土曜日, 11月 18, 2006

ドライバッテリー取り付け

プントのバッテリー突然死をきっかけに、クリオのバッテリー交換を検討してましたが、思い切ってドライバッテリーを取り付けました。

まず純正のバッテリーを撤去した場所を更地にします。


1.5mmのアルミ板をグラインダーで
削って土台を作りました。
ネジ穴を開けてボディーに固定します。現物合わせなので適当です。

この土台に強力マジックテープを貼り付けてドライバッテリーを横置き

に固定します。

ここまでは順調。ここからドライバッテリーのターミナルへの配線に苦労しました。小さな小さな端子にアーシングケーブルやらホットイナズマやらを付けるのは物理的に無理です。
これらを大幅に省略し、何とか取り付けることが出来ました。

プラス側のケーブル端子がむき出しなのでプラスティックの箱か何かを加工して被覆するつもりですが、取り敢えずビニールテープ巻きでごまかします。

ついでに、吸気ダクトを径の大きなものに換えて工作完成。一応エンジンはかかりましたが、セルの回りが少し重い気がします。

明日天気が良ければ走りに行って様子を見てみます。

0 件のコメント:

コメントを投稿