりました。眠いzzz

ところでパッドの寿命を計算してみました。
ざっくりですが、サーキット30分走行が13~14本程度。
交換までの走行距離12,000km。

これって長持ちした方???

日曜日, 7月 29, 2007

キーレスエントリーその後

自分で取り付けるのを断念して放置プレーしてたプントのキーレスですが、嫁はんにえらそうなこと言った手前さすがに一ヶ月間寝かしたままじゃカッコ付かないので、

本日IGNISさんに行ってきました
(自分で付けろっつーの)。^^

やっぱりこの手の後付け電子デバイス(大げさ)は取り付け実績の豊富なプロに任せるのが一番。

小一時間で仕上がるはずでした。



ダメみたい。。。

普通に取り付けると、プチってヒューズが切れます。
コネクターを逆さにするとロックするもののリモコンが効きません。
2種類ある取り付け方法のいずれもダメ。

不良品か間違えて別車種用のものが梱包されてきたかの何れかと思われるとのことで本日はここまで。

暑い中試行錯誤して頂き有り難うございます>IGNISさん

敷地内のAlfa147を見てて発見。
サイドマーカーがヘッドライトと同じ形状なんですね。
細かいところまでデザインされてます。
********************************
帰りにガソスタに寄りました。
来月からまた高くなるそうですね。

うちの近所のセルフは、クレジット利用で4円引き。
ハイオクで144円です。
安い方だと思いますがどうでしょう?

アドエス


Advanced W-ZERO3 es 略してアドエスと巷では言うそうです。

WILLCOMのWS011SHに乗り換えました。
ひところPDAにハマってましたので何の違和感も無く使い込んでますが、携帯と思って買うと多くの方は全くもって使えねーと思うに違いありません。

僕にとっては、Outlookのデータを持ち歩けてどこでもさっとメールチェック(仕事とプライベート共に)出来る点と、いつでもどこでもインターネットに接続出来る点がとってもポイントが高いんです。

軽量化が進むモバイルPCと言えども常時持ち歩くには忍耐が必要ですし、何より起動の遅さやバッテリー持続時間に問題がありますがこれなら全く苦になりません。

早速コイツで投稿してみました。

土曜日, 7月 28, 2007

災害援助の方法

先日、SnowPeakというアウトドアメーカーから一通のメールが届きました。

新潟県中越沖地震に伴う災害援助物資提供のお願い

新潟に本拠を置くこの会社も今回の中越沖地震で少なからず被害を受けたと思われますが、アウトドアメーカーとしての使命を果たすべく、住環境(あくまでも一時的なものですが)の改善のためにテントやシュラフ(寝袋)、マット等の災害援助物資を募って被災者に提供しているのです。

ええ加減な会社が目立つ世の中ですが、まだまだ捨てたもんじゃないですね。

企業の社会責任を如何にして果たすかを真剣に考えている会社が、日本には沢山あります。

自動車メーカーの生産停止で話題となったリケンの柏崎事業所には、自動車メーカーや同業他社からの復旧支援チームが大挙して駆けつけたそうですが、世界的な視点で観ると異常な事態(ノウハウや企業秘密の流出懸念)にも関わらずそれを受け入れた側もすごいし、そんなこと言ってる場合じゃないやろと自社の業務そっちのけで支援した側も粋ですね。

このエピソードも利害関係はさておき困ったときはお互い様といった日本人気質を現していますね。

僕も微力ながら使わなくなったシュラフと銀マットを提供しました。
ちっぽけな支援ですが、誰かの安眠の手助けになればいいなと思います。

尚、メーカーは問わないってことでした(あたりまえ)ので凍男のヤツです。
もちろん洗濯しましたよ^^

水曜日, 7月 25, 2007

軽量化

備忘録として今までClio RSに施した軽量化策を纏めてみました。

(-×kg)は純正品と比較した際のダイエット量です(かなり大雑把です)。

・ドライバッテリー:LONG WP22-12(-5kg)
・ホイール:VOLK TE37(-12kg)
・フロントキャリパー:wilwood 6pot(-4kg)
・フルバケシート:Sparco RevⅡ(-10kg)
・ステアリング:Sparco Safari(-1kg)
・エアクリ:ステンレスダイレクトタイプ(-1kg)
・マフラー:CINQ Fujitsubo(-3kg)
・サスキット:OHLINS(-6kg)
・インシュレーター取り外し(-3kg)
・カーボンボンネット:K-Tec Racing(-8kg)
・フォグランプレス:(-1kg)

で54kgの軽量化を達成(重量は適当ですよ)。

一方で重量増は
・フロントタワーバー(+1kg)
・フロントロワーバー(+1kg)
・リヤタワーバー(+0.5kg)
・補強プレート追加(+0.5kg)

で3kgの重量増。

差し引き51kg軽くなりました。
RS Ph-1のカタログ上の重量は1,050kgなので数値上は1t切りです!!!

