火曜日, 11月 28, 2006

ビッグスロットルのインプレ

宅急便出しに行ったついでに50kmも走ってきました。

付けて良かった~。

ルノー岡崎さんの扱ってる本家本元のビッグスロットル(マジにでかいです)に比べれば微々たる拡大ですが、明らかに体感できます。
全体的にアクセルのつきが良くなって特に低速域でのトルクアップが顕著です。
3諭吉でこの満足度なら、投資対効果は非常に高いと思います。

ではメーカーは何故バタフライ部をテーパー状に絞ってるのでしょう?
クリオRSのようなスポーツ指向の車ならメーカー純正でビッグスロットル加工を施しても良いのではないかと思うのです。

テクニカルな面は良く判りませんが、走ってみた印象としては出力特性がピーキーになり万人向けのセッティングからは少々外れるのかなと考えます。
実際、全閉からちょっと油断してアクセルを開けるとグヮーって加速し、慣れないとギクシャクして坂道渋滞が憂鬱でした。

スポーツモデルといえども、全世界のユーザー向けにフールプルーフな設計をしているのでしょうかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