日曜日, 12月 31, 2006

バッテリー上がり

厭な予感はしてたんです。

前の晩に初雪が舞った翌朝、クリオに乗り込むとLEDの点滅が無い。あら? 室内灯も。

プントに続いてクリオもバッテリーが上がってしまいました。

クリオにはドライバッテリーを搭載していますが、純正が50Ahなのに対して22Ahと容量が少なく、寿命の点で少し心配はしてました。
販売元も『車に載せるな』って言っているのにOwn Riskで載っけてますので。。。誰にも文句言えませんわ。

で、取り外してた純正バッテリーをブースターケーブルで繋いでクランキングを試みるも、こいつも電圧が下がっている様でクランキングが重いのなんのって。

しょうがないのでホームセンターにてドライバッテリー対応の充電器を購入し、ドライバッテリーに繋いでスイッチON・・・うんともすんとも言いません。
説明書をよくよく読んでみると、電圧が7.5V以下のバッテリーは充電不可との事。
測定してみると1V。。。orz

取り敢えず純正バッテリーをフル充電し、こいつをドライバッテリーとブースターケーブルで繋いでしばし待ちます。
ドライバッテリーが10Vまで回復したら素早く充電器に接続し直し、スイッチON。
無事充電し始めました(こんな手順で良いのか???)。

最後の最後まで色々有りました。

皆さん、良いお年を!

金曜日, 12月 29, 2006

Jazz

坂田明さんの「ひまわり」でJazzに興味を持ち始め、昨日Jazzに詳しい知り合いを誘ってJazzライブハウス SOHO に行って来ました。

良かったです!

僕はJazzにはシロート同然で細かいことは判りませんが、出演されている皆さん年季が入ってて素晴らしい演奏を聴かせてくれます。客席との距離も非常に近くてホントに目の前で生のJazzが聴けたことに感動しました。

むかーし若かった頃、ライブハウスに出入りしていた頃を思い出しました。

水曜日, 12月 27, 2006

モバイル環境

Yahooの公衆無線LANサービス
Yahoo!プレミアム会員限定 210円(税込)でつなぎ放題!
しかも今なら2007年5月31日まで無料。

だそうです。

全国のマクドナルド2,600店や羽田空港、ドトールの一部、東海道新幹線の一部ホーム等、右のマークの付いている場所で利用出来ます。何でも3,000スポット以上とのことで利便性は最も高そうです。
早速申し込んでマクドナルドで使ってみました。

最初にESS-IDとWEPキーを登録しておけばすんなり繋がります。帯域も11Mbpsで問題無いレベル。

いつもモバイル環境ではAirH"で我慢していましたが、これ使うともう戻れません。

ただ、マクドナルドは騒がしいので落ち着いて仕事できないのが唯一の難点です。

朝スタ

大阪で恒例の朝スタ。日曜の朝に輸入車乗りがスタバに集合してうだうだする健康的なミーティング(ふくふくさん、画像パクリました。ごめんなさいm(_ _)m)。
前々から広島でも朝スタしたいな~と思ってましたが、良い場所を見つけました。


NHKビル2階のスターバックス。40席程の広さで駐車エリア(路上駐車で30分150円)を見下ろせる席が6席あります。
ここを陣取って情報交換しませんか?

朝9時から開きますので、9時に集合すれば必ず座れるという訳です。多分駐車場も大丈夫でしょう。

しかしこういうミーティングの場ではイエロー系がインパクト強いですね。

あ ←これスカートの中撮ろうとした訳じゃないので。念のため (^^

火曜日, 12月 26, 2006

スロットルワイヤー

以前から気になってた持病が先日のGO WEST走行会後に再発しました。

エンジン回転が落ちなくなる病気です。

1速にシフトして発進し、2速に入れるためにクラッチを踏むと2~3000回転まで上昇してブォォォォンと言いっ放しになるんです。もちろん3・4・5速も一緒。要するにアクセルペダルから足を離しても完全に戻り切らないのです。

これを回避するにはチョンアク(チョンブレのアクセル版ね^^)してあげると一時的に解消します。
これまでは湿度の多い日に症状が出やすかったのですが、以前タイミングベルト交換の際にディーラーのメカニックさんに相談したところ、取り敢えずワイヤーをオイルに浸して少しでも滑りを良くして様子見することにしました。

