月曜日, 12月 31, 2007

来年もよろしくお願いします

今年は公私共にいろいろとありましたが、締め括るといい年であったと思います。

Blogやサーキットを通じていろいろな方と出会い、話し、遊び、食べ、飲み、充実した一年を送ることが出来ました。

お付き合い頂いた皆様、そしてこの大した内容の無いBlogをご覧頂いている皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m

来年はアウトドア活動が忙しくなる見込みで、今年よりも車で遊ぶ機会は減るかも知れませんが、時間と小遣いと家族(嫁)の機嫌を遣り繰りして皆さんと楽しく過ごせたら良いなと思います。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

良いお年を!

日曜日, 12月 30, 2007

中古車屋という商売

M3を購入したショップにはこんなお宝車両が沢山展示されてました。


メガーヌRS、Clio V6、Team182、106、SZを始めとしたイタフラ勢にエリーゼ、TVRの英国勢。


ドイツ勢もM3は勿論のこと、M5にALPINA、993,964ポルシェに加え、AUDI S4、RS4 Avant・・・


もうね、全部欲しいです。

うろつくだけで大満足。


節操がないっちゃないとも言えますが、僕のストライクゾーンど真ん中の車両ばかり。

こんな中古車ショップが近くにあれば良いのにね。



自分が欲しい車だけを仕入れ、好きな人に販売する。

なんて羨ましい商売なんでしょう。


ただ、商売だけを考えると国産ミニバンや軽、輸入車ならメルセデスを中心にドイツ車を取り扱うのが経営的に安定すると聞きます。

イタフラ車中心ですとパイが小さいのと車両価格が安いので大きなマージンを乗せられない分、キツイみたいですね。



先の記事にも書きましたが、買い手側の情報収集力の高まりと、収集方法の多様化により車やショップを見る目が確実に肥えてきているなか、競合と差別化するには相当な努力とアイデアが必要なんだと思います。

いつか自分の好きな車ばかり集めてショップを開きたいものですが、これで飯を食っていくとなると大変なんでしょうね。

土曜日, 12月 29, 2007

FX

その車は相場よりもかなり安い上、走行距離わずか8千km!!!
速攻で電話を入れ、実車を見に行きました。

何でこんなに安いのか(それでも値切りましたけど)と詰め寄ると、理由はEU新車並行車だから。

売却の際に査定が低くなるので売り出し価格も低めにしているとのこと。

気になる点は、ディーラーでメンテナンスを受けてもらえるかということと、保険料率が高めという噂。
通常のメンテナンスは別に気にしてませんが、コンピュータ制御系はディーラーに持ち込まないと難しいケースがあるので。

いずれも正規モノと何ら変わることは無いとの返事。

一応裏を取るためにディーラーに確認をとりましたが同様の回答でした。
但し、特別仕様(特に内装)パーツは本国輸入のためにオーダーに時間がかかることがあるそうです。

次に売る際のことをあまり深く考えない(それで困ったりもしますが)僕は、マイナス査定なんて関係ねー。

ドイツ語マニュアル?そんなの関係ねー。

ってことで、こいつです。

E46 M3 6MT 左ハン、サンルーフ無し。色は地味ぃ~なスチールグレイ。

フロアシフトとサンルーフ無しがこだわりのポイントです。

本当はフェニックスイエローが欲しかったんですが、オレンジのプントと黄色の組み合わせではご近所から基地外呼ばわりされそうなので。。。^^

最終的に3年越しで憧れていたM3に落ち着きました。
ストレート6を搭載した最後のM3。

RRには縁が無かったのですね。

来年から『お気楽イタフラ独車生活』になります。

ローンがしんどいので『お気楽』じゃ無いんですけどね。。。
しかも、まだ嫁はんに言ってません。これが一番こぇ~((;゚Д゚)ガクブル

中古車の探し方

ホントに便利な世の中になりましたね。

インターネットが距離と時間の概念を圧縮し、ほぼリアルタイムに欲しい情報にアクセスできるようになりました。
もちろんその情報の取捨選択は自分でしなければなりません。

中古車をの買うときって皆さんどうしてるんでしょうか?