尚、スペアタイヤもTE37を積んでます(-3kg)。

次はと、助手席をフルバケにするかな。

火曜日, 7月 24, 2007

不思議スポットその2

え~

読者の皆様にはあまり人気の無い不思議スポットシリーズ(いつからや)ですが、せっかく写真を撮ったので強引に第2弾続けます。

店名を「ゆず庵」といいます。

くじらの姿寿司が有名です。

南国IC近くにあるR32沿いのドライブイン(って言わない?今は)で、とってもユニークなお店です。

なにしろここの社長、ド派手なのが大好きで駐車場には猫バス?やベタベタのアメ車に巨大な1億円札等がディスプレーされてます。

入り口には花輪が常時展示されてて、季節ごと?に違う有名人がコメントを書いてます。

前回来たときは「オムライスおいしかったです。ヨンさまより。」

今回はいまいちパンチが無かったのでボツです(てか忘れました)。










入り口はこんな感じ。











店内には相変わらずごちゃごちゃと小物・大物がレイアウトされてて、楽しげ。





月光仮面と宇宙人と壺・・・独特のセンスです。







なんだかワケが判りませんが、それでも何度も足を運んでるのは、料理が美味しいから。
奇抜なだけじゃないんですよね。確かな味があってこそ。

でも、今回は少し期待を裏切られました。

新聞に貼り付けられたメニュー。
ん?品数が大幅に減っている。
しかもセットメニューばっかりで全部1,000円以上。

以前は名物のオムライスやネギトロ丼も単品で注文できたような気がしますが、全てセットメニュー化されてました。

はっ!!!料理を撮るのをすっかり忘れてました(^^;

相変わらずまずまずの味でしたが、何か物足らないような気がしてなりませんでした。
それは店員のサービスや活気であったり、店の雰囲気や清潔感であったり、場合によっては店内の客であったりする訳ですが、なんか妙な違和感を覚えました。

日曜の夕方だというのに客もまばら。
流行ってない?これから混むのか?
以前はいつ行っても満席に近くて大賑わいでした。

メニューが変わったのは昨年の12月(新聞の日付で判ります)。
変えたからこうなったのか、客数が減ったから変えたのか。。。

客のテンションが下がると、この手のキワモノレストランはわくわく感の裏返しで全てが悪く見えてくるもんですね。

店舗運営って難しいですね。

月曜日, 7月 23, 2007

沢田マンション

実家の近所に昔からあるへんてこなマンション。

小さい頃から見慣れているはずなのですが、前を通るたびにその異様な外見についつい見入ってしまいます。

実はwikipediaにも掲載されるくらい有名なんですね。

先日帰省した際に改めてじっくり観察してきました。

6階建てのマンションは、所謂セルフビルドという形で沢田夫妻が土木工事から始めて配管や内装に至るまで全て手作業で造り上げたという脅威の建築物なんですが、建築確認申請を出さずに着工したため当時から違法建築と言われ続けてきました。


外観上の特徴は、白い外壁と植物の緑が織り成すコントラストと、3階まで続く車が登れるスロープ、屋上に常設しているクレーンが目を引きます。

宮崎アニメに出てきそう。

昔は田んぼに囲まれた閑静な土地でしたが、98年に高速道路のICが近所に出来てからは大手スーパーのショッピングモールや家電量販店やホームセンター、レンタルショップ、ドラッグストア、レストランが次々と開店して図らずも生活に便利なスポットとなりました。