しばらくは完治したかに思えましたが、走行会直後からチョンアクでも戻らなくなってしまいました。

一方で、アクセルペダルをつま先でクィッと引き上げてやれば治ることが判りました。
しかし信号停止の度にそんなアクロバティックなことをするのは非常に危険です。

RS Ph2からはスロットル制御がドライブ・バイ・ワイヤー化されてますがPh1はアナログ式。
スロットルバタフライを動かすのにワイヤーケーブルを使います。

このワイヤーケーブルの内部の経年劣化により、動きが渋くなる症状がたまに出るそうです。
私の場合、サーキット走行によりエンジンルームが高温にさらされ、劣化を早めたのかもしれませんね。

CRCを吹いてもアクセルペダルの取り付け部を分解清掃しても全く改善せず。結局ディーラーに電話してスロットルワイヤーを取り寄せてもらうことにしました。

皆さんのRSはこんな症状に悩まされたことはありませんか?

日曜日, 12月 24, 2006

クリスマスイブ

『1986年に起きたチェルノブイリ原子力発電所の爆発事故による放射性物質によって半永久的に汚染されたロシア・ウクライナ・ベラルーシの大地。

遅れた医療環境と昏迷する社会の中で、人々は健康に不安を抱きながら暮らしている。

日本で助かる命が、かの地で絶命していく。

そんな医療格差があってはならない。

日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)の小児白血病の治療支援と新生児への支援に、あなたも参加しませんか?』


日本チェルノブイリ連帯基金 HP チェルノブイリの子供を救おう! より抜粋

生まれた場所が違うだけで、生まれた時代が違うだけで、子供には何の罪も無いのに、現実として恵まれない子供たちがいます。そんな子供たちにもクリスマスの日は等しく訪れます。

日本チェルノブイリ連帯基金を通じてひとりでも多く子供たちに救いの手を差し伸べませんか?
一人が出来ることは限られますし、その方法もよく判らないですよね。

1枚2,500円のCDを購入するお金でどれだけの子供が救われるでしょうか。
http://www.jca.apc.org/jcf/goods/cd03.html

坂田明さんのSAXが泣かせます。

土曜日, 12月 23, 2006

GO WEST 走行会

今年ラストランのGO WEST走行会。
クリオ勢はクープ*3(!)、ラニョ*1、RS Ph2*1、RS Ph1*3の総勢8台。

左からふくふくさんのPh2、ラニョ23さんのラニョ。右下はラニョ兄さんのCUPE。

今回はNUTEC入れてNEOVA履いて万全の体制で臨みましたが、結果はベストを0.6秒更新しただけ。
2分の壁は厚いです。

▼反省その1
1本目はリアの減衰調整忘れ。街乗りのまま走行してしまいました。
すぐピットインして調整すりゃ良かったのですが、路面温度が低かったのでこれもアリかとそのまま周回。
これはこれで収穫がありましたがタイムアップには結び付かず。

▼反省その2
2本目は田ヶ原 章蔵 選手(トヨタTRD専属ドライバー)による同乗走行。
ブレーキポイント、ハンドル操作により意のままに荷重移動して曲がる曲がる。この車ってこんなに曲がるのって感じで大変参考になりました。

車を降りてレクチャーを受けましたが諸々指摘されました。
1.フロントブレーキが車重、タイヤに比べてかなりオーバースペック。このブレーキならSタイヤでないと釣り合いが取れない。
2.フロントスプリングが柔らかい。8kを10kくらいに上げた方が良い。
3.ショックも強化した方が良いのでは。

総じてバランスが悪く乗り難いとの事。結構へこみました。我流では進歩が無いのは何でも一緒ですね。

▼反省その3
3本目の模擬レースではカレーを食っててのんびりしていたペナルティーとして最後尾に並ばされました。
へっ?40分前なのに・・・
29番グリッドが50番グリッドに。。。orz。。。

ここで奮起してスタートダッシュを決め、1コーナー入り口までに7台をパス。その後も順調にパスして結果18位でフィニッシュ。
1クラス25台中4位で惜しくも表彰台ならず(1クラス1位のZ3はクラス分けが間違っていた模様です)。

次回に向け課題も沢山見つかりましたが楽しみも増えました!?