まず、情報収集は殆どの方がインターネット上の中古車情報サイトを利用するんじゃないでしょうか。

中古車雑誌も重要な情報ソースです。

また、中古車屋さんに欲しい車の仕様を伝えて探してもらうという手もありますね。

更にはオークション代行を利用したり、古物商免許を取得してJU会員になり業者に混じって入札するとか。。。そこまでする人はそんなに多くないでしょうけど(実はそこまでやろうと考えてました^^)。

ヤフオクもありますね。
オーナーズクラブ内で個人売買とか、個人のHP上の掲示板なんかで売りたし買いたしなんかもやってたり。

今所有しているクリオはヤフオクで、プントはインターネットで見つけました。
クリオは試乗して決めましたが、プントは電話とメールのやり取りだけ。もちろん下調べはきっちりしましたけど。

このように中古車の販売・購入スタイルが多様化するなか、原点に戻って?中古車雑誌を買ってみました。
東京で売ってるGooWorld(中古輸入車雑誌ね)って厚みが2cmもあるんです。中国版の2~3倍はありまね。

GooWorldはインターネットでも同じ情報を展開してますので検索すれば見たい車が一発で出てくるのですが、雑誌のページをパラパラめくりながらあーでもないこーでもないと考えるのも楽しいひと時です。

インデックスで検索して該当のページを開き、その前後の車をボーと眺めてたそのときっ!

1台の車が刺さったのです。。。続く

金曜日, 12月 28, 2007

ALPINE A610ターボ

A610ターボに試乗しました。

と言っても、ペダル周りが思ったより狭くて革靴ではちょっと危なっかしかったのと、不慣れな土地を運転するのも気が進まなかったのでショップのオーナーの運転で助手席に乗っけてもらったのです。

まず感じたのは片手でドアを開けるのが難しいし着座位置が低いので乗り降りもし難いです。
スポーツカーなのでしょうがないんでしょうが、普段乗ってるフルバケ並み。

ところが、一旦座ってしまうと外観から想像出来ないほどルーミーです。
頭上空間も十分あるし、足元も広々。
後部座席もポルシェよりはるかに実用的です。

更に意外と静か。加速時に後方からエンジン音が室内に入ってきますが、パーティションボードやガラスで仕切られているわけでもない(蓋はあります)のに全く騒々しく感じませんでした。

乗り心地も良いです。固過ぎず柔らか過ぎず丁度良いスポーティー加減(なんじゃそりゃ)です。

そして、使い古された表現ですが、「ジェット機が離陸するような」加速感。

ジェット機と言っても普通の人は戦闘機なんか乗れる訳もなく、所謂旅客機なんでしょうけど、それでも強烈な加速Gを十分味わうことが出来ました。
ターボのアシストを得て息の長い加速が続きますが、都内では100mそこらしか味わえず。

ブレーキもしっかり効きますね。RRなのでポルシェ同様車体全体がググッと沈み込む感じ。

外装はパールホワイトにオールペンしており非常に綺麗ですが、何故かドアの内側はオリジナルのまま。

内装は。。。それなりにヘタってます。そりゃ15年選手ですから。

整備記録を見ると、ハーネスの引き直しとコンプレッサー交換以外はごく普通の整備内容でした。

概ね良い状態ではないかと(この年式にしてはね)。

一説によると国内に30台そこそこしか入ってないそうですね。
思うに生存しているのは数える程度じゃないかと思います。
すごい希少性。

ただ、ショップオーナーがFBMにこいつで乗りつけたそうですが、全く相手にしてもらえず非常に寂しい思いをしたとか。

やはりA110のオーラには勝てないようですね。

相場(というものは無いのかも知れませんが)よりはリーズナブルで、あの加速感が楽しめるのでこれは買いかも!

