土曜日, 10月 14, 2006

秋祭り

近所の大歳神社の秋祭り。

17時半から深夜24時に至るまで、神楽と硝煙花火が奉納されます。
踊り手は高校生が中心だそうです。
そして観客は22時までは小中学生でごった返してます。

翌日は子ども会が神輿を引いて近所を練り歩きます。

さほど有名でもなく派手でもない近所の秋祭りなのですが、日本の伝統行事が若い世代に支えられて連綿と受け継がれている。

素晴らしいですね。










ハイライトはナイアガラの滝状態の舞台での舞いや、硝煙花火の筒(竹筒に荒縄を何重にも巻き、その中に火薬をつめている。着火はタバコを投げ入れる)を手に持った舞い。非常に幻想的でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