同時に若い世代の入居者が増え、積極的に外部へ情報発信することでメディアへの露出度も増えて次第に有名になった様です。

ここでは活発な近所付き合いを通じて独自のコミュニティーが形成されているそうです。

物好きな特殊な人種の集まりと見る向きもあるようですが、不便故に隣近所で助け合う昔の長屋の付き合いが残っている珍しい場所なんですね。

木曜日, 7月 19, 2007

しまなみ海道

尾道~今治を結ぶ西瀬戸自動車道(通称しまなみ海道)は、昔は橋を渡る度に一般道に下りなければなりませんでした。

ETC普及以前のことでしたので、もうめんどくさいのなんのって。


そのしまなみ海道がやっとのことで昨年全面開通しました。

で、ここを通って帰省したのですが・・・

繋がったのは西瀬戸尾道IC~今治IC間だけ。

実際には、山陽自動車道福山西ICで一般道に下りて西瀬戸尾道ICに乗らなければなりません。

更に、今治ICでまた下りて今治湯ノ浦ICまでの間も一般道です。

いまいち。

はっきり言って瀬戸大橋の方が早くて楽です。


途中のSAで食べた鯛かま潮ラーメン。









あっさりしていてまぁまぁ旨かったです。





台風4号の大雨の影響で実家裏庭にてプチがけ崩れ発生。

あぶね~

水曜日, 7月 18, 2007

故里

10年振りに行った祖母の家は昔と何一つ変わってませんでした。

主が居ないこと以外は

小学生だった頃、夏休みになると必ず2~3週間祖母の家に泊まりに行ってました。

四国のほぼ中央にある祖母の家には田畑が有り、コメや芋類はもとより、スイカやとうもろこし、かぼちゃにトマト、なすび、きゅうり、白菜等々を栽培し、わらび、ぜんまい、つくし、せり、ふき等の山菜もよく食卓に並んでました。豆腐や味噌も自家製でした。

肉や魚は週に2度ほど移動販売車が広場に売りに来て、そこがコミュニティーの場となってました。

山深い土地は自然の宝庫であり、従兄弟と一緒に毎日川遊びやクワガタ捕りに行ってました。
疲れて帰って来ると湧水で冷やしたスイカをたらふく食って昼寝して、またクワガタを捕りに行って・・・

中学・高校になるとクラブや友達との付き合いなんかでだんだんと疎遠になり、盆と正月にちょこっと顔を出す程度になってました。

大学・社会人になると関西での生活が忙しくて帰省するのも億劫になり、正月にすら帰らなくなってました。
気が付けば10年も会ってなかったんです。

そんな中、祖母が先日逝去しました。

数週間前に危篤と言われ、急いで駆けつけたのですがもう意識が戻ることはありませんでした。
小さい頃、あんなに世話になったのに、ありがとう の一言も言えなかったのが心残りでなりません。

久しぶりに会った親戚と話をするに、この辺りも小学校が廃校となり、葬儀ばかりで結婚式にはここ数年出たことが無いとか暗い話ばかりでした。



有史以来初めて、都市生活者の総数が全世界人口の50%を超えたそうです。

ふるさと納税制度が議論されてますが、中途半端なことじゃ過疎化・高齢化の流れを止めることは出来ないと思いました。

そう言う自分には何が出来るのか・・・
故里が廃れていくのをただじっと見守るしかないのか・・・

本当に豊かな生活って何なんでしょうね。

ちょっと重い話題になってしまいました。

ツバメの雛が親鳥と同じ大きさになってました。

巣立も近いと思いますが、彼らはまたこの地に戻ってきて巣作りをすることでしょう。

火曜日, 7月 17, 2007

ブレーキパッド

このところ微妙にブレーキの効きが悪かったんです。

そう言えば、フロントホイールに付着するブレーキダストも変でした。赤茶けた堆積物がびっしりとこびりついて、相当力入れてこすらないと取れなかったんです。

ローターも異常磨耗してたし、そろそろパッドと一緒に交換かなと思ってました。

ところが、昨日サーキットを思いっきり攻めた帰り道。
えらい効くんですねこれが。

あれ?

家に帰って調べてみました。

僕が装着しているウミヒラプロデュースのwilwood製キャリパーにはGLADのサーキット用ブレーキパッドを入れているのですが、 カーボン系100°~800°(Sタイヤ基準)というスペックなので一般道では適正な温度まで上がらないんです。
グラッドジャパンのHPをチェックしても同じスペックのものは設定されてませんでしたが、恐らくカーボンメタル製のtype ZGじゃないかと思います。

パッドが十分に温まらないままブレーキングを繰り返すとどういうことが起きるか。。。
ローターを削っちゃうんですよ。
で、赤錆がホイールにべったり付く訳ですね。
パッドの繋ぎ材も同じく異常磨耗してホイールに付着していたのでしょう。

効きも悪いワケです。

サーキットで思いっきりブレーキングして本来の仕事をさせてあげると能力が回復するんですね。
またひとつ勉強になりました。

月曜日, 7月 16, 2007

ORC会員枠で走行してきました

15日のTipo Over Heat Meetingを泣く泣くキャンセルし、走りたいフラストレーションがめちゃめちゃ溜まってたところ翌16日のORC会員枠を発見!

この日はアルファロメオ・チャレンジ(&ETCC)関西第3戦が開催される予定でしたが、その前の枠が3つありました。

当日は昼頃実家を出発して広島まで戻る予定を大幅に繰り上げて5時に家を出発し、飛び込みで2枠と3枠をゲット!