と考えていたら衝撃のクライマックスが。。。続く

木曜日, 12月 27, 2007

なかなか出会えません

しつこく探してます。
気になった車は一通り見ておかないと気が済まないので。。。

今日見に行ったカレ2。

アイスブルーという非常に珍しい色です。

どうしても実車を見たかったのでわざわざ足を運びました。

微妙にブルーが入った白でなかなかクールです。

コンディションも上々。

が、実に惜しい。

サンルーフとリアワイパーが付いてるんです。
こんな豪華装備、要らん(てか邪魔)。メット被ったらギリです。

もひとつ気になったのは、走行距離5万キロにして5オーナー。

これってどうなんでしょ。

日曜日, 12月 23, 2007

走り納め・・・延期

今日は岡山国際にて走り納めの予定でしたが、週末は雨模様だったのでパス。
残るチャンスは年の瀬も押し迫った30日です。

ざっと点検しておこうと何気に下回りをのぞいて見るとアンダーカバーにオイル漏れの形跡発見。

ジャッキアップしてアンダーカバーを外したところ、オイルパン周辺とミッションケース下側にオイルが付着していました。
ただ、どこから漏れているかは特定できず。

先月オイルフィルターを交換したのですが、こいつがクセモノで毎度の事ながらオイルまみれになります。
一応ウェスをぎっしり敷き詰めた上で外したのですが、もしかするとその跡かも知れません。

とりあえずクリーナーで汚れを落として様子見です。

ついでにミッションオイルを交換しました。前回交換後約10,000km。
少し早めですが、サーキットを何回か走ってるので念のため。
今回も買い置きしてたアッシュのギアオイルです。

また、ブレーキの前後バランスを改善する為に、フロントのパッドをこれまで使ってたサーキット用からストリート用に変えようと思いウミヒラさんに発注しました。
フロントの効きがマイルドになれば多少改善されるかな?

新品のSタイヤで目指せ自己ベスト更新!

土曜日, 12月 22, 2007

台湾製ドライバッテリーの寿命って

Clioにドライバッテリーを取り付けて1年が過ぎました。

一度バッテリーを上げてしまったのにいまだ元気なのは有り難いのですが、この台湾製のドライバッテリーの寿命ってどのくらいなんでしょう?

保険の為に捨てずに取ってた純正バッテリーはチャージしても電圧が回復しません。完全に寿命です。
で、本格的な冬が始まる前に買い置きしておくべきか悩んでます。

定価がこれの6倍以上するオ○ッセイなんかは3~5年のロングライフと謳ってますが、コストパフォーマンスは1年もった時点でLONGの圧勝。

もし3年もてば年間2,000円ですよ。安っ!

付けてる電装品が少ないお陰かも知れませんが、これで全然問題ありません(が、あくまでも自己責任でお願いします)。

って販売店のHP見たら2月まで在庫無しだそうです。げげっ

金曜日, 12月 21, 2007

なんとなく・・・

大阪出張のついでに芦屋まで足を延ばして黒のカレラ2を見に行ってきました。

車高調にピロアッパー、RS用フライホィール、チタンエンドマフラー、Neova、小径ステアリング、HID、HDDナビ、aprエアフロメーター付きで色はブラック。

走行距離や修復歴はさほど気にしない性質なので価格が安いだけ有り難い、正にスィートスポットな個体なのですが、メンテ履歴がはっきりしないので即決に至らず。

悶々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々々

自分は何のために買い替えようとしているのかをもう一度整理してみました。

1.サーキットを気持ち良く走りたい
2.仕事でもたまに使う(週イチ程度)。その際1~3人程度乗車することがある。
3.その他の用途はオフ会に参加する程度

2がネックなんですよね。2シーターに走れないのです。
1台にするならM3がベストなんですが、E46M3はまだ年式も新しいので5年後でも乗れると思うのです。

いろいろと悩んでますが、おぼろげながら方向性が見えてきました。

多分、乗り替えはせず増車になるかな~。
但し、買い足す車はほぼサーキット専用車にしてClioでもたまにサーキットを走るのが理想ですね。

ミントコンディションの車に買い替えてオリジナルの状態をじっくり楽しもうとも考えたのですが、どうせ直ぐサーキットを走りたくなって改造しまくるのは火を見るより明らか。
A610なんかホント希少車なのにサーキット仕様にしたら可哀想でしょ(一応来週試乗するつもりですが)。