まぁ結果オーライです。
あ~楽しかった。

金曜日, 12月 22, 2006

年末恒例の

今年も残り僅かですね。

今年は公私共に充実した良い年でした。

一年間仕事でお世話になった皆様に、宮島街道沿い井口電停近くのfruitieというお店でクッキーの詰め合わせ(美味しいです)を購入して感謝の気持ちを込めご挨拶回り。

来週は年賀状を書いて大掃除をして。。。あぁいそがし。
でもこうでないと年末という気がしません。

水曜日, 12月 20, 2006

Clio小ネタ集

その1:アクセルとブレーキペダルの段差が大きく無いですか?
以前はブレーキペダルを思いっきり踏み込むとちょうど良い具合のところにアクセルペダルがあってヒール・アンド・トゥがばっちり決まってた(つもり)のですが、wilwoodを入れてからというものちょっと強く踏み込むとABSが効きまくってアクセルまで踵が届きません。
で、ゲタをはかせてみました。

その2:ダッシュボードのありとあらゆる面がラウンドしてて垂直の壁が無いですよね。
少し見難いですがここしか無いってことでしばらく様子見です。
FMトランスミッターを使ってますが、モンスターケーブルは音質も何とか満足の行くレベルなのでおすすめです。

その3:iPod、レーダー、ラップショットと電装品?が増えてきたのでシガープラグソケットを増設しました。3連ソケットで1つずつON/OFFできます。
ONしたら青いLEDがまぶしいのでビニールテープを張ってます。

ミニゴリラも付けたいなー

ドライバッテリー大丈夫か!?

火曜日, 12月 19, 2006

マツダ CX-7

CX-7の発表会に行って参りました。

場所は広島リーガロイヤルホテルのロイヤルホール。
ブランニューモデルということもあり前回(New MPV in 広島プリンスホテル)よりもかなり多くの関係者が集まっていたように思います。

CX-7はアテンザのプラッとフォームを伸張してRX-8の様なスポーティーな外観を被せたスポーツクロスオーバーSUVというカテゴリーです。
あまり知られてませんが、マツダは世界最大のスポーツカーメーカー(ロードスターとRX-8の生産台数のことです)です。スポーツカーの持つデザインやイメージといったアドバンテージを最大限に活用してSUVを造り上げるという手法はポルシェ カイエンに通じるものがありますね。

外観は非常にシャープなラインで構成されており、世のSUVの中では最もスポーティーに思えます。特に低く寝かされたフロントウィンドウはスポーツカーのそれよりも寝ているそうでスタイリングのアクセントになっています。

動力性能はマツダお得意の2.3ℓ DISIターボで175kW,350N・mを発生し、大排気量化する他社を尻目に環境性能も強く意識したそうです。

ただし、全幅1,870mmは日本で使うには少々サイズが大きく、完全に海外(主に北米)を意識したものだと思いきや、北米向けには更に大きなフルサイズSUV CX-9も投入するとのこと。日本車も大きくなったもんですねー。

顧客ターゲットはクリエイティブな仕事に従事する都市生活者で、身に着けるものに強いこだわりをもつ30代から50代の男性だそうですが、そのような方々は輸入車に走るんでは?

日曜日, 12月 17, 2006

NUTEC エンジンオイル

クリオのエンジンオイルにNUTECを入れてみたかったので早速交換してみました。

NUTECは粘度の異なるオイルを混ぜ合わせてお好みの粘度にすることが出来ます。
今回はNC50(10W-50)を4ℓとNC51(0W-30)を1ℓをブレンドし、7.5W-40にすることにします(IGNISさんのお勧め)。

クリオはフィルター交換時には5ℓのオイルが必要です。いつもオイルチェンジャーを使って上抜きでやっているのですが、以前はきっちり5ℓを抜き取ってたはずが最近はどういう訳か4ℓしか抜き取れません。
今回もやっぱり4ℓ。
しょうがないので(それでいいのかよ)、NC50を3本とNC51を1本ブレンドすることにしました。
粘度は5w-40程度かな。