枠のインターバルは10分しかありませんが贅沢を言ってられません。

何せ走れるとは思いもしてなかったので(とか言いながらレーシングスーツ他一式積載してましたが)テーピングとタイヤエア圧、ダンパー減推力調整だけで飛び出しました。

今回の課題は、交換したフロントスプリングの実戦投入の感触をつかむことと、フロントの車高を上げたことで荷重バランス改善が出来たかどうかの見極めです。

先ず、HYPERCO(あ言っちゃった)よいです。

街乗りで感じたことは、Swiftとほぼ同じスプリングレートなのにしなやかであること。
サーキットに持ち込んだらこのしなやかさが裏目に出て腰砕けになるのではと心配してましたが、全くの杞憂でした。
しなやか=柔らかい=踏ん張らないという僕の頭の中にある単純な図式がガラガラと崩れ落ちました。

ノーズがスッと入り、そこからしっかりと踏ん張ってコーナーをクリアする様は見事です。
このスプリングの特徴は、「リニアなレート特性」、「しなやかなのにコシがある」なんですが、正にそのキャッチコピーを体感したといったところでしょうか。

そして、フロント車高を上げた効果も上々で、フルブレーキ時の挙動が安定してコーナーへのアプローチが容易くなりました。

ただ、中途半端な荷重コントロールをすると一気にアンダーが出ます。今まで前下がりでフロント荷重が常に掛かる状態でしたが、コーナリング時にしっかりとフロントに荷重を掛けてあげないとフロントが外へ外へ逃げます。
この日は2度砂遊びしそうになりました。あぁ~コワ。

夏場なので残念ながらタイムアップには結び付きませんでしたが、周回を重ねる毎に各コーナーの脱出速度が少しずつ上がってきました。
特にATTWOODの進入~立ち上がりはいつもドタバタしてましたが、思い通りのラインをトレースすることが出来たのが一番大きな収穫でした。

もう少し涼しくなったらベスト更新できるかも!?

2本目はゴルフGTIのannbellさんと一緒でした。
後ろにつけてじっくり勉強させて頂きましたよ。

annbellさんはこの後のETCCで第1位になったそうです。

サーキットには珍しいAlfa GTの姿が。







コチラも珍しいPeugeot 406クーペ。








さすがにこれは走ってませんが、こんなサポートカーがあったらいいな~

月曜日, 7月 09, 2007

プントのオイルエレメント

昨日、実はプントのエンジンオイルも交換したのですが・・・

なんじゃこのエレメントわ~

自慢(?)の万能エレメントレンチもエレメントとボディーの隙間が無くってベルトを掛けられません。
右手に目一杯力入れてもびくともせず。
とにかくクリアランスが無い。これ専用のツールってあるんですかね?

取り掛かったのが遅かったので、夕暮れが迫ってきました。
で、電動ドリルで穴を開け、そこにプラスドライバーをブッ刺して無理無理回しましたと。

新しいエレメントを付けておしまいと思いきや、サイズが合いません。orz=333 やれやれ。
フィアット用なのに。。。と元エレメントをよく見たらルノー用じゃん!!!

さすがラテン系。整備もラテンのノリですわ。

もうどこにも開いてるショップなんて無いのでこの日は店じまいし、今日ディーラーに寄って買ってきました。

ショールームの片隅にFIAT500のミニカーが置いてました。

日本上陸は来年の1月だそうです。

日曜日, 7月 08, 2007

TOHM準備~油脂類交換

最近さぼり気味だった油脂類を一気に交換しました。

先ずブレーキフルードはワンマンブリーダーを使って文字通り一人で楽々交換。

最近ブレーキタッチがイマイチで剛性感が無いというか効きが悪いんですよね。

奥まで踏むとロックしますが、これまでのwilwoodのガツンといった感じが薄れてきたような気がします。

ローターがレコード盤状に波打ってます。要研磨or交換ですね。

パッドもそろそろ寿命に近付いてきてるので一式セットで処置が必要です。

それにしてもGRADのパッドは強烈ですね。新品のローターがアッちゅう間に磨耗します。

ミッションオイルとエンジンオイルは最近お気に入りのA.S.H。
ミッションオイルは75W-90 @3,700×3本、エンジンオイルはRacing FSE 10W-40 @3,300×5本。
高っ!

ミッションオイルは今年の1月に交換したばかりなのですが、最近3速のギア鳴りが酷くなったので念のため交換してみました。

排出物に金属の小片が混じってましたが、少量であったのとドレンのマグネットへの付着物も少なかったので取り敢えず様子見です。








最後に脱着自在^^なフロンドデカールを貼り付けて完成。

土曜日, 7月 07, 2007

HID化その後

走り重視で見た目はあまり気にしない性質なんですが、HID化した結果どうしても気になってしょうがなかったポジションランプをホワイトブルーのLEDに変えました。

少し青が強いかな。

ついでに残していた右フォグも取り払いました。




何のひねりも無く、ただ撤去しただけです。

メッシュパネルを製作しようかとも思いましたが、意外とすっきりしてイケてるかも?