そもそも、大したドライビングテクニックを持ってる訳でもないので、多少ぶつけても心もお財布もさほど傷まない格安中古車を自分で弄って遊ぶのが僕のモットー。

だったらサーキット走行していた車両を「格安で」譲ってもらうことができればお金も改造の手間も節約できるし一石二鳥だと思います。

例えばこんなの。

こんな改造車が市場に流通することは滅多に無くて仲間内での売買が殆どとか。

知り合いのP乗りに声を掛けてじっくり待ってみようかなと思ってます。今のところ・・・

しばらくはClioで楽しもうっと。

インフルエンザ

月曜からインフルエンザに罹って3日間寝込んでました。
我が家ではタミフルは飲まない方針。なので治るのが遅いんです。

お陰で中州で暴れる計画はキャンセルに。

今日は北新地で暴れる予定だったのですが、さすがに病み上がりなので大人しく最終の新幹線で帰ってきました。

中国地区は大流行の兆しを見せてますので皆さん注意しましょう。

日曜日, 12月 16, 2007

964カレラ2試乗

午前中にウッドマン倶楽部(森林オーナーの会)の総会に出席。
第二期オーナーの中から幹事を選出することになり、なかなか決まらないだろなぁと思ったので立候補しました。

その後の懇親会で猪鍋と炊き込みご飯をたらふく食って解散。最年少ということで、来年からこき使われそうです。

帰り道、少し前からポルシェセンターHPに掲載されている911カレラ2(93年式MT)を見に行ってきました。

ここはうちの近所にあるので、店舗の前を通過するときは注意して見てましたがそれらしき車体は展示されてません。
敷居が高く感じてなかなか入り辛かったのですが、今日は意を決して入ってみました。

お客様駐車場にはそれはそれは高い高級車がずらり。
M3CSL(これ欲しい!)の隣に停め、出てきた営業マンに尋ねたところ、一番奥に追いやられたシルバーの964に案内されました。

パッと見は素晴らしいコンディションです。塗装面も十分光沢があり、レンズ類もくすんだ感じがありません。
広いところに出してもらってまじまじと見ましたが、14年選手だというのに内外装とてもきれいです。

大事にされてたんでしょうね。

エンジンは一発でかかり、アイドリングも安定してます。
整備記録も全て見せてもらいましたが、ACコンプレッサー交換以外は大物の修理歴は記載されてません。

エンジン、ミッションのオーバーホールは不要かと聞くと全く必要ないとの事。
サーキットなんかでオーバーレブさせない限り、オイル管理と推奨1万キロ毎のタペット調整さえすれば普通に維持できる丈夫な車だそうです。

購入するとなると、タペット調整、オイル漏れ(滲み程度)整備、クラッチ盤交換、新品の認定タイヤを付けて納車ということですが乗り出し450万円はちょっと高いかな。

認定中古車なのでそんなものかも知れません。

所長が出てきて試乗を勧められたので二つ返事で乗り込みました。

先ず感じたのはペダル類が重いこと。
アクセルもクラッチもクリオの2~3倍重い。

この個体はクラッチが終わりかけなのでミートポイントがかなり手前にきてました。
また、ペダル全体が中央にオフセットされてて慣れないとクラッチ操作がし難いです。

トルクがあるのでアイドリング状態でクラッチを繋いで  と言われるものの、重いのとミーとポイントが良く判らないので発進に手間取り、後ろの軽にクラクションを鳴らされる始末。

しまいにゃ坂道発進でエンストしてしまいました。俺ってヘタクソ。orz...