新しいオイルを注入している時に気付きましたが、このオイル糸を引きます。粘度の低い0W-30でも同じ。
その理由はこちら。

これの上には3,000円/ℓのNC40&41と、5,000円/ℓのUW-01&02という、入れるだけで10~20%パワーアップするシロモノがあります。

23日のGO WEST走行会で印象が良かったらチャレンジしてみようかな。

走行会と言えばタイヤをどうするか悩んでましたが、結局SタイヤはやめてNEOVAで行くことにしました。

土曜日, 12月 16, 2006

NUTEC CVTオイル

8月頃からプントのCVTオイル警告灯がたまに点灯するようになりました。
いつの間にか治るのでセンサー類の接触不良だろうと気にも留めてませんでしたが、忘れた頃に点いたりするので取り敢えずCVTオイルを交換することにしました。

クリオ用にNUTECエンジンオイルの手配をお願いしていたIGNISさんでお勧めオイルに交換しました。

NUTEC ZZ-51というもので、CVT、AT、パワステ等色んな用途に使えるそうです。

価格も2,400円/ℓと手頃です。プントのCVTオイルは2ℓ必要なので5,000円弱。2万キロ毎に交換するのが良いそうです。

プントの下回り。まじまじ見るのは初めてです。ミッションを降ろした形跡があるとか。。。

交換して心なしか音が静かになりました。エンジンオイルを交換したわけでもないのに意外です。

更に、走ってみてこれまたびっくり。何と言いますか角がとれてまろやかな感じ。スムースとか滑らかとかじゃなくって「まろやか」なんですよ。

警告灯の方は・・・当然点くはずも無くしばらく様子見です。

日曜日, 12月 10, 2006

たまにはイタリアン

山口県の宇部72カントリークラブの近くにPAYSANというイタリアンレストランがあります。
カジュアルな雰囲気と味が好みで出張時に何度か立ち寄ったことがありましたが、この度家族連れでランチしに行ってきました。

イタリアンにはイタリア車で。

13時半に到着しましたが、1階は満席で2階に通されました。
ここは街から遠く離れた郊外(本当に周りに何も無い所です)にあるにも拘わらず、平日でも結構賑わってます。



















パスタを4種類とピザを食し、皆大満足で駐車場に戻ると隣にワーゲン タイプⅡ ウェストファリア キャンパー(珍しいー)が停まってました。

ん~外国みたい。

土曜日, 12月 09, 2006

エアポートラウンジ

今年は出張がやたらと多く、飛行機の搭乗回数が 60回を超えそうです。
ANAは50回を超えるとプラチナサービスカードがもらえ、主要空港のsignetラウンジを無料で利用できます。

そこはソフトドリンク、コーヒー、ビール飲み放題、おつまみ食べ放題、新聞雑誌読み放題で、エリートビジネスマンがフライトまでの時間をゆったりと過ごす憩いの場。

今日帰りに初めて立ち寄ってみました。

超満員しかも普通のサラリーマンばっかり。
座るとこ無いし、ほろ酔いのおっさんはおるし、なんじゃここ?

金曜の最終便なのでこんな状況だったのでしょうと良心的に解釈することにします。

木曜日, 12月 07, 2006

エンジンアッパーマウント交換

今日は有休を取ってタカタサーキットに走りに行く予定でしたが、朝からあいにくの雨。一緒に行く予定だったTeam Clio RS Hiroshimaメンバー(勝手にメンバーにしちゃいましたよー)と連絡を取って見送ることに。

だってウェットは怖いもん。

急に暇になったので何しようかなーと考えてたところにルノー広島のサービスマンから連絡が。2週間ほど前に頼んでいたエンジンマウント左右とエアコンフィルターが入荷したとの事。早速取りに行きました。

帰りにTSUTAYAでパイレーツ・オブ・カリビアンとカーズを借り、昼飯に吉牛の牛丼を食って(久々に食ったらウマカッタ~)作業開始。
お約束の液体封入ブッシュの液体漏れ跡。新品を見てみましたがこりゃすぐ破れるな。

エンジンマウントはブッシュのみ交換は不可で、アッシー交換となります。何と22,700円也。ミッションケース側はゴムの塊で6,680円也。エアコンフィルターは3,770円也。値引7円で〆て34,800円(税込)です。高っ。