一方、走り出せば非常に快適で、ものすごく乗り心地が良いです(対クリオ比)。
乗り込んでドアを閉めた瞬間からボディー&シャシー剛性の高さを感じますね。

車幅はクリオとほぼ同じで運転席からカエル目がばっちり見えるので取り回しは楽そうです。

宇宙一と称されるブレーキですが、こいつも重い。っつーか固いです。
ちょいと踏むぐらいじゃ殆どストロークしないので最初は焦りましたが、ガツンと踏むとガツンと効きます。

80kmくらいから強めのブレーキングを試してみましたが、RRの特性で車体全体が沈み込む感じで非常にリニア感がありました。

ステアリングフィールはトルクステアが出ない分、雑味が無く後輪駆動車の良さを再認識。
ひらひら感はありませんが、どっしりとした安定感が印象的でした。

シフトストロークが少々長いところはご愛嬌ですが、ギア鳴りも渋さも無くスコスコ決まって気持ち良い。

総じて操作系の剛性感に満ちた感覚は信頼感にも繋がり僕の好みに合います。

一方、エンジンフィールですが、郊外を15分程流した程度では正直良く判りませんでした。
高速やワインディングに持ち込んでレブ近くまで回してみないと何とも言えませんが、街乗りではトルクが下の方から十分出ていて5速40km/hからの加速もスムースにこなすのでずぼら運転も可能ですね。

全体的な印象としてはパンッと張った硬さを感じ、イタフラ車と反対のベクトル上にある車だと思いました。

それはドイツ車全体の方向性に通じるものではありますが、VWやBMWとも違う(メルセデスやAudiは知りません)感覚で、よりタイトでよりストイックで・・・と考えていたら、やっぱりこの車はスポーツカー(人によってはレーシングカーとも言いますね)なんだという結論に落ち着きました。

これが14年前の車か!!!というのが率直な印象です。
そしてこれが14年前の車の値段か???というのも少し納得しました。

僕はスーパーカー世代なのですが、ポルシェという車に人一倍強い思い入れは特に無く、これまでも絶対欲しいと思ったことも正直無かった(高いので端から検討対象外でした)のですが、こうして試乗して家に帰って冷静にブログを書いてると、こいつを運転している時のダイレクト感や、ドライバーにきちんとした操作を求めるストイックさ、そしてポルシェを運転してるんだという悦びの様な感覚が蘇って来て、良い車だったなぁと余韻に浸っています。

さーどうしよっかな~

木曜日, 12月 13, 2007

次の車は。。。

前の投稿で妙に盛り上がってしまったので別投稿で。

実はデリカD:5が欲しかったんです(爆)

いや、まじめな話、基本的にクロカン4駆は好きでして、ジムニー乗ってた頃は休みの度に林道に入って道なき道を走ってたものです。


重量級クロカン4駆で入れない酷道も軽量コンパクトで副変速機付きデフロック付きジムニーなら楽勝。

そうして山奥深く分け入って、普通の人が観ることができない風景を眺めるのもまた良し。
深雪でもガンガン行けます。オフロードのスポーツカーとはよく言ったものです。

D:5にそこまで期待するのは酷ですが、ミニバンなのに下手なSUVよりもクロカン性能がずっと高いんですね。

晴れて森林オーナーになったのでこれから荷物を沢山積んで山に入らないといけないからってな理由でプントを買い替えようと提案したのですが、あっさり却下されました。
そんなでかい車運転でけへんって。

それならClioを思いっきり趣味性の高い車に買い替える宣言を心の中でして物色中の毎日です。

候補車はと言うと、

964カレラ2
・・・サーキット仲間のポルシェ乗り3人が所有するモデルが996GT3,993RS,930。
なので間を埋めなければなりません(使命感?)。

RSが最高なのですが、高過ぎ。

維持費がどうのと言われてますが、幸か不幸か僕の周りにはドロ沼にはまった人は居ません。
ただ、964が大量に売れたバブルの頃は、ポルシェが何たるかを考えずに買われて乗りっぱなしにされた個体が多いそうで、そんなのに当たるとえらいことになるそうですね。
  

A610
・・・ご存知アルピーヌの名を冠した最後の車。この最後のっていうのに弱いんです。
以前乗ってた75もAlfa最後のFR。

リアシートも一応使えるようだし、ブログのタイトルも変えなくて良いし、妖しい雰囲気も好みです。

ただ、サーキットを走れるかが最大の不安材料。


E46M3
・・・2度試乗して痺れました。文句無しに良い。
ビジネスエキスプレスとしてはこれ以上のものはありません。

しかし1.5tを超える重量はちょっとね。かといってCSLは高嶺の花。


そして大穴のZ3Mクーペ
・・・この変態加減が最高。もう二度と出てこないスタイルです。

最近立て続けに2台見かけ、リアビューに惚れました。
  


エスプリもいいなぁ(ボソッ


ま、皆さん想像してる通りで面白くもなんともないでしょ。
共通してるのは、リア駆動であること。

MRとRRは所有したことが無いのでそれらを中心に考えてますが、いざというときにリアシートがあるというのは便利なもので、そうするとRRになるのかな。

取り敢えず今月中に964とA610を試乗する予定です。
で、もうちょっと悩みます。

もちろん乗り替えないかも知れませんけどね。

月曜日, 12月 10, 2007

合ツー

今日はアサ会のメンバーさんと福山へツーリングへ。

朝は町内の掃除当番だったので待ち合わせ時間に間に合わず、最初の目的地である福山自動車時計博物館へ直行。













館内にはその名の通り古い自動車と時計を展示してるのは良いとして、人形やら木馬やら飛行機、果てはリンカーンやプレスリーの蝋人形まで所狭しと並んでます。

94年に探偵ナイトスクープが取材にきたそうですが、パラダイスシリーズじゃなかったのが不思議なくらいの空間です。

そんな館内でルノー車を発見。

昭和28年に日野自動車が当時のルノー公団と提携してノックダウン生産した車両です。









こんなポップな車を復刻したら売れると思うんですけど。

博物館を後にして向かった先は満麺亭。
尾道ラーメンを出すロードサイドの店で駐車場もたっぷり。

おススメはあぶりラーメンとのことでそれを注文。
バーナーで炙ったチャーシューが美味でした。

腹が膨れたところでワインディングに向かったのですが、道が荒れていて固いスプリングの入ったClioは跳ねて跳ねてスリル満点。

そしてCafe59へ。

残念ながらマスターは不在でしたが、前回同様怪しい集団によるテラス占拠でプチ営業妨害。
マスターごめんなさい。

今回はアルファロメオ乗りの皆さん(masakunさん、panda155さん、kegさん、Munejiiさん、りゅうさん)とフランス車軍団(ともぞうさん、katameさん、私)の総勢8名の合同ツーリング。略して合ツー。

Munejiiさん(スパイダー)以外はAlfa155で、4台の155が連なって走る姿は壮観でした。

僕は以前75TSと156V6を所有してましたが、その間の155には縁が無かったので今でも気になる車の1台です。

久々にAlfaの話題で盛り上がって楽しいひと時を過ごしました。

幹事さんお疲れ様でした。
また遊びましょ!

土曜日, 12月 08, 2007

New GT-R

英会話学校からの帰り道。

日産ショールーム前を通過したところ、いつもはガラガラなのに何故か人が大勢・・・・

引き返して(今日はMR駆動のシーケンシャル8速ミッションのオープンで出動→チャリンコです^^)確認してみたところ、New GT-Rが展示してるじゃないですか。

東京モーターショーでは人が多すぎて殆ど見られなかったので近くで観察しようと思ったものの、約束の時間が迫ってたので外から写真撮影だけ。

この車・・・スゴイのは判りますがもうちょっとデザインなんとかならんかったんか。

歴代GT-RのデザインはR32が一番好みです。
ガンメタのを初めて見た時は戦闘機みたいでカッコえぇ~と素直に感激したものです。

ま、でも独特のオーラはありますよね。

月曜日, 12月 03, 2007

当選!