画像左側が旧で右側が新。新品でも結構柔らかいです。ワッキーさんの様に取り外したもので強化マウントを作ろうかな。

交換する際はアンダーカバーを外してエンジンをジャッキで支えましょう。
若干持ち上げ気味にした方がボルトを外しやすいでしょう。交換後はエンジンをゆすりつつ、ストレスが掛からない様に均等にボルトを締め付けます。

続いて左側のマウント交換です。
こちらはバッテリー直下にあるため、バッテリーを取り外してからマウントを止めている3つのナットを外します。が、全て緩めても固着して外れません。

ギアプーリーで引き剥がします。

こちらも新旧比較。左の旧マウントは若干つぶれ気味ですがまだまだ使えそうです。






新しいマウントを取り付けて問題発覚。

この箇所は下から突き出たボルトを上からナットで止めるのですが、何も気にせずナットを外したらボルトが抜け落ちてしまいました。ただでさえ狭いエンジンルームの更に下側に手を入れてボルトを填めるのは至難の業。どうしたもんかとしばし考えてひらめきました。

強力マグネットを使ってボルトを吸い寄せれば良いじゃん。頭いいー!

全く役に立たなかったマグチューンネオジウム磁石が大活躍です。
使い方間違ってる?

ここも交換の際はミッションケースをジャッキで支えてあげましょうね。

最後にエアコンフィルターを交換して本日の作業終了。

こちらも新旧比較。多分5年間無交換だったんでしょうね。

火曜日, 12月 05, 2006

ピカール

ご存知でしょうか? 磨き系ケミカルの定番『ピカール』。
昔からありますよね。とっても香りがきついのですが、これ以上優れたものを未だ知りません。

クリオPh1のヘッドライトは紫外線に弱いらしく、屋外駐車している車両は漏れなくヘッドライト上部に細かいクラックが出来るようです。
うちのも例外無く思いっきりくすんでます。

日曜に洗車したついでに磨いてみました。

耐水ペーパーを当て木に巻いて、#600から始めて#800、#1000と番手を上げます。
真っ白になって本人真っ青になりますが、だんだんクリアになるので大丈夫!

一通り磨いたところで、ホルツのホイールクリーナーで更に磨きます。
何故ホイールクリーナーかと言いますと、手元にあったから試してみただけ。

最後にピカール。本質は金属磨き液ですがプラスティックもOKです。

信じられない程きれいになりましたが、マスキングせずに作業したのでエッジ部の磨き
が甘いです(左が未施工で右が施工済。写真じゃ全然判りませんね)

日曜日, 12月 03, 2006

マグチューン

この手のチューニングは全く信じないのですが、とあるサイトの書き込みが何故か気になって試してみました。
耐熱ネオジウム磁石50個セット990円也。

予想以上に小さくてホントに効果があるのか半信半疑でしたが、確かに非常に強力な磁石でして互いにくっついた磁石を引き剥がすのにはかなりの力が要ります。期待できるかも・・・

アルミテープを適当な幅に切り、エアダクトに一巻きします。

更に燃料ホースに一巻き。

原理はと言えば、ネオジウム磁石の強力な磁場に拠って酸素分子やガソリン分子構造が細分化されて完全燃焼し易くなるというもの。トルマリン並みに胡散臭いです。

余ったのでプントにも取り付けてみました。

でインプレです。

全く変わりません。以上。


どうも磁石が小さ過ぎて効果が無いようです。色んなサイトを見てみると、4cm×2cm程のサイズのものをこれくらいの勢いで巻きつけないと効果が薄いようですね。

ゴミネタでした。

土曜日, 12月 02, 2006

ボンネットライン


といってもボンネットの開口部の話です。

ボンネットの先端はグリル部と一体化していないとデザイン的に嫌なんです。

最近の車はフロントバンパーとグリルが一体化してどんどん大きくなってますよね。デザインと空力を考えてのことなんだと思いますが、ボンネットの開口部がどんどん後退してニュールーテシアなんか真ん中に有ります。

フィアットのプントも然り。
どうしても好きになれないんですよ。

ボンネットオープナーを引くと、ガコってあそこが開くの?

ん~やっぱりいまいち。