応募していた森林オーナーに当選しました。

20名のオーナー募集に対し、応募は8名。
既に前の週に当選の連絡を頂いていたのですが、場所はクジ引きで決めるとのことで、日曜に抽選会に行って来ました。

息子に託したところ、見事希望通りのコナラの区画が当選。
でかした!息子!

あらためて現地を見学。

急な斜面ではありますが、皆さんデッキを造って思い思いの小屋を建ててます。


建築基準法の関係で容易に撤去できる10㎡未満の小屋なら建てても良いそうです。

一から設計して手作りするのは難儀しそうですが、キットハウスなら何とかなるかな。

来年暖かくなったら小屋の製作に精を出すことになりそうです。

春は山菜を採って天ぷらを堪能し、夏はクワガタやカブトムシを捕まえ、秋はキノコ汁、冬は猪なべを食する・・・楽しみ!

しかし、現地見学会には20組以上が参加し、若い方々も何名かいらしたのですが、実際に応募したのは恐らくはリタイヤされた年配の方ばかり。


現地を見て応募を取り止めたのかどうか定かではありませんが、若い年代の方やその子供達にもっともっと自然に親しんでもらいたいものですね。

日曜日, 12月 02, 2007

輸入スポーツカーフェスタ

1日、2日は、ちゅーピーパークで輸入スポーツカーフェスタなるものが開催されてました。

A110とストラタスが来るので無理して行ってきました。

午後から用事があったので、10時~11時の間だけ滞在。

屋外ではスポーツカーコンテストと言って、出品者が3,000円を支払って展示場に自慢の愛車を展示し、ギャラリーが好きな車に投票するというシステム。

往年のビンテージから最近のスーパースポーツまで幅広い出展があり、結構楽しめました。

僕はちょい古めの車が好き。デルタやX1/9は好みです。

アルファが1台も出てなかったのは残念でした。

2000GT。山口県に居るんですね。
自走してきたんでしょうか。






ルーテシアV6も居ましたよ。










さて、メインのA110。

くぅー!カッコイイ~

以前住んでた所の近所に青空駐車してるA110が居ましたが、その時はさほど関心が無かったものの最近スゴク惹かれます。

このくらいのコンパクトなボディで、こんなラインで、FRで、復刻版でも良いから出してくれないかな~ ALPINE RENAULT






この車も、何年経っても色褪せませんね。

30年以上も前のデザインとは思えません。


金曜日, 11月 30, 2007

出張先にて

5メガピクセルのカメラ付き携帯を買ってから、面白い風景を見かけると気軽にパシャパシャ撮り集める様になりました。

専用のデジカメに比べると描写力は若干劣るし、起動やデータ書き込みも決して早くはありませんが、メモ代わりやスナップを撮るには十分ですね。

今週の出張で撮影したものを幾つか紹介しますと、

先ずはホテルの窓からの見た新宿副都心。人工建築物の借景!?










何度か通っている山口のイタリアンレストランにてランチ。
さすがイタリアンだけあって輸入車濃度が高いですね。
左から仏独独独で伊は居ませんでしたけど。




今日は博多。

新・旧・東・西が渾然一体となった一角。





天神地下街はクリスマスムード一色でした。

明日から12月。今年も残りわずかですね。

怖かった Part2

一昨日の朝でした。

近所で火災発生。

急いで119番通報したら、「今向かってます!」。
ご本人か、近所の何方かが既に通報されてたんですね。

ところが、一向にサイレンの音が聞こえません。

10~15分くらいたってやっと到着。

その間に家は炎に飲み込まれてしまいました。
素人はなんも出来ません。

この時期、空気が乾燥してるので火の元には気を付けましょう。